ドル円の歴史とその相場の推移

ドル円の歴史とその相場の推移

相場 出来事
1853年   ペリー浦賀来航
1854年   ペリー横浜上陸、日米和親条約
1855年    
1856年    
1857年    
1858年   日米修好通商条約、安政の大獄
1859年   7月1日オールコック赴任駐日外交代表兼総領事,
1860年   咸臨丸出航
1861年    
1862年   生麦事件
1863年   薩英戦争
1864年   居留地覚書調印
1865年    
1866年   横浜大火
1867年    
1868年    
1869年   1両=4ドル(1ドル=25銭) 米国によって拒否される
1870年   金流出
1871年   新貨条例 金1.5グラム 1円 金銀比価 1対16 事実上銀本位制
1872年   金本位制なるも貿易一円銀も流通、金銀複本位制
1873年    
1874年 0.984  
1875年 1.013  
1876年 1.055  
1877年 1.04 西南戦争、インフレ
1878年 1.089  
1879年 1.127  
1880年 1.104 横浜正金銀行開業
1881年 1.113 松方大蔵卿、緊縮財政
1882年 1.095 日銀開業
1883年 1.124  
1884年 1.124 地租改正
1885年 1.18 日銀兌換券発行
1886年 1.268 政府紙幣兌換開始
1887年 1.311  
1888年 1.347  
1889年 1.328 帝国憲法
1890年 1.218  
1891年 1.282  
1892年 1.432  
1893年 1.61  
1894年 1.969 日清戦争 勝利後金本位 1ドル2円 為替安定 外貨資金調達 起債
1895年 1.953  
1896年 1.896  
1897年 2.028 金本位制
1898年 2.036  
1899年 2.008  
1900年 2.026  
1901年 2.023  
1902年 2.006 興銀開業
1903年 2.008  
1904年 2.034 日露戦争 英の仲介(借金返済のため)
1905年 2.024  
1906年 2.02 満鉄
1907年 2.019  
1908年 2.02  
1909年 2.014  
1910年 2.019 日韓併合
1911年 2.02  
1912年 2.019  
1913年 2.025  
1914年 2.032 第一次世界大戦,金本位中断
1915年 2.047  
1916年 1.999  
1917年 1.978 金輸出禁止
1918年 1.948 米騒動
1919年 1.973  
1920年 2.014  
1921年 2.082  
1922年 2.087  
1923年 2.049 関東大震災
1924年 2.382 デフレ、英金本位復活
1925年 2.451  
1926年 2.134  
1927年 2.109 昭和2年 金融恐慌 片岡蔵相失言 台湾銀行休業
1928年 2.153  
1929年 2.171 ブラックサーズデイ
1930年 2.026 1月金解禁(米英の後追い 借換) 7月統制売り開始 11月浜口首相狙撃
1931年 2.046 12月金輸出再禁止 不況の活路 満州事変 身売り
1932年 3.556 井上準之助暗殺、5.15事件
1933年 3.964  
1934年 3.389  
1935年 3.5  
1936年 3.454 2.26事件、高橋是清暗殺(軍費増大拒否)
1937年 3.471 日華事変
1938年 3.509 国家総動員法
1939年 3.849  
1940年 4.267  
1941年 4.267 太平洋戦争
1942年   戦時国債
1943年    
1944年   ブレトン・ウッズ会議
1945年   軍用レート15円、鉄鉱石125円、砂糖177円、生糸420円、自転車510円
1946年   EBRD開業 インフレ臨時軍事費増大(退職金)
1947年   IMF開業
1948年    
1949年 360 ドッジライン 緊縮財政
1950年 361.05  
1951年 361.05  
1952年 361.05 IMF加盟
1953年 360.8  
1954年 360.8  
1955年 360.8  
1956年 360.8  
1957年 360.8  
1958年 360.8  
1959年 359.8  
1960年 359.6 高度成長時代
1961年 361.8 国民所得倍増計画
1962年 359.6  
1963年 362.4  
1964年 358.8 IMF8条国
1965年 361.4  
1966年 362.9 第1回国債発行
1967年 362.2  
1968年 358.15  
1969年 358.05  
1970年 357.95  
1971年 356 ニクソンショック 日銀介入 金利引下げ
1972年 303  
1973年 273 変動相場制
1974年 293 オイルショック
1975年 298  
1976年 298  
1977年 270 カーター・ショック
1978年 211  
1979年 220  
1980年 228  
1981年 222  
1982年 250  
1983年 239  
1984年 239 レーガノミックス(30%所得減税と設備投資促進の為の企業減税)
1985年 240 プラザ合意(高金利、強いドル是正)
1986年 170  
1987年 146 ルーブル合意、ブラックマンデー(独金融引き締め)
1988年 129  
1989年 139 日経平均3万8915円
1990年 146  
1991年 136  
1992年 128  
1993年 112  
1994年 103  
1995年 95 阪神大震災、1ドル79円75銭
1996年 110  
1997年 121  
1998年 130.89 外為法改正(為銀制度廃止)
1999年 113.96 通貨ユーロ誕生
2000年 107.83  
2001年 121.54  
2002年 125.35  
2003年 115.99 イラク戦争
2004年 108.24  
引用元:FXブロードネット
資料参照元:ニューヨーク向け参着売り相場、
ニューヨーク向け電信売り相場、日本銀行百年史

関連記事