インドネシアへの投資方法(株,ADR,FX,投資信託,ETF)

インドネシア インドネシアに投資する魅力

インドネシアはインドと勘違いするちょっとイメージのわきにくい国ですが、東南アジアで最大の人口と領土をもつ東南アジアの大国です。少し前にスマトラ沖地震の被害国をうけました。しかし大きな地震の被害にめげることなく経済成長を遂げています。スマトラ湾は世界の海洋道路ですし、地下には豊富な天然ガスが眠っているお宝の国です。リゾートも盛んで日本でもリタイアした高齢者が第2の人生をインドネシアで始めたという話も聞きます。インドネシアの特徴は主に次のようになります。

【インドネシア経済の強み】
・ VISTAといわれるような高い経済成長
・ 東南アジアの大半の島々をもつ広大な土地
・ 広大な土地に眠る鉄鉱石、石油などの資源
・ 世界第5位を誇る2億人の人口
・ 中国よりさらに安い人件費
・ 政治はとても安定している
・ ここ数年で株価は7倍になるなど活発
・ 非常に治安が安定している
・ 世界的なリゾート地が多く観光も盛ん
・ 海外リタイア候補地としてとても人気

インドネシアインドネシアへの投資方法 : 個別株式

【インドネシア株には投資できない】
残念ながらインドネシアの個別株に投資することは今のところできません。しかし投資環境は年々整っているので取扱をはじめる会社が出てくるのもそう先のことではないでしょう。インドネシア株は2007年度は50%以上上昇するなど、非常に取引が活発に行われておりドバイ(UAE)の株式上昇よりもはるかに上昇している魅力的な株式市場です。早く投資できる環境になってほしいですね。

インドネシアインドネシアへの投資方法 : FX (IDR)

【IDR はFXできない】
高金利であるインドネシアルピア(IDR)ですが、残念ながら今のところFX取引ができる業者は日本にはありません。インドネシアルピア(IDR))は国際的にも流通量が非常に悪く、あのSAXO銀行ですら取り扱いをしていないので、今後も日本で取引できる可能性は非常に低いといえます。

インドネシアインドネシアへの投資方法 : 投資信託

インドネシア単独へ投資するインドネシア投資信託はほとんどありません。主にASEAN諸国に投資するものの一部にインドネシアが組み込まれていることが多いです。ただし、インドネシア株式市場はとても魅力的なのでインドネシア投資熱は年々高まっているので、今後も増えていくでしょう。

インドネシア投資信託 販売手数料 信託報酬 取扱証券
アイザワトラスト・インドネシアファンド 3.15% 1.625% アイザワ証券のみ
ING・インドネシア株式ファンド 3.675% 1.79% 楽天、SBI、カブドットコム証券
PCA インドネシア株式オープン  3.675% 1.92% フィデリティ証券、楽天証券
アムンディ・チャインドネシア株投信 3.675% 2.00% 野村證券
イーストS・インドネシア債券 3.15% 1.19% 楽天証券、SBI証券
インドネシア株ファンド  3.15% 1.75% 楽天証券、三井生命
インドネシア株式オープン  3.15% 1.74% 楽天証券、静岡東海証券
HSBC インドネシア債券オープン(毎月決算) 3.15% 1.83% 楽天、カブドットコム証券
明治安田 インドネシア債券ファンド 3.15% 1.30% 楽天証券、SBI証券
インドネシア債券ファンド(毎月分配型) 3.15% 1.20% 楽天証券
ダイワ・インドネシア・ルピア債(毎月分配型)  3.15% 1.41% 大和証券
ASEAN諸国へ投資するもの
CAりそな アセアン・ファンド(愛称:メコン) 3.15% 1.26% りそな関連企業
国際 チャインドネシア・エクイティ・O 3.15% 1.73% 楽天証券、SBI証券
アジア短期債券ファンド(愛称:アジさい) 3.15% 1.3335% 楽天、SBI、アイザワ証券
三井住友・アジア4大成長国オープン 3.15% 2.478% 楽天証券
新生・フラトンVPICファンド 3.15% 3.0% 楽天証券、SBI証券
チャインドネシア株式オープン  3.15% 1.74% 楽天証券、SBI証券
新光 サザンアジア株式ファンド  3.15% 1.67% ゆうちょ銀行
日興新時代アジア株式ファンド  3.15% 1.95% 日興コーディアル証券


【インドネシア投信が増加中】
インドネシア投信はどんどん増加傾向にあります。以前はアジア投資に力をいれているアイザワ証券が単独で扱っているだけでしたが、近年高まる新興国投資や日本株からの逃避からインドネシア投信も続々と作られています。主にインドネシアだけに投資するものと、ASEAN諸国全般へ投資するものとにわかれています。購入できる証券会社はいろいろあり、それぞれの会社が独自に作った物も多くあります。選択肢を広げるという意味では、たくさんの種類を扱っている楽天証券マネックス証券にしておけば後々も便利でしょう。

アイザワ証券だけが唯一取扱をしているアイザワトラスト・インドネシアファンド

インドネシアインドネシアへの投資方法 : ETF

【インドネシアへ投資できる海外ETF】
インドネシアにはETFで投資することができます。投資環境が劣っている日本の市場では対応していませんが、ETFの本場であるアメリカのETFでは、インドネシアだけに投資できるETFが上場しています。iシェアーズMSCIインドネシア・インベスタブル・マーケット・インデックス・ファンド(EIDO)というETFであり、ETFで圧倒的なシェアを誇っているiシェアーズのETFです。このETFはインドネシアの株価指数に連動するMSCIインドネシア・インベスタブル・マーケット・インデックスを基準としています。つまりこのETFを買うだけで、インドネシアの優良株全般に投資できることができるのです。日本で言えば日経225に投資するようなものです。海外ETFということで米ドル建てですが、信託報酬が0.65%と、投資信託よりも格段にコストが安くなっています。

インドネシア株式市場へ投資するETFの詳細
ティッカー ETF名 信託報酬 市場
EIDO iシェアーズMSCIインドネシアインベスタブルマーケットインデックスファンド
インドネシア MSCI インドネシア・インベスタブル・マーケット指数
0.61% NYSE Arca
買える証券会社 楽天証券SBI証券マネックス証券


インドネシアインドネシアへの投資方法 : まとめ

【投資方法は限られている】
まとめるとインドネシアへの投資方法には投資信託かETFしかありません。残念ながらFXでインドネシアルピア(IDR)を取引したりするといったことはできないのです。

【インドネシア投資信託はコスト割高】
投資方法が少ないインドネシア投資ですが、インドネシア単独へ投資できる投資信託が多数出てきています。インドネシアに単独で投資できるものと、ASEAN諸国全般に投資するものがあり、それぞれのニーズによって選び分けることができます。ただし新興国への投資になるのでかなり手数料が高いものばかりです。おおむね手数料が3%を超える物ばかりで、信託報酬も2%に肉薄します。コストが高くなってしまうのが難点です。どれもこれもコストが高いのですがしいて挙げれば。マネックス証券をはじめ多くのネット証券で購入ができる 「インドネシア株式オープン」、「インドネシア株ファンド」 などが比較的コストも安く投資もしやすいのでオススメです。

【インドネシアETFが手軽でよい】
インドネシア投信は非常に手数料や信託報酬が割高に設定されています。そのためコスト面でははるかにETFのほうがお得です。マネックス証券などで取引できるiシェアーズMSCIインドネシア・インベスタブル・マーケット・インデックス・ファンド(EIDO)はインドネシア全般の株を示す指数に連動しており、これ1つだけでインドネシア株すべてに投資できるようなものです。日経225を買ったようなものと思えばわかりやすいでしょう。懸念は米ドル建てのため、為替リスクが関わってしまうことです。円安になればよいですが、ドル安円高になると、せっかく利益が出ていても円転することで利益額が減ってしまうかもしれません。まぁ逆にいえば円安になることで価格差益+為替差益のW利益を享受できることにもなります。

投資対象 その投資ができる証券会社 手軽度 オススメ度
インドネシア個別株式 なし × ×
インドネシア株ADR なし × ×
インドネシアルピアFX なし × ×
インドネシア投資信託 多くのネット証券
ASEAN投資信託 一部の証券と多くのネット証券
インドネシアETF なし × ×
インドネシア海外ETF 楽天証券SBI証券マネックス証券

インドネシア投資はネット証券で
インドネシア専用ETFがオススメ!

>> 楽天証券の資料請求・口座開設はコチラ <<
★BNFさんのように勝ち組になれる人は ”今すぐ” 行動できる人です★
口座開設はもちろん無料ですし、キャンペーンで現金ももらえます
それなのに 『明日にしよう』 『後でやろう』 とぐずぐずしているから、負け組なのです
今やらないで、いつやるんですか?

楽天FX

楽天証券は海外ETFに精通している万能業者
投資信託から株式取引、FX、先物、海外ETFまで最高峰の品揃え
楽天証券のURL : http://www.rakuten-sec.co.jp/

>> マネックス証券の資料請求はコチラから <<
※ 口座開設はもちろん無料で1円もかかりません
マネックス証券は数が少ないけど積立制度が充実!さらに独自ファンドや特殊ファンドにも力をいれていて魅力がある!
マネックス証券は、海外ETF、海外MMF、バラエティにとんだ品揃えがある万能業者です
マネックス証券のURL : http://www.monex.co.jp/

世界の有望国:VISTA

ベトナム Vietnam : ベトナムへの投資方法
インドネシア Indonesia : インドネシアへの投資方法
南アフリカ SouthAfrica : 南アフリカへの投資方法
トルコ Turkey : トルコへの投資方法
アルゼンチン Argentina : アルゼンチンへの投資方法

投資信託サイトマップ

祝♪投資信託入門
勝ち組への頼もしいパートナー 定期預金から投資信託へ(貯蓄から投資の時代)
投資のプロが代わりに資産運用します プロがやってくれるのでとっても楽!
プロへ頼むことで世界へ投資できる! たった一万円からできる!
いろんなところへ分散投資してリスク分散! 儲けは2つあるのでダブルでお得!
例:運用に自信がない主婦 例:自分年金を作りたい年金生活者
例:国民年金より投資信託を選ぶ若者 例:忙しく時間のとれないサラリーマン
初心者の投資信託始め方手順♪
1. 投資信託が買える所を知ろう 初心者がやっちゃいけないこと
2 .初心者はまずココに口座を開くべし 郵便局で買うのはオススメできない
3 .自分の年代に合う投資信託を買うべし  
投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
投資資金が無い人はFXのキャンペーンで稼ごう  
初心者にもおすすめな自動運用サービス
マネックス・セゾン・バンガードの 「MSV LIFE」
・ マネックス・セゾン・バンガードの 「MSV LIFE」 とはどんなサービスか?
・ 他のラップ口座サービスとの手数料比較
・ 「MSV LIFE」 でシュミレーションしてみた
・ 「MSV LIFE」 の感想と注意点
<経験者向き>ウェルスナビ「Wealth Navi ロボアドバイザー」
・ ノーベル賞アルゴリズムを使った世界分散投資
・ 業界初の自動積立リバランス、自動節税DeTAX
・ 30~50代の将来に不安のある世代におすすめ
<番外編>完全委託サービス
富裕層向け:ラップ口座 中流層向け:ミニラップ口座
<初心者編>覚えよう投資信託について
投資信託の種類と分類 まとめ!
投資信託を売っている4つの場所 3つの機関がある投資信託のしくみ
投資するのは日本にする?海外にする? アクティブ運用とインデックス運用
分配金をもらうか、再投資するか? 募集方法は2つある
投資信託のコスト(手数料) 投資信託のリスクとは
初心者向け:株式投資信託 初心者向け:債券投資信託
初心者向け:バランス型投資信託 初心者向け:公社債投資信託
初心者向け:MRF 初心者向け:MMF
初心者向け:ETF  
<中級者編>いろいろな種類があるよ
中級者向け:海外ETF 中級者向け:外貨MMF
中級者向け:REIT (不動産) 中級者向け:コモディティファンド
中級者向け:ファンドオブファンズ  
<上級者編>きわどい種類
上級者向け:新人アイドルファンド 上級者向け:音楽ファンド
上級者向け:ゲームファンド 上級者向け:オルタナティブファンド
上級者向け:ヘッジファンド 注目! 上級者向け:ワインファンド
上級者向け:ホテルファンド 上級者向け:BST(ボンドセレクトトラスト)
上級者向け:SRIファンド 上級者向け:グリーンファンド
投資信託会社徹底分析(会社選びで差がついてしまう!)
投資信託販売会社一覧
<万能型>楽天証券 <万能型>SBI証券
<銀行型>楽天銀行(イーバンク銀行) <数量型>投信スーパーセンター
<積立型>カブドットコム証券 <積立型>マネックス証券
<ぼったくり型>ゆうちょ銀行  
投資信託の直販会社
セゾン投資、ひふみ投信、コモンズ投信、どれを選べばいいか?ざっくり判別!
海外投資して日本リスク軽減、為替差益リターン → セゾン投信
やっぱり日本株、低コスト、積極的で新興市場リターン → ひふみ投信
少ない日本企業でなが~く低リスクで行きたい → コモンズ投信
<海外型>セゾン投信 Global!
セゾン資産形成の達人ファンドがR&Iファンド大賞  
<優秀型>ひふみ投信 Hot! <長期型>コモンズ投信 New!
ひふみ投信の会社からファンドまで全てを評価、解説
ひふみ投信とはどんな会社か
『ひふみ投信』 の投資信託の分析・解説
ひふみ投信の 『くるみ口座』 とはどんなサービスか
ひふみ投信の注意点とは
ひふみ投信にオススメの人
ひふみ投信の総合評価
コモンズ投信の会社からファンドまで全てを評価、解説
コモンズ投信とはどんな会社か
コモンズ投信の 『コモンズ30』 とはどんな投資信託か
コモンズ投信の 『こどもトラスト』 とはどんなサービスか
コモンズ投信の注意点とは
コモンズ投信にオススメの人
コモンズ投信の総合評価
【特集】 セゾン投信様との対談取材を行いました!
セゾン投信対談その1 : 日本の将来は悲観的 セゾン投信対談その4 : ファンドに対する疑問について
セゾン投信対談その2 : 投資必要性とリスク セゾン投信対談その5 : どんな世代がいくら投資してる?
セゾン投信対談その3 : セゾン投信の魅力  
選ぶのに迷ったらこんな選択をオススメします
投資信託を選ぶときの鉄則
低資金からの自分年金作り
月1万円からの自分年金 月3万円からの自分年金
世代別からの自分年金作り
<未成年>10代からの自分年金プラン <若者層>20~30代からの自分年金プラン
<中高年>40~50代からの自分年金プラン <シニア>60代以降からの自分年金プラン
ここがヘンだよぼったくり投資信託!
ゆうちょ銀行は宝の持ち腐れ 定期預金と投資信託のセット
同じ投資信託でも手数料が違う理由 ファンドオブファンドオブファンズ(FOFOF)
超ぼったくりの外貨預金 店頭証券は貧乏人からぼったくるのがお仕事
世界にはこんな有望国がある!
BRICs (21世紀の超大国)
ブラジル Brazil : ブラジルへの投資方法 ロシア Russia : ロシアへの投資方法
インド India : インドへの投資方法 中国 China : 中国への投資方法
VISTA (成長著しい)
ベトナム Vietnam : ベトナムへの投資方法 インドネシア Indonesia : インドネシアへの投資方法
南アフリカ SouthAfrica : 南アフリカへの投資方法 トルコ Turkey : トルコへの投資方法
アルゼンチン Argentina : アルゼンチンへの投資方法  
MENA、MEDUSA(オイルマネーで潤う)
マレーシア Malaysia : マレーシアへの投資方法 エジプト Egypt : エジプトへの投資方法
UAEのドバイ首長国 DUbai : ドバイ(UAE)への投資方法 サウジアラビア SAudiarabia : サウジアラビアへの投資方法
NEXT11 (ちょっと微妙・・)
投資信託のQ&A
個人向け国債、日本国債ファンドどれがお得? ETF と ファンド はどっちがお得?
外貨預金、外貨MMF、BST、FX、結局どれがいいの? 72のプリンシプル(72の法則)って何? 
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!