マネックスアドバイザーは中上級者向け、マネラップ[MSVLIFE]は初心者向け

マネックスアドバイザーもMSVLIFEもマネックス証券

【マネックス証券には2つのロボアドバイザーがある】
マネックス証券にはこれとは別にバンガード社と提携したマネラップ 「MSV LIFE」 というロボアドバイザーがあります。つまり2つのロボアドバイザーを抱えているわけです。似ているようですが、この2つは大きく違います。

マネックスアドバイザーは後述する無料診断でもわかりますが、ある程度自分で投資先を決めることができます。相場を上げと見るのか、下げと見るのか、世界のどこへどう投資するかの大まかな方針を作り、あとの運用をロボアドバイザーに任せるわけです。

対してMSVLIFEは運用パターンが予め決められており、こちらは入金とリスク許容度の設定くらいしかできません。あとは全てロボアドバイザーが運用するため、カスタマイズすることはできません。

つまり投資先というカスタマイズ性において全く違っているのです。

マネックスアドバイザーもMSVLIFE両方に共通すること

マネックスアドバイザーとマネラップはどちらも、ロボアドバイザーであることは共通しています。無料診断を行い、それぞれに質問を設定し、それらを元に質問者に合った最適な運用パターンを提示するものです。

どちらも日本・海外を始め、株式・債券・不動産など様々な地域に国際分散投資してリスクを分散しつつ、世界の成長を享受できるような運用パターンが用意されていることには代わりありません。

ではどのへんがぶっちゃけで違うのか?

わかりやすく言うと 
マネックスアドバイザーは中上級者向け、
マネラップ「MSVLIFE」は初心者向け
になっています。

マネックスアドバイザーの特徴

マネックスアドバイザーはどちらかと言えば投資の中上級者向けのロボアドバイザーになっています。マネックスアドバイザーはMSVLIFEとは違って自分で投資の方向性を決めることができます。MSVLIFEと比較すると、投資の目的よりも投資の手段を重視したロボアドバイザーです。

最初に行う無料診断においては 「株式・為替・不動産」 に対してブルかベアであるか、そして 「日本・海外・新興国」 どこへ重点的に投資するかを問われ、その回答に沿った投資先を提示されるのです。他のロボアドバイザーは特定の地域の割合を減らしたいとか、特定のセクターへは投資したくないとか、そういったカスタマイズができません。

しかしマネックスアドバイザーは選択肢によっては日本の割合を減らしたり、逆に重点的増やしたり、不動産への投資を控えたりの設定ができます。もちろんこれらはある程度の投資の見解を持っていないと判断できないことです。初心者には正直その判断は難しいので、投資の独自見解を持てるようになったくらいのレベルの方が利用したほうがよいロボアドバイザーなのです。

ちなみにマネックスアドバイザーで運用する国内ETFは、貸株や信用取引の代用有価証券にも利用できるため、一般的なロボアドバイザーと比べて資金効率も良いです。手数料も他のロボアドバイザーと比較しても破格の0.5%に抑えられているため、長期的な運用コストも低くなっています。

コスト面では圧倒的にマネックスアドバイザーが有利となります。したがって投資運用方針が決められる人であればマネックスアドバイザーのほうが有利となります。しかし、自分に合った投資運用方針がわかる人などそうはいません。だからこそ 「MSVLIFE」 にも需要があるのです。

 各業者比較 マネックスアドバイザー 楽ラップ ウェルスナビ
最低投資金額 5万円 10万円 30万円
サービス利用料 年0.324% 年0.702%
年1.080%
運用する金融商品にかかるコスト 年0.163% 年0.288% 年0.110~0.140%
合計 年0.487% 年0.990% 年1.190~1.220%
自動積立 ×
自動リバランス △(※4)
運用プランの変更 何回でも可能 1年に12回まで 何回でも可能
運用プラン変更のためのアドバイス提供 × ×
運用商品 国内ETF
(円建て)
投資信託
(円建て)
海外ETF
(ドル建て)
資産売却に必要な日数 最短で当日 10営業日程度 4営業日程度
貸株サービス(※5) 利用可能
貸株金利:年率0.10%
利用不可 利用不可
信用取引の代用有価証券(※5) 利用可能
掛け目:80%
利用不可 利用不可
:マネックス証券より引用

 

ぶっちゃけ管理人はマネックスアドバイザー押しです。

マネラップ「MSVLIFE」の特徴

マネラップは、運用計画の作成から投資目標の達成まで、資産運用の全てをサポートしてくれる完全お任せ型のロボアドバイザーです。ぶっちゃけていえばマネックスアドバイザーが中上級者向けなのに対して、こちらは投資のことがよくわからない初心者向け、投資とは無縁だった方々向けのロボアドバイザーです。

MSVLIFEの無料診断はマネックスアドバイザーとは全く違い、世代や年収、リスク許容度などの質問が多くなっています。投資先や投資の見解といった運用に関する具体的な質問はなされません。

マイホーム用、教育資金用など目的に合わせて資産を形成していくなど、投資の目的を重視したロボアドバイザーです。投資の手段を重視したマネックスアドバイザーとはかなり異なります。

スマートフォンアプリも提供していますので、どれぐらいで投資目標を達成できるか、毎日簡単に確認できるなど、なにもしないでほったらかし投資したい人のサービスが充実しています。

マネラップ「MSVLIFE」はとにかく投資運用方針も自動で決まるので、自分の運用方針がわからない人、迷う人、初心者の方、などにはおすすめです。ただできれば、自分に合う最適な投資運用方針は自分で決めたほうが良いと思うので、勉強してマネックスアドバイザーを利用できるくらには成長しておきたいものです。

マネックスアドバイザーとマネラップ(MSVLIFE)の比較
  Monex Adviser
(マネックスアドバイザー)
MSV LIFE
(愛称:マネラップ)
運営会社 マネックス証券 マネックス・セゾン・バンガード投資顧問
タイプ アドバイス型(投資顧問契約を締結) 投資一任型(投資一任契約を締結)
運用コスト 年率0.487% 年率0.991%未満
最低投資金額 5万円 1,000円
積立額 月1万円から 月1,000円から
積立方法
  • マネックス証券総合取引口座から引落し
  • 全国の金融機関からの引落し
  • マネックス証券総合取引口座から引落し
運用方法 運用方針を決めて、ロボットのサポートを受けながら自分で運用 投資目標を決めて、ロボットが全自動で運用
運用方針
  • お客様の市況見通しに応じた最適な運用方針を決定。

    市況見通しを設定いただく事で、各資産クラス間の複合的な関係を考慮した最適な運用方針を提示。

    ブラックロック社、マネックス証券の市況見通しも設定可能
米国バンガードグループと運用哲学を共有しており、
「明確な計画の策定」、
「最適な資産配分の構築」、
「徹底したコスト管理」、
「長期的な一貫性の保持」
の原則に基づいて運用
投資対象 国内ETF 国内ETF、海外ETF
投資対象
資産クラス
株式(国内、先進国、新興国)、
為替ヘッジ型債券(先進国国債、先進国社債)、
REIT(国内、先進国)
国内外の株式・債券・REIT
貸株サービス 利用可能
貸株金利:年率0.10%
利用不可
信用取引の
代用有価証券
利用可能
掛け目:80%
利用不可

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved