富裕格差:ミリオネアの富豪とビリオネアの大富豪には大きな差がある

ミリオネアとビリオネア、そしてトリオネア?

お金持ち、富豪というのは一般の人たちよりもたくさんお金を持っていることを指しますが、金持ちにも格差があり、いわゆる小金持ちと大金持ちには大きな格差が存在します。世界中のお金持ちを調査して発表しているフォーブス誌などを始め欧米ではそのお金持ちをミリオネアとビリオネアとして区別しています。ミリオネアとはいわゆる100万を表す単位であるミリオンをもじったものであり、100万ドル、日本円で約1億円の人を指します。そしてその更に上としてビリオネアとはビリオン、10億を表す単位であり、10億ドル、日本円で約1000億円の人を指します。今はありえないかもしれませんが、そのうち1兆ドル、日本円で100兆円の資産を持つ人が現れた場合、トリオンの単位を使ってトリオネアと呼ぶ時代が来るかもしれません。現在、世界最高の金持ちはアメリカのビル・ゲイツやメキシコのカルロス・スリムであると言われ、彼らの資産は5~6兆円にも登ります。

このように1億円持っている人はミリオネア、1000億もっている人はビリオネアという分類になりますが、実際の富裕層では一概に資産だけでは分類されず、その人の職業意識や社会貢献度合い、家系などを多く見られます。特にお金持ちの人たちにとっては 「お金はあって当たり前」 であり、お金以外の何かで評価される傾向があります。そのため金融資産だけで判断されることは少なく、いわゆる成金がミリオネアであり、代々続く名門がビリオネアとも言われています。

1,000,000 = one million(百万)
1,000,000,000 = one billion(10億)
1,000,000,000,000 = one trillion(1兆)

100万ドルや成金のミリオネアの場合

ミリオネアの数


100万ドル、日本円で約1億円を持つミリオネアの方ですが、これが結構いて日本ではなんと100~150万人ほどがいます。日本の人口が約1億3000万人ですから、だいたい100人に1人の割合でミリオネアは存在するのです。5万人入る東京ドームが満員になれば約500人ほどがミリオネアの方という計算になります。格差が広がった、貧しくなった、と散々言われても日本はまだまだ世界的にお金持ちの国であることがわかります。

ミリオネアの種類


そんなミリオネアの方ですがどんな人たちなのかというと結構な種類がいます。一般にお金持ちといえば代々お金持ちの家系だろうと思われがちですが、1億円という資産は例えば年収1000万の人が毎年半分貯金すれば20年でたどり着けるレベルです。つまり給与がいい業界であればサラリーマンでも十分に到達するものなので、結構な数がいるのです。他にも儲かっている中小企業の経営者やもともと資産家である地主の人たち、プロのアスリート、漫画や芸能で当たった人、宝くじで一発当てた人や、株やFXでトレーダーとして成功した人など、短期で資産を築いた人であればかなりの人が到達するレベルです。特に最近はネットビジネスで一稼ぎした人や株やFXで大儲けした人などがミリオネアになることは決して難しいことではなく、珍しいことでもない時代になっています。

資産を殖やす


しかしこういったミリオネアの方はビリオネアの方と比較するといわゆる 「成金」 と見られがちであり、お金の考え方もビリオネアとはちょっと違っています。ミリオネアの人は一代で、主に短期でお金を築き上げたため、「資産を守る」 という考えより 「資産を増やしていく」、「資産を使って自己満足する」 といった傾向が強くあります。代々受け継いできた資産ではないため、自分で稼いだ金だから自分でどう使ってもいいでしょ!ということですね。しかも自己顕示欲の強い人が多いため、積極的にメディアに出たり、自分を売り出したりしています。

社会貢献の考え方


ミリオネアの中には収益目的の株式投資や為替取引といった投資などで超短期的に利益を得てしまい富豪になるプロセスが異なる人もいますが、ほとんどのミリオネアが「社会貢献」をおこない、世の中に役立つ活動をしています。これは金持ちになると欲しいものがどんどん買えて余程の物欲が抑えられない人物でもない限り、金による満足感が得られなくなり、社会貢献による満足を得たいという考え方に到達するからと言われています。よい製品を作り、安価に世に送り出して人々の利便性を高めたり、地球 環境の改善に働きかけたり、教育をおこなって人間性を高めたりと、いろいろなことをしています。基本的にそれは自分自身が動いてやることでもあります。自己顕示欲の強い人が多いため、自分が~自分が~という考えなのです。

10億ドルや代々続く名家のビリオネアの場合

ビリオネアの数


ミリオネアに対してビリオネアは非常に数が少なくなります。フォーブス誌によると世界中にビリオネアは1,000人ほどがいるということですが、アメリカがダントツの1位で数百人います。対して日本は数十人であり、最近は中国に抜かれています。一方、資産額以外の職業意識や社会貢献度合い、家系や歴史を見ると、日本は維新や戦争などで何度も資産家の交代が起こっており、代々続く名門家のビリオネアは少ない国です。一方歴史のある欧州では何百年、何千年と続く名門がたくさんあり、今でも存続しています。歴史の浅いと言われるアメリカも200余年の歴史があり、名門家は結構存在しています。200年ですから世代交代はもう6~8世代です。

その考え方


ビリオネアの定義は1000億円ですが、超富裕層の扱いはもうちょっと異なります。ミリオネアの意識が自分が全て、自分の目が届くところが全てというものに対して、ビリオネアは単純な家族だけを見ているだけでなく親の兄弟、兄弟の家族、子供の家族やその近親者に至るまで、 自分たちの親戚を含む幅広い血縁関係をとても大切にしている傾向があります。ビリオネアのような超富裕層の方はその資産が一代で作られたものではなく過去、何世代にも渡り、守られ、増やされてきたものを受け継いでいるのであり、過去を知り、これから将来に渡って 「先祖や家族の血や資産を絶やさない」 ことを使命にされています。カンタンにいえば代々続く名門の家系というわけです。ミリオネアと違ってビリオネアの場合、自分の一生という時間軸よりも長いスパンで、自分の子孫のことも考えてファミリーの永続的な存続というミッションのために自分の果たすべき役割、使命を考えているのです。

資産を守る


一代で富を築くのとは違って代々富を築いて守りぬくというのは一代で作るのとは難しさが全く違います。代々ということは過去の世界動乱による戦争などの時勢変化、金融危機、内部抗争、さらに相続の争いや税金の問題などがあり、「金は稼ぐより守るほうが難しい」 と言われていることそのままです。ミリオネアが積極的に目立とうとするのに対して、ビリオネアの人は人前に出ることをあまり好みません。資産防衛のためにもあまり自分のことを知られたくないとう思いもあるのでしょう。特に日本は妬み社会、出る杭は打たれると言われており、賢明な人ほど目立つリスクを考えて表には出てきません。

プライベートバンク


ミリオネアとビリオネアの違いの1つにプライベートバンクを利用できる資格が挙げられます。プライベートバンクは11世紀から13世紀におこなわれた、「十字軍の遠征」 が起源とされ、遠征に同行する王族や貴族の留守中に莫大な資産を守る必要性が生じたため、その資産防衛を「商業的」に行う人たちがプライベートバンクの祖先です。プライベートバンクはイメージどおり、永世中立国のスイスに拠点を構えており、欧州中から王族、貴族、豪族のお金を集めていました。プライベートバンクは主に資産を 「殖やす」 のではなく 「守る」 ことに重点をおいており、何十年ではなく何世紀で資産防衛を担ってきました。プライベートバンクには厳しい守秘義務があり、他人には資産を公開することは一切ありません。担当者は顧客の資産に対して無限責任(なにかあった場合に個人が無限に責任を負う)があり、一生顧客と付き合っていきます。このように資産防衛をするビリオネアにとってプライベートバンクとの付き合いは無くてはならないものでした。ミリオネアもこういったプライベートバンクを使うのでは?とかんがえるかもしれませんが、プライベートバンクの最低預金額は10億円ないと話にならないと言われ、1億円のミリオネアでさえお断りされてしまうのです。プライベートバンクはそうやって数十億円、数百億円ともいわれる資産を一生かけて守っていくのです。そこには一代で富を築いて自分の人生だけを考えるミリオネアには、金額の問題だけでなく考え方が全然違うということもあるのです。 ※ただし最近は欧州危機でプライベートバンクも破綻していると言われています。大手のプライベートバンクが破綻したことは世界中の大富豪に衝撃を与えました。しかし元々目立たなくしているプライベートバンクは、殆どの人に知られること無くどこかで大富豪の資産を守っているのかもしれません。

社会貢献の考え方


ミリオネアの人の社会貢献が自分自身が動いて、ある意味自分自身の満足感のために社会貢献をするのとは違い、ビリオネアの人は目立つことを好まないために社会貢献も裏方のようなことをすることが多いです。ビリオネアは短期的に貢献した見返りを求めることは少なく、むしろ、将来的にすべてを受け継いでいく子孫のためになる社会貢献を裏からひっそりと行っています。ビリオネアは自分の時代だけでなく自分の子々孫々のためにも、子孫が生きていく地域を豊かにしたいという長いスパンで考えるのです。ビリオネアは昔から教養豊かにいろんな文化面の教育を受けているために、文化施設への貢献も多くなります。海外ではオーケストラの創設にはじまり、劇団や美術館、音楽ホールなどが、ビリオネアによって建てられるケースがたくさんあります。もちろん日本でもありますが、たいていの場合それは裏でひっそりと行われており、表にたって堂々とやることはあまりありません。

日本の大富豪ランキング:フォーブス誌
 名前役職業界ドル
1孫正義ソフトバンク創業者IT・通信56$19.7 B20,488
2柳井正ファーストリテイリング社長(ユニクロ)衣料65$17.8 B18,512
3佐治信忠サントリーホールディングス社長飲料68$11.2 B11,648
4三木谷浩史楽天社長インターネット49$7.7 B8,008
5滝崎武光キーエンス(KEYENCE )創業者・会長電気機器68$6.2 B6,448
6毒島邦雄パチンコメーカー「三共」名誉会長パチンコ89$5.0 B5,200
7森章森トラストおよび森トラスト・ホールディングス社長不動産77$4.0 B4,160
8伊藤雅俊セブン&アイ・ホールディングス名誉会長小売89$3.4 B3,536
9高原慶一朗ユニ・チャーム会長衛生用品83$3.3 B3,432
10三木正浩ABCマート創業者小売58$2.8 B2,912
11重田康光光通信創業者IT販売49$2.7 B2,808
12韓昌祐(ハン・チャンウ)パチンコ「マルハン」会長パチンコ83$2.7 B2,808
13永守重信日本電産創業者電気機器69$2.4 B2,496
14木下恭輔・ほか兄弟アコム創業家消費者金融$2.0 B2,080
15馬場功淳コロプラ創業者ゲーム36$1.9 B1,976
16武井博子武富士」創業者の夫人消費者金融$1.8 B1,872
17多田勝美大東建託会長不動産68$1.7 B1,768
18田中良和グリー(GREE)創業者SNS37$1.7 B1,768
19佐藤洋治ダイナムジャパンホールディングス社長パチンコホール68$1.6 B1,664
20大塚実祐司大塚商会創業家IT販売$1.5 B1,560
21上月景正コナミ創業者ゲーム73$1.5 B1,560
22前澤友作スタートトゥデイ創業者 (ZOZOTOWN)ネット通販38$1.5 B1,560
23金沢要求・ほか兄弟パチンコ・パチスロメーカー「三洋物産」代表取締役パチンコ$1.5 B1,560
24岡田和生ユニバーサルエンターテインメント(旧アルゼ)会長パチンコ71$1.4 B1,456
25森佳子森ビル取締役不動産73$1.4 B1,456
26松井千鶴子・道夫松井証券創業者一族証券61$1.4 B1,456
27多田直樹ほか兄弟サンドラッグ創業家ドラッグストア$1.3 B1,352
28安田隆夫ドン・キホーテ会長小売64$1.3 B1,352
29福武總一郎ベネッセコーポレーション会長教育・出版68$1.3 B1,352
30孫泰蔵ガンホー・オンライン・エンターテイメント会長ゲーム41$1.2 B1,248
31似鳥昭雄ニ トリ創業者家具70$1.2 B1,248
32杉浦広一スギホールディングス会長 (スギ薬局)ドラッグストア63$1.1 B1,144
33里見治セガサミーホールディングス会長ゲーム・パチンコ72$1.1 B1,144
34神内良一セガサミーホールディングス会長消費者金融87$1.1 B1,144
35上原昭二大正製薬名誉会長製薬86$1.0 B1,040
36國分勘兵衛国分社長 (K&K)酒・食品卸売74$965 M1,004
37稲盛和夫京セラ創業者電気機器82$900 M936
38島村恒俊しまむら創業者衣料88$850 M884
39石橋寛リヂストン創業家タイヤ67$840 M874
40福嶋康博スクウェア・エニックス名誉会長ゲーム66$830 M863
41石原昌幸石原ホールディングス社長 (パチンコ・平和パチンコ65$825 M858
42増田宗昭TSUTAYA創業者 (CCC)レンタル・販売63$820 M853
43船井哲良船井電機会長電気機器87$670 M697
44野田順弘オービック会長SI75$650 M676
45辻信太郎サンリオ創業者キャラクター販売$610 M634
46福田吉孝アイフル創業者消費者金融66$565 M588
47藤田晋サイバーエージェント創業者インターネット41$560 M582
48小川賢太郎ゼンショーホールディングス社長 (すき屋)外食65$525 M546
49熊谷正寿GMOインターネット創業者インターネット50$510 M530
50糸山英太郎新日本観光代表ゴルフ場71$500 M520
日本のお金持ちを見ると、ほぼというか、全てが大企業や有名企業の創業者や会長、代表であることがわかります。世界を見てもビル・ゲイツやカルロス・スリムなど巨大企業の会長などがあり、それ以外ではウォーレン・バフェットのような投資家しかありません。つまり富豪というのは巨大企業の大株主、つまり支配者ということですね。誰もがわかっているけど、それを再確認させられた情報です。なにせ企業を上場させれば、保有している企業の株式が一気に何千億、何兆円、アップルなどでは京円の単位にまで価値が膨れ上がるのですから。逆に言えば、株式以外で富豪になった人はいないともいえます。株以外で大富豪になる方法はないといってもいいかもしれません。大富豪ではなく富豪レベルであれば昔からの金持ちである土地持ち、資産家などがあります。いずれにしても大富豪になるのであれば、会社を作り、その会社が巨大企業になるという方法しかないでしょう。
初心者でもできる資産運用
✓なぜ初心者でも大丈夫なのか

AI(人工知能)による自動運用
個人のスキルや知識は影響しにくい

投資先の分散と長期的運用を行う
大損のリスクはほとんどない

行動する人は、行動しない人より、
圧倒的によい成績を残せる!

関連記事