セントラル短資FXの携帯・モバイル取引環境

セントラル短資FXの携帯・モバイル

セントラル短資FXのスマホ用アプリ

次世代のモバイル端末であるスマートフォンにもセントラル短資FXは対応しています。iPhone専用のアプリ 「クイックトレードプラス for iPhone」とアンドロイド専用アプリ「クイックトレードプラスforアンドロイド」 です。ログインせずに現在のレート、チャート、為替ニュースが見える標準機能搭載です。機能的には11通りの時間足、13種類ものテクニカル、CTFXとグローバルインフォ24のニュース配信閲覧、アラート機能、ワンタッチ注文などアプリ版の機能をほぼすべて搭載しています。かなり使えるレベルのアプリに仕上がっていると言っていいでしょう。



ウルトラFXのスマートフォンアプリ

セントラル短資FXにはスプレッドが逆転するような好条件を提示できる「ウルトラFX」というNDD取引もあります。このサービスに対応するスマートフォンアプリも提供されています。こちらのスマートフォンは、短期売買に徹しているウルトラFXのニーズに応えやすいような機能が搭載されています。新規注文と同時に決済注文が発注できたり、一括決済をリトライする機能や、スプレッドが狭くなったときに発注できる機能などです。特にウルトラFXはスプレッドが逆転するほど好条件を出せるので、スプレッドチェッカー機能は一押しです。

【1】新規約定と同時に決済注文を発注できる「自動決済トリガー注文機能」
———————————————————————
自動決済トリガー注文は、新規ストレート成行注文の成立後、自動的に 決済トリガー成行注文を発注する複合型注文方法です。 決済注文を行う際にリミット注文とストップ注文のいずれかを選択でき、 お客さまのトレードシナリオに沿った“戦略的な取引”を実現します。

【2】一括決済注文「リトライ機能」
———————————————————————
「ウルトラFX」では、提携カバー先金融機関の判断に基づいて約定処理を 行うため、市場の流動性の状況などによっては注文が不成立となることが あります。 しかし、リトライ機能を利用することで、「一括決済」による注文が 一旦不成立となった場合でも、指定した回数まで自動的に再注文する ことができます。

【3】「スプレッドチェッカー機能」
———————————————————————
スプレッドチェッカーは、提示スプレッドが事前に設定したスプレッド以下と なった場合に新規ストレート成行注文を発注する機能です。 新規ストレート成行注文発注時にスプレッドが設定値を上回る場合は 発注されません。

セントラル短資FXの口座開設はこちらから

関連記事