ソーシャルレンディング運営会社が破綻した場合どうなるか

ソーシャルレンディング運営会社の破綻について

ソーシャルレンディング会社が破綻した場合
ソーシャルレンディングへの投資を行う際、仲介を行うソーシャルレンディング会社のリスクについてはこちらのページで解説しています。そのリスクの中に運営会社の信用リスクががあります。これはソーシャルレンディング運営会社がどこまで信用できるかのことであり、悪質な会社や信用度合いの小さい会社の場合、倒産や破綻がありうるからです。では実際にソーシャルレンディング会社が破綻したらどうなるのか。

【分別管理されていれば後は分配の問題】
資金の受け手と出し手を仲介するソーシャルレンディング運営会社ですが、運営会社自身の事業がうまくいかなければ、倒産の可能性もあります。 仮にソーシャルレンディング運営会社が破綻等した場合、原則的には運営会社の資産と投資家の資金は分別管理されているので、運営会社倒産の影響は直接的に投資家には及びません。ただし、分別管理がしっかりなされていない会社が存在する可能性もあるので、十分な注意が必要です。会社の説明ではしっかりと分別管理がされていると説明はしていても、裏ではお粗末な管理で横領までしていたというケースは他の金融会社でもよく見られたことです。また他の問題は、運営会社破綻後に誰が投資家の資金を分配するか、という点。運営会社が破綻等しても、資金の貸付先の事業が予定通り進んでいれば、時期が到来すれば資金の返済は行われます。しかしその一連の手続きを行う主体が無い、という状況となります。

【実際に破綻したケースがまだない】
企業が破綻等すると、弁護士が破産管財人となり、その会社の事業や資産の整理を行うケースが大半です。よってソーシャルレンディング運営会社が破綻した場合も、破産管財人が貸付先から資金を回収し、投資家に分配する可能性が高くなります。しかしながら、恐らくそうなるであろう、という推測に留まらざるを得ません。これはソーシャルレンディング事業がまだまだ新しい分野であるため、ソーシャルレンディング運営会社が破綻したケースがないので過去の事例を参考にすることができないのです。ソーシャルレンディング運営会社が破綻した場合にどうなるのか、という点は、今後日本でもソーシャルレンディング市場が広がるにつれ、業界のルール作成等が待たれる部分となっています。

運営会社の信用よりも案件の信用を重視

【信託保全されている案件も存在】
ソーシャルレンディングの案件の中には、案件の実行の際に信託銀行と契約し財産の信託保全を行っている案件もあります。信託保全がなされている案件については、途中で運営会社に問題が発生した場合でも、投資家の財産の分配は信託銀行が責任をもって行うため、運営会社の破綻リスクを心配することなく投資を行える案件となります。 当然、信託銀行に対する手数料が発生し、利回りは他の同等の案件に比べ低くなってしまいますが、運営会社のリスクを取りたくない、というのであれば信託保全契約付きの案件のみに取り組む、ということも選択肢の1つとなりえます。

【ソーシャルレンディング業界はまだまだ未整備】
ソーシャルレンディングは、ここ数年で立ち上がってきた市場であり、まだ運用のルール等は未整備の部分がある、と言わざるを得ません。運営会社の信託保全の義務がないため、会社が分別管理をしていると言ってもどこまで信用できるかは未知数です。現状では会社の出資や株主の信用度合いや、監査法人を入れているかで判断しなければなりません。もちろん金融商品取引業2種の認可がおりているかどうかは必須です。今後市場の拡大とともに、ソーシャルレンディング業界の制度も徐々に整備されるとは考えますが、現状では運営会社が破綻等した際は、信託保全案件以外は、実際なってみないと分からない、という面が多分にあります。その意味では、その運営会社はしっかりしているのか、という部分もソーシャルレンディングへの投資に取り組む際には、充分に考えて自己責任で判断しなければなりません。

全案件に不動産担保がついているラッキーバンク

【まとめ】
補償等のついた案件でも、年利回り2%程度が見込めるソーシャルレンディングへの投資は、低金利の日本では非常に魅力ある投資先と言えます。また多くの案件で5%前後の年利回りとなっており、その利回りは銀行預金と比べるとはるかに高くなっています。しかしながら、リスクとリターンは表裏一体であるように、銀行預金と違って元本保証のないのがソーシャルレンディングです。利回りという儲けの面だけではなく、貸し倒れ発生の可能性等のリスクも存在しています。 うまい話は存在せず、保証があるけれど利回りの低い案件か、保証がないけど代わりに利回りが高い案件か、と大別されます。銀行預金と違い元本保証はない、という大前提のリスクを踏まえた上で、高い金利収入を得ることができる投資は自己判断しなければなりません。

【全案件不動産担保つきのラッキーバンク】
ソーシャルレンディングは案件ごとに保証があったり、なかったりと千差万別です。しかし大切なお金を投資する以上、保証はほしいものです。そこでラッキーバンクというソーシャルレンディング運営会社は不動産案件に特化し、全案件に不動産担保をつけたファンドのみを取り扱っています。不動産とは資金を借りる上で最大の信用となります。一介のサラリーマンが不動産投資をするときに何千万や何億もの資金を融資してもらえるのも、不動産という価値のある担保があるからです。ラッキーバンクでは主に国内の不動産事業者向けに不動産を担保とした貸付け事業を行うことを目的とするファンドを取り扱っています。不動産という目に見える価値あるものが保証になっているファンドは、かなりリスクが抑えられている案件です。

ラッキーバンク

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!