マネースクエアの長所は特許を取得した自動売買注文「トラリピ」

各コンテンツのショートカット

マネースクエアの長所はどんなところか?

マネースクエア(M2J)とはどのような業者か?

【独自の注文システム:トラップリピートイフダン(トラリピ)
マネースクエアといえば、トラリピです。マネースクエアではIFD注文をさらに進化させた独自の注文システムをもっています。それが 「トラップリピートイフダン注文」 です。略してトラリピ。これはリピートがついていることからもわかるように、IFD注文を自動的に繰り返す(リピート)する注文方法です。一度設定しておけば、自動的にIFD注文が繰り返されるので、一定の価格帯でレートが動くレンジ相場で非常に効果を発揮します。しくみが単純なだけに初心者にもっともオススメしやすいシステムトレードといえるでしょう。また、リピート・イフダン注文は特許をとっているためにマネースクエアでしか使えません。ちなみにマネースクエアのHPにはトラップリピートイフダン注文の設定方法を動画解説までしています。それだけこの注文に力をいれているのです。

リピート・イフダン注文ができるのは特許をとっているマネースクウェアジャパンだけ!
リピート・イフダン注文の解説はこのページへ
トラップトレード注文解説へ
トラップ・リピート・イフダン注文の解説はこのページへ
ダブルリピートイフダン注文解説へ

【トラリピを利用すれば相場の総推移を通常の何十倍も取れる】
相場というのものは生物でもあり、高値と安値を当てることはプロだってできません。「頭としっぽはくれてやれ」 という相場の格言すらあるくらいですから。しかし相場には見方を変えれば別の側面もあります。下図を見てください。一番大きな値動きである最高値(121.81円)と最安値(100.75円)の差は21.06円。これを高低差と呼びます。 しかし、この値動きイメージからお分かりいただけるとおり、為替相場は一直線に最安値と最高値の間を推移したのではなく、その間に細かな値動きを常に繰り返しています。 この値動きの合計をマネースクエア社では「総推移」と呼んでいます。総推移は402.19円。実に高低差の19倍もの変動を示しています。予想のむずかしい最高値・最安値の高低差より、細かな値動きをしっかりカバーして総推移を狙うほうが収益チャンスも大きく広がるという考え方であり、それは明らかに高値安値を当てるよりもチャンスが広がる方法です。

【トラリピは特許を取得しているためマネースクエア専用】
2011年にレバレッジ規制が施行されてから、マネースクエアを筆頭に各FX会社が自動売買に力をいれるようになりました。皆、自動売買の先頭を切ったマネースクエアのトラリピをお手本として、あるいはそれのコピーを作ったりして問題を起こしました。現在ではマネースクエアはトラリピを始めとしたリピートイフダン注文機能で特許を取得しています。このためこのトラリピ:トラップリピートイフダン注文機能はマネースクエアでなければ使うことはできないのです。

【CFD取引でもトラリピを】
トラリピは前々からFXだけを取引対象としていたため、トラリピを設定できるのはドル円やユーロ円などの為替のペアだけになっていました。しかしFXだけでなくCFDでもトラリピを!ということでマネースクエアではCFD取引を導入し、CFDにトラリピを導入できるようになりました。対象となるCFDは、日経225、NYダウ、ドイツDAX、イギリスFTSE、というものになります。日経225以外は海外の株価指数になりますが、マネースクエアのCFD取引ではすべて円貨計算になっているため外貨両替の必要はありません。CFDということで満期日には配当金を少額ですが受け取れますし、暴落局面などには売りで入って利益を狙うこともできます。もちろん 「売りのトラリピ」 をCFDで設定することもできます!


【ずっと右肩上がりの成長】
マネースクエアは創業以来ずっと右肩上がりの成長を維持している数少ない経営基盤も磐石なところです。下図のように口座数や証拠金預かり残高もきれいに右肩上がりを描いてます。結果的に2010年1月から2015年10月末まで70カ月連続で預り資産の増加を記録し、FX業界における最高記録を達成しました。この2015年末の顧客預かり資産残高は700億円近くなり、大手FX会社の証明ともある大きな預かり資産額となっています。

【確立した経営理念】
マネースクエアにはしっかりとしたサービスをお客様に提供する代わりにもらうべき手数料はきっちりいただき、それに見合った上質のサービスを提供するという確固たる経営理念をもっています。それゆえ手数料無料のコスト競争にはけっして参加せず多めの手数料をもらうかわりに上流階級にするような上質のサービスを提供するのに力をいれています。金持ち専用のプライベートバンク並のサービスです。その経営方針が功を奏しレバレッジ規制では、全く影響が無かった上に顧客がかなり他業者から流入しました。

【顧客を自立させるセミナー】
上記のようにもらうべき手数料をもらう代わりに上質のサービスの一つとして提供されるのがまさに ”勝ち組への教育セミナー” です。FX初心者の方から上級者の方まで幅広い顧客層に対応し 「自立した投資家」 として勝ち組へなるための準備を整えてくれる至れり尽くせりのセミナーです。ただ顧客にFXをやらせて、会社が儲かればそれでいいという企業とは違うのです!年間のセミナー開催数はWEB・会場あわせて100回以上、初心者から経験者まで多様な運用ニーズに対応しており、その取り組みが評価され、「フォレックス・マグネイト東京サミット2013」 においては、最も投資教育に注力したFX会社として「ベスト・エデュケーショナルブローカー賞」を受賞しています。

【M2Jポイント】
マネースクエアでは独自のポイントシステム:M2Jポイントを導入しています。M2Jポイントは取引をしたり、日々のおトクなキャンペーンやイベントなど、様々なシーンでポイントが貯まります。 貯まったポイントはこだわりのグルメや話題のアイテムなど、もらって嬉しい賞品と交換することができます。ポイントにはいくつかのステージがあり、グレードが上がるほどよい景品がもらえてポイント還元率もよくなります。

>> マネースクエアの口座開設はコチラ <<

FX会社の徹底比較 ~FX会社の勝ち組と負け組~

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved