FXArenaでの勝ち方、あえて売買しない待ちに徹する

15分の短期勝負で数をこなして勝利回数を増やそう

FXArenaの勝ち方はたくさんあります。コンテスト自体が本当にたくさんあるので勝ち方も無数にあると思います。では管理人が感じた勝ち方の一部を紹介しましょう。

まずコンテストは15分決着を選びましょう。理由は数をこなせるためです。15分であれば1時間に約4つのコンテストをこなすことができます。コンテストはいくらエントリーしてもいいですし、無料のコンテストであれば参加費は無料なのでノーリスクです。数多くのコンテストをこなすことで勝利する回数をあげていけばいいのです。勝率はあまり気にしなくてもいいのです。負けても損することはありませんので、たくさんエントリーして自分が勝ちやすいものを選べばいいのです。

コンテスト勝利戦術:あえて売買しない待ちに徹する

コンテストは殆どの場合が10000ドルの資金が与えられるので、ハイレバレッジで沢山ポジションをとりがちになります。10000ドルなのでXMだとドル円で90万通貨、ユーロドルでも70万通貨の取引ができます。しかしなんも取引するだけが戦略ではありません。

ハイレバレッジで大量のポジションを取るとスプレッド分も馬鹿になりません。1回のポジションで200ドル、500ドルなんてスプレッドがいきなり引かれてしまいます。そのままだと少し逆行するだけでロスカットになりかねません。実際にコンテストをやってみるとわかりますが、最初の10000ドルを最終的に増やせる人は、10人のコンテストでは3~4人くらいだけです。そう半分以上はスプレッドコストや相場観で1000ドルを減らしてしまっているのです。

そこで逆に考えるのです。あえて大きな取引をせずに少額のポジションを少しやるだけで、できるだけ10000ドルを減らさないように努力することです。上記の画面はあるコンテストの一部ですが、上位全員が10000ドルを下回っています。そう、みなさんあえて売買をせずに過ごしているのです。私はこのコンテストで大きな損がでて、上位には入れませんでしたが戦略としてはこういうものもあるのです。特にトレードに自信がない方などは、この戦術をつかうと意外と勝つことができます。FXArenaはわざわざ1位になる必要はありません。10人コンテストなら3位まで、100人コンテストなら12位までに入れれば賞金がもらえるのです。戦略としてはかっこわるいかもしれませんが、これの1つの方法なのです。   >> その他の詳細について

海外FX会社サイトマップ

海外FX会社について
海外FX会社とはどんな業者なのか 脚光をあびたレバレッジ規制
規制を嫌がって投資家も会社も海外へ 日本FX会社スプレッド拡大
海外FX会社の利点・メリット
└ ハイレバレッジ
└ 入金増額ボーナス
└ 追証ゼロの0カットシステム
海外FX会社の難点・デメリット
└ 安全性が心配なとこもある
└ 英語や外国語が心配
└ 出金制度がややこしい
海外FX会社は日本語サポートが充実 都市銀行口座がないと銀行送金に苦労する
追証ゼロが常識、証拠金マイナスにはならない 追証ありの国内FX業者の恐怖
スイスフランショックに対する海外FX業者の対応  
海外FX会社のスプレッド一覧
初心者の海外FX会社始め方
定番MT4のダウンロード・インストール方法 初心者がやっちゃいけないこと
海外FX会社の情報やテクニックや裏ワザ
取引するほどお得なXMロイヤルティプログラム XMの低スプレッド口座:XM Zero(ECN)口座の特徴
MT4でGMOクリック証券のはっちゅう君が使えるEA  
賞金が$50000以上あるFXのコンテストサイト:FXArena
世界に唯一のFXコンテスト:FXArena  
BIG FREE コンテスト:賞金保証、参加費無料 BIG SMALL コンテスト:賞金が2000ドルから増えていく
BIG BIG コンテスト:賞金$50000以上の最大コンテスト  
FXArenaでは、あえて売買しない待ちに徹する FXArenaで1位より上位入賞すればいい
FXArenaでは1トレード500USD利食いを目標に FXArenaは日本時間のほうが勝ちやすい?
世界一のFXツール:Metatrader
01. Metatraderのインストール 02. メタトレーダーでデモ口座を開設する
3. メタトレーダーの画面の見方、フォルダの意味 4. MT4でチャートを表示する
5. MT4の足の種類や時間足の変更する 6. ローソク足や背景の色や数値の変更する
7. MT4のチャートにラインを引く 8. チャートに描写されたラインを編集・消去する
9. MT4のインジケーターをチャートに反映させる 10. チャートに反映されたインジケータの編集と削除
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!