投資信託のコスト、投資信託には3種類の手数料がかかります

3種類の手数料

投資信託を買うにあたってコスト(手数料)は最重要ポイントになります!いくら儲かっても手数料引いたら赤字になったなんて本末転倒なことのないようにしましょう!投資信託はプロが専門の機関でやるためこっちの手間がかからないかわりにいろいろと手数料を取られます。手数料の主な種類は3つあります。

販売手数料
信託報酬
信託財産留保額

それぞれ違った手数料になるので注意しましょう!尚、投資信託の手数料は 「~~円」 といった断定的なものではなく、 「1.0%、2.5%」 などのパーセンテージ(%)になっています。なのでたくさん買えば買うほど手数料もたくさんかかってしまうことになります。長期運用ならなおさらです。このコストをしっかりと見極めましょう!

販売手数料とは?

販売手数料とは、投資信託を買うときのみにかかる手数料です。保有している間や売却してもかかることはありません。手数料がかかるのは買うときだけです。主に基準価格の1.05~3.15%であることが多いです。1000万円以上、1億円以上と大量に買う場合はスーパーのパック詰めのように手数料が安くなることもあります。

この販売手数料というのは、運用会社ではなく販売会社が決めて設定しています。同じ投資信託でも、郵便局、銀行、証券会社のどこで買うかで手数料が違ってくることがあります。なのでぼったくりをしようとする所は割高な手数料をふっかけてくることがあります。一番の例は郵便局(ゆうちょ銀行)です。郵便局(ゆうちょ銀行)が販売している投資信託は独自のものであるために、競争するライバルがいません。それをいいことに、銀行や証券会社の手数料よりも割高であることが多いです。割高になっている分はどこへいくかって?もちろん郵便局(ゆうちょ銀行)の懐におさまるのですよ。

同じ投資信託でも、販売する場所によって手数料が変ることがある!

そういった販売手数料を比較したい場合は、投資信託を運用している運用会社のホームページか、モーニングスターなどで調べてみましょう。大抵の場合、販売機関の手数料の違いが明記されているでしょう。

→ 同じ投資信託でも手数料が違う理由

【販売手数料の特徴】
・ 基準価格の1.05~3.15%
・ 購入時のみかかる
・ 販売機関によって手数料に差がある
・ 販売機関によってはぼったくり手数料
・ ノーロードといった0%のものもある

信託報酬とは?

信託報酬は資産運用の計画を立てる運用会社(投資信託会社)と資産を管理してくれている信託銀行に支払われる手数料です。いわゆるプロへの報酬と捉えてください。この信託報酬の最大の特徴は、投資信託を保有している限り常にかかり続けるコストということです。販売手数料は投資信託を買うときのみにしかかかりませんでした。しかし信託報酬は毎日かかるもので、保有している投資信託からほんのちょっとずつ差し引かれていきます。

信託報酬はどの投資信託も必ずかかるコストです。それはそうですね。この信託報酬が無ければファンドマネージャーたちの報酬が無くなってしまうのですから。実際の数値はおおむね1%~2%後半であることが多いでしょう。長期運用においては一度だけのコストである販売手数料よりも、常にかかりつづける信託報酬を見極める必要があります。

信託報酬はファンドマネージャーへの報酬。彼らだってお金もらえなきゃ運用してくれませんよ!

ちなみに信託報酬は、運用が成功して期待以上のリターンをたたき出した場合も、思いがけない損失を出して運用が失敗したときも同じようにかかります。運用失敗の時も信託報酬がかかってしまうのはなんだか納得がいきませんが、それは仕方ありません。

【信託報酬の特徴】
・ 基準価格の1%~2%後半
・ リスクの低いものでは1%を切る
・ リスクの高いものでは3%を超えるかも
・ 保有している限り常にかかる
・ 運用失敗時もかかる
・ 長期運用には最重要なコスト

信託財産留保額とは?

この信託財産留保額というのは上の2つとは違って少々特殊な手数料になります。この手数料は投資信託を解約するときにかかるかもしれない手数料です。全ての投資信託にかかるものでは無く、かかるものとかからないものがあります。おおむね、基準価格の0.1%ほどでそれほど大きなコストではありません。

この信託財産留保額は 「中途半端な時期に解約する客に対する迷惑料」 のようなものです。投資信託を運用しているプロ(ファンドマネージャー)は、資金と時間を考慮して綿密な計画を立てて投資を行っています。そのため客が中途半端な時期に解約を要望すると、その分のお金を現金にして調達しなければなりません。そのために買っていた株や債券などを売らなければいけないときの手間賃や手数料、計画の変更料といったものがかかります。その予定外のコストへの手数料といったものです。

信託財産留保額は計画を狂わした客への迷惑料・・・みたいなもん

【信託財産留保額の特徴】
・ 全ての投資信託にあるわけではない
・ 基準価格の0.1%程度
・ それほど気にするコストではない




一番注意する手数料は?

【一番重要なのは】
手数料で一番注意しなければいけないのは ”信託報酬” です。もちろん全ての手数料をしっかりと見極める必要があるのですが、信託報酬が一番重要です。信託報酬は毎年必ずかかってしまう手数料なので、運用期間が長期になればなるほど総コストが膨大なものになっていきます。販売手数料や信託財産留保額も大切ですが、これらの手数料は一度だけのものなので、運用期間が長期になるほどコストの占める割合は小さくなりますね。投資信託を長期で運用するにあたって ”信託報酬” はしっかりとチェックしましょう!

【信託報酬の数値の違い】
だいたいの信託報酬はおおむね1%~2%台になります。ですので1%を切るものであれば、かなり投資効率がよいと判断できます。信託報酬が1%を切るものは、頻繁に売買をしない債券に投資するものが多いです。逆に、新興国の株式や不動産など投資しにくい所に頻繁に売買をするものは信託報酬が3%を超えるものもあります。リスクが高い分リターンもコストも高いのです。

【信託報酬の数値】
信託報酬の平均 1%~2%
あまり売買しない債券ものは 1%を切る
投資しにくいもの(新興国など)を頻繁に売買をするものは 3%を超える

投資信託サイトマップ

祝♪投資信託入門
勝ち組への頼もしいパートナー 定期預金から投資信託へ(貯蓄から投資の時代)
投資のプロが代わりに資産運用します プロがやってくれるのでとっても楽!
プロへ頼むことで世界へ投資できる! たった一万円からできる!
いろんなところへ分散投資してリスク分散! 儲けは2つあるのでダブルでお得!
例:運用に自信がない主婦 例:自分年金を作りたい年金生活者
例:国民年金より投資信託を選ぶ若者 例:忙しく時間のとれないサラリーマン
初心者の投資信託始め方手順♪
1. 投資信託が買える所を知ろう 初心者がやっちゃいけないこと
2 .初心者はまずココに口座を開くべし 郵便局で買うのはオススメできない
3 .自分の年代に合う投資信託を買うべし  
投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
投資資金が無い人はFXのキャンペーンで稼ごう  
初心者にもおすすめな自動運用サービス
マネックス・セゾン・バンガードの 「MSV LIFE」
・ マネックス・セゾン・バンガードの 「MSV LIFE」 とはどんなサービスか?
・ 他のラップ口座サービスとの手数料比較
・ 「MSV LIFE」 でシュミレーションしてみた
・ 「MSV LIFE」 の感想と注意点
<経験者向き>ウェルスナビ「Wealth Navi ロボアドバイザー」
・ ノーベル賞アルゴリズムを使った世界分散投資
・ 業界初の自動積立リバランス、自動節税DeTAX
・ 30~50代の将来に不安のある世代におすすめ
<番外編>完全委託サービス
富裕層向け:ラップ口座 中流層向け:ミニラップ口座
<初心者編>覚えよう投資信託について
投資信託の種類と分類 まとめ!
投資信託を売っている4つの場所 3つの機関がある投資信託のしくみ
投資するのは日本にする?海外にする? アクティブ運用とインデックス運用
分配金をもらうか、再投資するか? 募集方法は2つある
投資信託のコスト(手数料) 投資信託のリスクとは
初心者向け:株式投資信託 初心者向け:債券投資信託
初心者向け:バランス型投資信託 初心者向け:公社債投資信託
初心者向け:MRF 初心者向け:MMF
初心者向け:ETF  
<中級者編>いろいろな種類があるよ
中級者向け:海外ETF 中級者向け:外貨MMF
中級者向け:REIT (不動産) 中級者向け:コモディティファンド
中級者向け:ファンドオブファンズ  
<上級者編>きわどい種類
上級者向け:新人アイドルファンド 上級者向け:音楽ファンド
上級者向け:ゲームファンド 上級者向け:オルタナティブファンド
上級者向け:ヘッジファンド 注目! 上級者向け:ワインファンド
上級者向け:ホテルファンド 上級者向け:BST(ボンドセレクトトラスト)
上級者向け:SRIファンド 上級者向け:グリーンファンド
投資信託会社徹底分析(会社選びで差がついてしまう!)
投資信託販売会社一覧
<万能型>楽天証券 <万能型>SBI証券
<銀行型>楽天銀行(イーバンク銀行) <数量型>投信スーパーセンター
<積立型>カブドットコム証券 <積立型>マネックス証券
<ぼったくり型>ゆうちょ銀行  
投資信託の直販会社
セゾン投資、ひふみ投信、コモンズ投信、どれを選べばいいか?ざっくり判別!
海外投資して日本リスク軽減、為替差益リターン → セゾン投信
やっぱり日本株、低コスト、積極的で新興市場リターン → ひふみ投信
少ない日本企業でなが~く低リスクで行きたい → コモンズ投信
<海外型>セゾン投信 Global!
セゾン資産形成の達人ファンドがR&Iファンド大賞  
<優秀型>ひふみ投信 Hot! <長期型>コモンズ投信 New!
ひふみ投信の会社からファンドまで全てを評価、解説
ひふみ投信とはどんな会社か
『ひふみ投信』 の投資信託の分析・解説
ひふみ投信の 『くるみ口座』 とはどんなサービスか
ひふみ投信の注意点とは
ひふみ投信にオススメの人
ひふみ投信の総合評価
コモンズ投信の会社からファンドまで全てを評価、解説
コモンズ投信とはどんな会社か
コモンズ投信の 『コモンズ30』 とはどんな投資信託か
コモンズ投信の 『こどもトラスト』 とはどんなサービスか
コモンズ投信の注意点とは
コモンズ投信にオススメの人
コモンズ投信の総合評価
【特集】 セゾン投信様との対談取材を行いました!
セゾン投信対談その1 : 日本の将来は悲観的 セゾン投信対談その4 : ファンドに対する疑問について
セゾン投信対談その2 : 投資必要性とリスク セゾン投信対談その5 : どんな世代がいくら投資してる?
セゾン投信対談その3 : セゾン投信の魅力  
選ぶのに迷ったらこんな選択をオススメします
投資信託を選ぶときの鉄則
低資金からの自分年金作り
月1万円からの自分年金 月3万円からの自分年金
世代別からの自分年金作り
<未成年>10代からの自分年金プラン <若者層>20~30代からの自分年金プラン
<中高年>40~50代からの自分年金プラン <シニア>60代以降からの自分年金プラン
ここがヘンだよぼったくり投資信託!
ゆうちょ銀行は宝の持ち腐れ 定期預金と投資信託のセット
同じ投資信託でも手数料が違う理由 ファンドオブファンドオブファンズ(FOFOF)
超ぼったくりの外貨預金 店頭証券は貧乏人からぼったくるのがお仕事
世界にはこんな有望国がある!
BRICs (21世紀の超大国)
ブラジル Brazil : ブラジルへの投資方法 ロシア Russia : ロシアへの投資方法
インド India : インドへの投資方法 中国 China : 中国への投資方法
VISTA (成長著しい)
ベトナム Vietnam : ベトナムへの投資方法 インドネシア Indonesia : インドネシアへの投資方法
南アフリカ SouthAfrica : 南アフリカへの投資方法 トルコ Turkey : トルコへの投資方法
アルゼンチン Argentina : アルゼンチンへの投資方法  
MENA、MEDUSA(オイルマネーで潤う)
マレーシア Malaysia : マレーシアへの投資方法 エジプト Egypt : エジプトへの投資方法
UAEのドバイ首長国 DUbai : ドバイ(UAE)への投資方法 サウジアラビア SAudiarabia : サウジアラビアへの投資方法
NEXT11 (ちょっと微妙・・)
投資信託のQ&A
個人向け国債、日本国債ファンドどれがお得? ETF と ファンド はどっちがお得?
外貨預金、外貨MMF、BST、FX、結局どれがいいの? 72のプリンシプル(72の法則)って何? 
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!