2月第3週のオセアニアチャート分析

この記事では2月3週目におけるオセアニア通貨AUD,NZDのチャート分析をしています。

先週のAUDJPYを見て、トレンド判断

日足レベルでは上昇しそう?

管理人

AUDJPYは先週下落してから一旦下値をサポートされ、再び上昇してきました。
日足チャートだけを見ているともう一度上げそうです。
ただ、週足チャートを見てみます。

週足を見るとまだ下落トレンド

管理人

週足を見てみると一本調子に上げるか微妙に見えます。

管理人

AUDJPYは先週大陰線をつけ、79~85レンジの定着に失敗しています。
あくまで今週はその戻りにすぎません。
先週高値も週足MAも超えていませんので週足ではまだ下方向です。

管理人

日足レベルでは上値余地があるように見えましたが、
それも週足MAのある79円台まで。
80円を大きく突破しない限り、79円は戻り売りゾーンですね。

先週のNZDUSDを見て、トレンド判断

日足ではレンジ継続

管理人

NZDUSDは日足レベルでレンジです。
綺麗に下値がサポートされているため逆張りしやすいチャートです。

週足レベルでも同じようなレンジを確認

管理人

週足をみても綺麗なレンジ形成を確認できます。
週足MAとボリバンの+2σを行ったり来たりしているため
レンジ上限の売り、レンジ下限の買いがワークします。

管理人

少しずつ週足MAやボリバンが上に上がっているため、
レンジを抜けるとしたら上方向の可能性が高いです。

管理人

今年はドル安傾向になりやすいため、ドルストレードであるNZDUSDは
比較的上昇しやすい傾向が強いです。

まとめ

管理人

AUDJPYは買いならあまり引っ張らず80円を抜けるかどうかをしっかり確認。
79円台は戻り売りゾーンと見て、80円抜けたらドテン

管理人

NZDUSDは相変わらずレンジ継続。
0.68台の押しは買い、0.70近くになれば利確や売り。

相場はあくまでシンプルに考えたほうが勝ちやすいです。
選抜したFX会社

初心者向け

中級者以上向け

個人的に使いたくない

初心者でもできる資産運用
✓なぜ初心者でも大丈夫なのか

AI(人工知能)による自動運用
個人のスキルや知識は影響しにくい

投資先の分散と長期的運用を行う
大損のリスクはほとんどない

行動する人は、行動しない人より、
圧倒的によい成績を残せる!

関連記事