インヴァスト証券のシストレ24にはストラテジーの撤退リスクが有る

インヴァスト証券の欠点やデメリット

通常の店頭FX:FX24は通貨ペアが少ない

インヴァスト証券が提供している店頭FXが「FX24」というサービスですが、その内容は手数料無料、全額信託保全、スマートフォンに対応アプリ、アラート120%・ロスカット100%など標準的なものです。しかし取り扱い通貨ペアが12ほどと少なめです。

取引単位が大きい場合がある

インヴァスト証券の自動売買サービスでは取引単位が1万通貨単位と小さくありません。シストレ24は最初のほうはずっと1万通貨単位になっており、なかなかリスクが高めになっていました。今では他の様々なFX会社が自動売買を導入しているのに対抗し、取引単位は1,000通貨単位になっています。しかし新サービスのトライオートは取引単位が1万通貨と高めになっています。時間が立って顧客からの要望が多くなってくれば取引単位も小さくなると予想されます。

ストラテジーの撤退リスク

インヴァスト証券のシストレ24は300を超える自動売買プログラム(ストラテジー)を選択し運用できますが、そのストラテジーはたまに一定数が廃止・撤退されることがあります。基準はよくわかっていませんが成績不振やストラテジー開発元の事情によるものです。当然運用しているストラテジーがなくなれば自動売買を継続することができなくなります。

インヴァスト証券(シストレ24)の口座開設はコチラ インヴァスト証券(トライオート)の口座開設はコチラ

関連記事