SRIファンド(エコファンド)とは社会貢献をする会社へ投資する投資信託

SRIファンド(エコファンド)とは

SRIの正式名称はSocially Responsible Investmentといい、日本語で「社会的責任投資」という意味を指します。つまりSRIファンドとは地球環境対策をしている企業や環境にやさしい制度を出してエコを強調している会社を応援するファンドです。ただ一口にエコ関連企業だけに投資するだけでなく、人種差別を行っていない企業や軍事産業に携わっていない企業、女性や障害者の雇用などのCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)への取り組みが高く、社会的に評価されて信頼される企業に投資するのもSRIファンドなのです。

SRIファンド(エコファンド)は人種差別を行っていない企業や軍事産業に携わっていない企業、女性や障害者の雇用などのCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)への取り組みが高く、社会的に評価されて信頼される企業に投資する

SRIファンド(エコファンド)のメリット・デメリット

【社会貢献が最大の目的】
SRIファンド(エコファンド)への投資のメリットは、なんと言っても社会貢献に参加できるということです。現在、世界的に環境活動が盛んになってきていますので、海外の企業にとっては投資対象としてSRIファンドに選ばれることが一種のステータスにもなっています。SRIファンドに選ばれる→信頼される企業となる→株価も上がり、投資家へのリターンも増えるという、投資の正のスパイラルになることができます。

【信頼できる投資先】
三菱重工業のリコール問題やライブドアの粉飾決算、相次ぐ食品偽装事件などで、今は企業への信頼が完全に失墜しています。このような状況下でSRIファンドに選ばれた企業は、社会貢献度が高く信頼できる企業ということで、 ”信頼できる投資先” としてマネーが集まりはじめています。

【儲け主義ではない】
投資信託が絶対的リターンを追及していることに対して、エコファンドは 「利益より環境優先」 がモットーですのであまり大儲けは期待できないことが多いです。事実、最近組まれたエコファンドのほとんどはリターンがマイナスになっています。そして日本はまだ、エコに対する認知度が小さいためにリターンが出るにはまだ当分の間、時間がかかると予想されます。

【SRIファンド(エコファンド)のメリット】
・ 社会貢献に投資できる
・ SRIファンドに選ばれることは名誉
・ 信頼できる投資先である

【SRIファンド(エコファンド)のデメリット】
・ 大もうけは期待できない
・ SRIへの認識が低い分、リターンが出るには時間がかかる
・ コストはやや高め

SRIファンド(エコファンド)は
社会貢献ファンドである

SRIファンド(エコファンド)は利益より社会貢献を優先する

現在、日本では欧米ほど環境活動に対する取り組みが評価されていません。環境活動に取り組む姿勢を見せても 「あぁ、この会社はいいことしてるな~」 という認識で終わってしまい、企業としてのステータスになりません。最近のエコブームにしても、ただのオシャレとしか認識されておらず、ビニール袋節約のためのエコバックにブランドをつけて高値で販売する業者までいる始末です。また国の対応もお粗末です。環境先進国のドイツが、個人住宅でのソーラー発電システムに補助金を出して、発電した電力を高く買い取っているのに対し、日本はたいした額の補助金を出ず、国として環境活動を促進する姿勢が見られません。そのため現在の日本のSRIファンド(エコファンド)は利益が非常に出にくいファンドになっています。そのため、投資による儲けというよりも環境活動に熱心な企業を応援する投資信託と割り切ったほうがいいでしょう。

後々、日本の環境活動に対する取り組みが社会的に評価されるようになれば、SRIファンド(エコファンド)は大きなリターンを出すことができるでしょう。しかし日本は、まだその段階には至っていません。わが国ながら、ちょっと情けないですね・・・

SRIファンド(エコファンド)に投資するにはどうやるか?

エコファンドは、エコバッグの普及に伴う ”エコブーム” によってかなりの数の投資信託が組まれました。運用会社ごとにSRIファンド(エコファンド)を作っているために、かなりの数のSRIファンド(エコファンド)が流通しています。運用会社を選ばなければ、おそらくどこの証券会社でも購入することができるでしょう。ただし、SRIファンド(エコファンド)は購入手数料がやや高めに設定されているので、ノーロードのファンドが多く、いろんな種類から選ぶことのできるSBI証券、楽天証券、投信スーパーセンターあたりで選択するのが好ましいと言えます。

>> SRIファンドを買うなら商品取り扱い数業界No.1の楽天証券へ <<

SRIファンド(エコファンド)一覧
SRIファンド(エコファンド)名称 運用会社 投資対象
日興エコファンド 日興 国内株式
損保ジャパン・グリーン・オープン(愛称:ぶなの森) 損保ジャパン 国内株式
エコ・ファンド 興銀第一ライフ 国内株式
UBS 日本株式エコ・ファンド(愛称:エコ博士) UBS 国内株式
エコ・パートナーズ(愛称:みどりの翼) 三菱UFJ 国内株式
SRI社会貢献ファンド(愛称:あすのはね) 朝日ライフ 国内株式
SRI・ジャパン・オープン(愛称:グッドカンパニー) 住信 国内株式
SRI(社会的責任投資)ファンド しんきん 国内株式
ダイワSRIファンド 大和 国内株式
モーニングスターSRIインデックスオープン(愛称:つながり) 野村 国内株式
SRIファンド(愛称:ファミリー・フレンドリー) 三菱UFJ 国内株式
AIG-SAIKYO 日本株式CSRファンド(愛称:すいれん) AIG 国内株式
AIG/りそな ジャパンCSRファンド(愛称:誠実の杜) AIG 国内株式
損保ジャパンSRIオープン(愛称:未来のちから) 損保ジャパン 国内株式
AIG/ひろぎん日本株式CSRファンド(愛称:クラスG) AIG 国内株式
日本SRIオープン(愛称:絆) 日本 国内株式
ダイワ・エコ・ファンド 大和 国内株式
住信日本株式SRIファンド 住信 国内株式
りそな・SGウーマンJファンド(愛称:Love Me! PREMIUM) ソシエテ 国内株式
中央三井社会的責任ファンド(愛称 : SRI計画) 中央三井 国内株式
日興グローバル・サステナビリティA(愛称:globe) 日興 国際株式
日興グローバル・サステナビリティB(愛称:globe) 日興 国際株式
グローバル・エコ・グロース・ファンドAコース(愛称:Mrs.グリーン) 大和住銀 国際株式
グローバル・エコ・グロース・ファンドBコース(愛称:Mrs.グリーン) 大和住銀 国際株式
UBSグローバル株式40 UBS 国際株式
野村グローバルSRI100(愛称:野村世界社会的責任投資) 野村 国際株式
地球温暖化防止関連株ファンド(愛称:地球力) 新光 国際株式
地球温暖化防止関連株ファンド(3カ月)(愛称:地球力II) 新光 国際株式
DIAM 高格付けインカム・オープンSRI(愛称:ハッピークローバーSRI) 興銀第一ライフ ハイブリッド株式
自然環境保護ファンド(愛称:尾瀬紀行) 興銀第一ライフ ハイブリッド株式
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!