中国への投資方法(株,ADR,FX,投資信託,ETF) 

中国 中国に投資する魅力

中国といえば中華料理や三国志、パンダなどなど印象が強い国ですね。北京オリンピックも開催されて世界の注目を浴びました。13億という途方も無い人口と急速な経済発展をとげる上海など今の日本に与える影響は計り知れません。チベット問題など各地に火種をかかえているなど問題も多いですが、長期的に見ればいまだに成長余地が残っている超大国なので絶好の仕込み時ともいえます。中国の特徴は主に次のようになります。

【中国経済の強み】
・ BRICsといわれるような高い経済成長
・ 世界の工場といわれる生産力
・ 13億人に達する膨大な人口の労働力
・ 上海、香港、マカオなどの経済都市
・ 東南アジアへの進出
・ 50年後には世界一の大国になる?
・ 2010年の上海万博
・ 実は世界一に肉薄する豊富な金属資源
・ 対米輸出を超える対中輸出

☆ 上海万博は日本の大阪万博のようなキッカケ?
今から数十年前にソニーやホンダの株を購入していれば、今や何千倍になっていたという話があります。成長過程にある中国にも、かつての日本のように何千倍にもなりそうな企業があります。日本が大阪万博の頃から、高度経済成長を達成したときと同じように、中国も上海万博の頃まで高度経済成長が続いていくと予想されています。

中国 中国への投資方法 : 個別株式

【上海市場は買えず、香港市場のみ】
中国株式市場には大きなものが2つあります。上海市場と香港市場です。このうち上海市場のほうは外国人投資家の規制が強いために直接の投資をすることはできません。そのためほとんどの証券会社は、規制が少ない香港市場の中国株式を取り扱っています。

市場がある地域 市場の名前 銘柄種類 対応通貨 規制
中国本土 上海市場 A株 人民元(CNY) ○ (投資できない)
B株 米ドル(USD) ○ (投資できない)
深セン市場 A株 人民元(CNY) ○ (投資できない)
B株 香港ドル(HKD) × (投資できる)
香港 メインボード
GEM
H株 香港ドル(HKD) × (投資できる)
レッドチップ 香港ドル(HKD) × (投資できる)


【取扱証券は多いけど・・・】
中国株は一時期ブームになったので、ブームにつられるようにいろんな証券会社が中国株の取扱を始めました。証券大手3社はもちろんネット証券の楽天証券、SBI証券、岡三証券、松井証券、オリックス証券、マネックス証券とかなりの証券会社が中国株を取り扱っているのです。その分、各証券会社はライバルと手数料値下げ競争を行わざるを得ない状況になりました。そのため中国株に力を入れているところと、力をいれずに放置している所との差が大きくなっています。その中でも中国株取引に特に力を入れているのがアイザワ証券とユナイテッドワールド証券になります。

【中国株ADRなら楽天証券】
個別株も人気の中国株ですが、中国株ADRの取扱も活発です。取扱をしているのは楽天証券SBI証券の2つが代表的です。特に米国投資に精通していて、米ドルMMFと簡単に運用できる楽天証券は手数料も安いのでオススメです。

ティッカー ADRの会社名 業種
JOBS 51JOB INC-ADR その他
ATV ACORN INTERNATIONAL INC-ADR 小売
BIDU BAIDU.COM - ADR ソフトウェア・サービス
CMED CHINA MEDICAL TECH-SPON ADR ヘルスケア
STV CHINA DIGITAL TV HOLDING-ADR 通信機器
CISG CNINSURE INC-ADR 金融(保険)
CTRP CTRIP.COM INTERNATIONAL-ADR その他
FMCN FOCUS MEDIA HOLDING-ADR その他
GU GUSHAN ENVIRONMENTAL ENERGY LIMITED-ADR その他
GRO AGRIA CORP-ADR その他
NPD CHINA NEPSTAR CHAIN DRUG-ADR 小売
GA GIANT INTERACTIVE GROUP-ADR エンターテイメント
HMIN HOME INNS & HOTELS MANAG-ADR ホテル
KONG KONGZHONG CORP-ADR ソフトウェア・サービス
LDK LDK SOLAR CO., LTD. - ADR その他
MR MINDRAY MEDICAL INTL LTD-ADR ヘルスケア
EDU NEW ORIENTAL EDUCATIO-SP ADR その他
NTES NETEASE.COM INC -ADR ネットワーク
SCR SIMCERE PHARMACEUTICAL GROUP - ADR 医薬品
SNDA SHANDA INTERACTIVE ENTER-ADS エンターテイメント
SSRX 3SBIO, INC. - ADR 医薬品
STP SUNTECH POWER HOLDINGS-ADR その他製造
NCTY THE9 LTD-ADR エンターテイメント
PWRD PERFECT WORLD CO LTD-ADR エンターテイメント
TCM TONGJITANG CHINESE MEDICINES COMPANY - ADR 医薬品
VISN VISIONCHINA MEDIA INC-ADS その他
WX WUXI PHARMATECH INC-ADR 医薬品
YGE YINGLI GREEN ENERGY HOLD-ADR その他


【ADRとは】
ADR:American Depositary Receiptとは米国以外の国の企業が米国で資金調達する際に投資を容易にするため預託機関によって発行された預託証券で、アメリカのNYSEやNASDAQに上場しています。簡単に言えば、NYSEやNASDAQに上場している米国以外の企業の株式ですね。

中国 中国への投資方法 : FX (CNY)

【CNY は固定相場をとっている通貨】
中国の通貨は人民元(CNY)といいます。現在はインフレが抑えられているとはいえ、人民元の金利は10%近くとかなりの高水準で推移しています。ただし人民元(CNY)は、米ドル(USD)との固定相場制を取っているのでほとんど為替相場が動かないという特徴をもっています。こういったように人民元(CNY)は規制の多いので、一般的には金融に強い香港ドル(HKD)を取引することが多くなっています。

【CNY を取引できるFX会社】
人民元(CNY)というのは規制が強い通貨ですので、取扱をしているFX会社はとても少ない状態です。人民元(CNY)を取引できるのは 「ひまわり証券」、「SBI証券」、「ユナイテッドワールド証券」 などが挙げられます。最近ではIGマーケッツ証券で常時取引ができるように整備されました。

>> IGマーケッツ証券への口座開設へ <<FXオンラインジャパンはFX業界をリードする最新鋭の業者
IGマーケッツ証券は中国人民元やブラジルレアルが取引できる唯一の業者

【CNY はFXに向いていない】
固定相場をとっている人民元(CNY)ですが、中東通貨のように通貨の切り上げを行うことがあります。そのために人民元(CNY)をもっていて切り上げまで保有しておきたいと思う人もいるでしょう。しかし人民元というのは調達コストがとてもかかるために、買いポジション、売りポジションともにスワップがマイナスになる状態が多くなっています。また流動性にも欠けるのでFX取引には向いていない通貨といえます。

類似ケース:ドルペッグ切り上げ前に中東通貨を買うべき?

中国 中国への投資方法 : 投資信託

中国へ投資する中国投資信託は非常に数が多いです。2006~2007年に中国・インドの投資信託が注目されて、ブームにのった投資信託が次々と作られていったからです。いまやその数は50以上となり、とても全てを紹介することはできません。そのため、幅広い証券会社で扱われていて運用成績のいい一部だけを紹介します。

代表的な中国投資信託 販売手数料 信託報酬 取扱証券
損保ジャパンS&P拡大中国株投信 3.675% 1.59% 多くのネット証券
HSBCチャイナオープン? 3.15% 1.87% 多くのネット証券
HSBC中国株式ファンド(3カ月決算型) 3.15% 2.07% 多くのネット証券
ダイワ・チャイナ・ファンド 3.15% 1.59% 多くのネット証券
JF チャイナ・アクティブ・オープン? 3.675% 1.79% 多くのネット証券
チャイナ・ロード(愛称:西遊記) 3.15% 1.89% 多くのネット証券
住信 チャイナ・リサーチ・オープン(愛称:孔明) 3.15% 1.89% 多くのネット証券
三菱UFJ チャイナオープン? 3.15% 1.59% 多くのネット証券
三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド? 3.15% 1.89% 多くのネット証券
DIAM中国関連株オープン(愛称:チャイニーズ・エンジェル) 3.15% 1.68% 多くのネット証券
新成長中国株式ファンド(愛称:シャングリラ) 3.15% 1.68% 多くのネット証券


【信託報酬は意外と安い?】
他のBRICsの投資信託は販売手数料が3.0%超えと非常に高い水準にあります。しかし中国関係に投資する投資信託は、販売手数料は高いものの信託報酬は2.0%を超えるものはあまりありません。一番運用に響く信託報酬が安い中国投資信託は、BRICsの中でも長期運用に非常に適したものが多いのです。

【ネット証券で買ってコスト削減をしよう】
せっかく信託報酬が安いのですから販売手数料もコスト削減しましょう。中国投資信託の取扱の多い楽天証券マネックス証券などは販売手数料が3.675%かかる外資系の投資信託を1.05%、もしくはノーロードで売っていることもあるので、総合コストを非常に安上がりにすることができます

中国 中国への投資方法 : ETF

【中国へ投資できる国内ETF】
国内市場には中国の指数に連動するいくつか上場しています。国内ETFの中では最初の海外指数に連動したETFだったので上場初日には異常なほどの売買が行われました。信託報酬も安くなっており、非常にオススメできる投資先です。

中国A株連動ETFの詳細
証券コード 1322
ETF名 上場インデックスファンド中国A株(パンダ)CSI300
市場 東京証券取引所
連動指数 円換算したCSI300指数
信託報酬 0.9975%
買える証券会社 ETF対応ならどこでも



上海指数連動ETFの詳細
証券コード 1309
ETF名 上海株式指数・上証50連動型上場投資信託
市場 大阪証券取引所
連動指数 上証50指数
信託報酬 0.9975%
買える証券会社 ETF対応ならどこでも

【中国へ投資できる海外ETF】
ETFの本場はアメリカですが、中国関係のETFは地理的に近い香港で上場されています。もちろん通貨は香港ドル建てになっておいますが、時差があまりないので非常に投資しやすいETFです。特にハンセン指数連動のETFは、信託報酬が0.10%しかないので、非常にコストが安い投資先です。

中国へ投資するETFの詳細
ティッカー ETF名 市場 通貨 連動指数 信託報酬
02800 Tracker Fund of Hong Kong 香港 HKD ハンセン指数 0.10%
02801 iSHARESMSCICHINATRACKER 香港 HKD MSCI China指数 0.99%
02823 iSHARESFTSE/XINHUAA50CHINATRACKER 香港 HKD FTSE/XinhuaA50China指数 0.99%
02828 Hang Seng H-SHARE INDEX ETF 香港 HKD ハンセンH株指数 0.60%
02833 Hang Seng Index ETF 香港 HKD ハンセン指数 0.10%
02838 Hang Seng FTSE/Xinhua CHINA 25 ETF 香港 HKD FTSE/Xinhua China 25指数 0.60%
FXI iShares FTSE/Xinhua CHINA 25 Index 米国 USD FTSE/Xinhua China 25指数 0.74%

なお、海外ETFの取引には楽天証券SBI証券、が非常によい環境を用意しています。同じく海外ETFの取扱が多いマネックス証券ですが、残念ながら中国ETFを取り扱っていないためにマネックス証券では投資がしにくい状況です。

中国 中国への投資方法 : まとめ

【投資方法は多い】
まとめると中国への投資方法には個別株式(ADR)、FX(CNY)、投資信託、ETF、海外ETFがあります。日本から非常に近い国であり、中国投資ブームもあって中国への投資方法は非常に多岐にわたった方法があります。

【中国投資はSBI証券!】
数々の投資方法がある中国投資ですが、これらの投資方法を全て実行できるのがSBI証券になります。SBI証券では中国株ADRを取り扱っている数少ないネット証券であり、中国投資信託を数多く取り扱っています。また香港市場にある海外ETFへ投資でき、FXでは人民元(CNY)を取引することもできます。つまり中国投資を行うのであれば、SBI証券1つでOKということです!

【オススメは中国ETF!】
正直なところ、人民元(CNY)取引は流動性が悪くスワップもマイナスなのでオススメできません。中国投資には手軽でコストが安いETFや投資信託が一番適しているでしょう。利便性なら国内の中国ETFと投資信託、コストの安さなら海外ETFになります。どちらもSBI証券でできますよ。

投資対象 その投資ができる証券会社 手軽度 オススメ度
中国個別株式 かなりのネット証券
中国株ADR 楽天証券SBI証券
人民元FX ひまわり証券、UW証券、SBI証券
IGマーケッツ証券
中国投資信託 多くのネット証券
中国ETF ETFへ対応している証券会社
中国海外ETF 楽天証券SBI証券マネックス証券

中国投資はSBI証券だけでOK
簡単投資なら投資信託!
コスト安さなら香港ETFで投資!

>> SBI証券の資料請求はコチラから <<
※ 資料請求・口座開設などはすべて無料で1円もかかりません



SBI証券は、特に中国への投資方法がそろっている万能業者
SBI証券のURL : https://trading1.sbisec.co.jp/

最も成長が見込める有望国:BRICs

ブラジル Brazil : ブラジルへの投資方法
ロシア Russia : ロシアへの投資方法
インド India : インドへの投資方法
中国 China : 中国への投資方法

投資信託サイトマップ

祝♪投資信託入門
勝ち組への頼もしいパートナー 定期預金から投資信託へ(貯蓄から投資の時代)
投資のプロが代わりに資産運用します プロがやってくれるのでとっても楽!
プロへ頼むことで世界へ投資できる! たった一万円からできる!
いろんなところへ分散投資してリスク分散! 儲けは2つあるのでダブルでお得!
例:運用に自信がない主婦 例:自分年金を作りたい年金生活者
例:国民年金より投資信託を選ぶ若者 例:忙しく時間のとれないサラリーマン
初心者の投資信託始め方手順♪
1. 投資信託が買える所を知ろう 初心者がやっちゃいけないこと
2 .初心者はまずココに口座を開くべし 郵便局で買うのはオススメできない
3 .自分の年代に合う投資信託を買うべし  
投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
投資資金が無い人はFXのキャンペーンで稼ごう  
初心者にもおすすめな自動運用サービス
マネックス・セゾン・バンガードの 「MSV LIFE」
・ マネックス・セゾン・バンガードの 「MSV LIFE」 とはどんなサービスか?
・ 他のラップ口座サービスとの手数料比較
・ 「MSV LIFE」 でシュミレーションしてみた
・ 「MSV LIFE」 の感想と注意点
<経験者向き>ウェルスナビ「Wealth Navi ロボアドバイザー」
・ ノーベル賞アルゴリズムを使った世界分散投資
・ 業界初の自動積立リバランス、自動節税DeTAX
・ 30~50代の将来に不安のある世代におすすめ
<番外編>完全委託サービス
富裕層向け:ラップ口座 中流層向け:ミニラップ口座
<初心者編>覚えよう投資信託について
投資信託の種類と分類 まとめ!
投資信託を売っている4つの場所 3つの機関がある投資信託のしくみ
投資するのは日本にする?海外にする? アクティブ運用とインデックス運用
分配金をもらうか、再投資するか? 募集方法は2つある
投資信託のコスト(手数料) 投資信託のリスクとは
初心者向け:株式投資信託 初心者向け:債券投資信託
初心者向け:バランス型投資信託 初心者向け:公社債投資信託
初心者向け:MRF 初心者向け:MMF
初心者向け:ETF  
<中級者編>いろいろな種類があるよ
中級者向け:海外ETF 中級者向け:外貨MMF
中級者向け:REIT (不動産) 中級者向け:コモディティファンド
中級者向け:ファンドオブファンズ  
<上級者編>きわどい種類
上級者向け:新人アイドルファンド 上級者向け:音楽ファンド
上級者向け:ゲームファンド 上級者向け:オルタナティブファンド
上級者向け:ヘッジファンド 注目! 上級者向け:ワインファンド
上級者向け:ホテルファンド 上級者向け:BST(ボンドセレクトトラスト)
上級者向け:SRIファンド 上級者向け:グリーンファンド
投資信託会社徹底分析(会社選びで差がついてしまう!)
投資信託販売会社一覧
<万能型>楽天証券 <万能型>SBI証券
<銀行型>楽天銀行(イーバンク銀行) <数量型>投信スーパーセンター
<積立型>カブドットコム証券 <積立型>マネックス証券
<ぼったくり型>ゆうちょ銀行  
投資信託の直販会社
セゾン投資、ひふみ投信、コモンズ投信、どれを選べばいいか?ざっくり判別!
海外投資して日本リスク軽減、為替差益リターン → セゾン投信
やっぱり日本株、低コスト、積極的で新興市場リターン → ひふみ投信
少ない日本企業でなが~く低リスクで行きたい → コモンズ投信
<海外型>セゾン投信 Global!
セゾン資産形成の達人ファンドがR&Iファンド大賞  
<優秀型>ひふみ投信 Hot! <長期型>コモンズ投信 New!
ひふみ投信の会社からファンドまで全てを評価、解説
ひふみ投信とはどんな会社か
『ひふみ投信』 の投資信託の分析・解説
ひふみ投信の 『くるみ口座』 とはどんなサービスか
ひふみ投信の注意点とは
ひふみ投信にオススメの人
ひふみ投信の総合評価
コモンズ投信の会社からファンドまで全てを評価、解説
コモンズ投信とはどんな会社か
コモンズ投信の 『コモンズ30』 とはどんな投資信託か
コモンズ投信の 『こどもトラスト』 とはどんなサービスか
コモンズ投信の注意点とは
コモンズ投信にオススメの人
コモンズ投信の総合評価
【特集】 セゾン投信様との対談取材を行いました!
セゾン投信対談その1 : 日本の将来は悲観的 セゾン投信対談その4 : ファンドに対する疑問について
セゾン投信対談その2 : 投資必要性とリスク セゾン投信対談その5 : どんな世代がいくら投資してる?
セゾン投信対談その3 : セゾン投信の魅力  
選ぶのに迷ったらこんな選択をオススメします
投資信託を選ぶときの鉄則
低資金からの自分年金作り
月1万円からの自分年金 月3万円からの自分年金
世代別からの自分年金作り
<未成年>10代からの自分年金プラン <若者層>20~30代からの自分年金プラン
<中高年>40~50代からの自分年金プラン <シニア>60代以降からの自分年金プラン
ここがヘンだよぼったくり投資信託!
ゆうちょ銀行は宝の持ち腐れ 定期預金と投資信託のセット
同じ投資信託でも手数料が違う理由 ファンドオブファンドオブファンズ(FOFOF)
超ぼったくりの外貨預金 店頭証券は貧乏人からぼったくるのがお仕事
世界にはこんな有望国がある!
BRICs (21世紀の超大国)
ブラジル Brazil : ブラジルへの投資方法 ロシア Russia : ロシアへの投資方法
インド India : インドへの投資方法 中国 China : 中国への投資方法
VISTA (成長著しい)
ベトナム Vietnam : ベトナムへの投資方法 インドネシア Indonesia : インドネシアへの投資方法
南アフリカ SouthAfrica : 南アフリカへの投資方法 トルコ Turkey : トルコへの投資方法
アルゼンチン Argentina : アルゼンチンへの投資方法  
MENA、MEDUSA(オイルマネーで潤う)
マレーシア Malaysia : マレーシアへの投資方法 エジプト Egypt : エジプトへの投資方法
UAEのドバイ首長国 DUbai : ドバイ(UAE)への投資方法 サウジアラビア SAudiarabia : サウジアラビアへの投資方法
NEXT11 (ちょっと微妙・・)
投資信託のQ&A
個人向け国債、日本国債ファンドどれがお得? ETF と ファンド はどっちがお得?
外貨預金、外貨MMF、BST、FX、結局どれがいいの? 72のプリンシプル(72の法則)って何? 
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!