FXArenaではハイリスク通貨で1トレードで済まそう

コンテストではハイレバレッジハイリスクトレードで勝負

FXArenaの勝ち方はたくさんあります。コンテスト自体が本当にたくさんあるので勝ち方も無数にあると思います。まずどんな通貨をトレードするかを考えるでしょう。どの通貨ペアを選択するかは自由ですし、自分の取引に合っているものを選ぶのが一番ですが、よくよくコンテストをみてみると上位に入る人は結構ハイリスク通貨をトレードしています。

そうハイリスク通貨といえば、TRY:トルコリラ、ZAR:南アフリカランド、MXN:メキシコ・ペソ などがあります。

なぜハイリスク通貨を選ぶのか?といえば一番の理由はボラティリティが大きいからです。実際に取引してみると一番わかると思いますが、USDTRYやEURTRYを取引すると、まずそのスプレッドの広さと損益の大きさに驚くでしょう。非常にハイリスクですが、相場が動けば一番利益が伸びるのもこの通貨なのです。当然逆に動けば損失が広がりますが、無料コンテストですから損失が広がったコンテストは諦めて次のコンテストにエントリーしましょう。そして利益が出れば、ある程度ですぐ利食いしたほうがいいです。

300~500USDで利食いしたら後は待つ!

コンテストはいろいろありますが、15分コンテストであればできるだけ10500ドルあたりまで増やせば勝つことができます。コンテストによっては凄腕トレーダーとかがいて、たった15分で11000ドルとか12000ドルまで増やす方もいますが、そんな方は少ないです。だいたい10000ドルを5%増の10500ドルまで増やせば上位に入ることができます。無論、絶対1位確定などどいえるほどではありませんが、ハイレバレッジトレードはスプレッドコストが大きいため、後から巻き返すのは非常に難しいのです。15分コンテストならば時間も少ないですので余計逆転される可能性は低いのです。

よってハイレバレッジハイリスクトレードで1発トレード!+300~500USDまでいったらすぐ利食い!あとはむやみにトレードせずにコンテスト終了を待つ!これで結構な確率で上位に入ることができます。トレード回数もむやみやたらに回数を増やさず、1回のトレードに絞ったほうがいいです。15分コンテストは時間が短いため、スプレッドコストをカバーして時間内に利益を出すのが難しいのです。トレード回数が多ければ多いほどスプレッドコストがかさんで、資産が増えていきません。トレード回数は1回に絞ったほうが利益を伸ばしやすいのです。負けたらまた別のコンテストに入ればいいだけです。


海外FX会社サイトマップ

海外FX会社について
海外FX会社とはどんな業者なのか 脚光をあびたレバレッジ規制
規制を嫌がって投資家も会社も海外へ 日本FX会社スプレッド拡大
海外FX会社の利点・メリット
└ ハイレバレッジ
└ 入金増額ボーナス
└ 追証ゼロの0カットシステム
海外FX会社の難点・デメリット
└ 安全性が心配なとこもある
└ 英語や外国語が心配
└ 出金制度がややこしい
海外FX会社は日本語サポートが充実 都市銀行口座がないと銀行送金に苦労する
追証ゼロが常識、証拠金マイナスにはならない 追証ありの国内FX業者の恐怖
スイスフランショックに対する海外FX業者の対応  
海外FX会社のスプレッド一覧
初心者の海外FX会社始め方
定番MT4のダウンロード・インストール方法 初心者がやっちゃいけないこと
海外FX会社の情報やテクニックや裏ワザ
取引するほどお得なXMロイヤルティプログラム XMの低スプレッド口座:XM Zero(ECN)口座の特徴
MT4でGMOクリック証券のはっちゅう君が使えるEA  
賞金が$50000以上あるFXのコンテストサイト:FXArena
世界に唯一のFXコンテスト:FXArena  
BIG FREE コンテスト:賞金保証、参加費無料 BIG SMALL コンテスト:賞金が2000ドルから増えていく
BIG BIG コンテスト:賞金$50000以上の最大コンテスト  
FXArenaでは、あえて売買しない待ちに徹する FXArenaで1位より上位入賞すればいい
FXArenaでは1トレード500USD利食いを目標に FXArenaは日本時間のほうが勝ちやすい?
世界一のFXツール:Metatrader
01. Metatraderのインストール 02. メタトレーダーでデモ口座を開設する
3. メタトレーダーの画面の見方、フォルダの意味 4. MT4でチャートを表示する
5. MT4の足の種類や時間足の変更する 6. ローソク足や背景の色や数値の変更する
7. MT4のチャートにラインを引く 8. チャートに描写されたラインを編集・消去する
9. MT4のインジケーターをチャートに反映させる 10. チャートに反映されたインジケータの編集と削除
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!