海外FX業者の利点・メリットはハイレバレッジとボーナスサービス

日本のFX会社では考えられないようなサービスがある

FX会社が日本で営業をするには金融庁に登録することが必要になっていますが、多くの海外FX会社は日本ではライセンスを取得していないところがほとんどです。そのため金融庁の警告を受けている業者がほとんどです。といってもこれは日本のみのことであり、本国ではしっかりとライセンスを複数の国で取得している業者もあるため、安全性の高い業者にも警告がいっているケースもあります。ただそういった面もあるため、リスクはあるものの海外FXのハイレバレッジや0カットを使って大きな利益を得ている人もおり、海外FXの利用については自己責任になっています。

そのリスクを考えても海外のFX会社には日本のFX会社にはないメリットがあります。それはそうですよね。メリットがなければわざわざ他の国のFX会社を使う理由はありませんから。そのメリットですが、大きなものが3つあります。1つはFX投資家なら誰もが不自由しているレバレッジ規制がないためにハイレバレッジを使える点、次に追証がなく口座残高がマイナスになっても0に調整してくれる0カットシステム、そしてボーナスサービスが良質である点です。

大きな点は上記のものですが、他にもスプレッド0.1pips固定制度、証拠金に金利ボーナスがつく、ランキング100位までボーナス支給などいろいろなものがあります。海外FX会社もただFXができるってだけを宣伝していても顧客はつかめませんので、ありとあらゆる試行錯誤をしてサービスを展開しています。ハイレバレッジ、ボーナス、0カット以外にも会社によって、日本のFX会社では考えられないようなサービスがあるのも海外FX会社の魅力です。レバレッジ規制に慣れてしまった投資家にレバレッジ1,000倍など思いもつきませんし、追証は払わなければいけないものと考えている人に0カットの追証なしなんて考えもできません。

海外FX会社のメリット:ハイレバレッジ

現在日本のFX会社にはレバレッジ規制が入るために最大のレバレッジが25倍に制限されてしまっています。これは日本のFX会社だけでなく、海外FX会社の日本法人にも適用されています。そのためグループの大きい海外FX会社の中には本国のFX口座と日本法人のFX口座でレバレッジが違うところもあります。

一方海外ではレバレッジ規制がないために一時期日本でも利用できたレバレッジ400倍とか500倍のハイレバレッジを利用することができます。厳密に言えばアメリカや一部ヨーロッパにもレバレッジ規制はあるのですが、アメリカの例でも最大100倍制限といったところで日本のような25倍のようなところはほぼありません。そのレバレッジですが海外FX会社でもピンからキリまであります。低いところであれば100倍とかで制限されてしまっているところもあれば、高いところでは500倍ではすまずになんと1,000倍という超ハイレバレッジを適用しているところもあるのです。もちろんハイレバレッジはハイリスクハイリターンですが、介入相場などのチャンスを見極めて使えば大きな武器になりえます。

海外FX会社のメリット:ボーナスシステム

海外FX会社の大きな特徴として ”ボーナス” が挙げられます。これは会社によってサービスはまちまちですが、初回入金額の10~30%をボーナスとして入金してくれる制度が多いです。これは非常に太っ腹なことであり、入金するだけで口座残高を1.1~1.3倍にしてくれるのです。例えば1000ドル入金したとすると、ボーナス適用で口座残高が1300ドルになるってことです。奮発している会社であればボーナスのパーセンテージが100%というところもありました。非常に豪華です。また業者によっては初回入金だけでなく、毎回の入金にもボーナスが適用されるところもあります。

え?じゃあ入金した後にボーナスもらってすぐ出金すれば簡単にお金増やせるじゃん!と思ってしまいがちですが、さすがに持ち逃げはFX会社も認めることはできません。各社によって条件は違いますが、一定の条件制約がかせられています。例えばボーナスはある程度取引をしてからでないと出金できない場合や、取引条件はないが出金するとボーナスが取り消しになってしまったりします。前述のXMは後者にあたり、取引条件はない代わり一度出金すればボーナスは消えてしまいます。まぁ海外FX会社はハイレバレッジを利用するのが目的のデイトレ・スキャルトレーダーが多いですから、ボーナスで口座残高が10~30%増しになればポジションの量も増えますので、なくなるか増えるかはあっという間にハッキリします。

海外FX会社のメリット:0カットシステム

日本のFX会社にも証拠金以上の損失を出さないために自動ロスカット制度というものがあります。しかし海外FX会社ではハイレバレッジで証拠金の限界までトレードをすることが多いため、残高がマイナスにならないように0カットシステムというものがあります。これは相場がどんなに急激に変動したとしても確実に決済処理が行われて、証拠金残高がマイナスにならないというものです。それなら日本の業者でも同じだ・・・と思うかもしれませんが、この0カットシステムは0で処理されるというところです。大きな変動が起きてレートが飛んだとしても、マイナス残高にはなりません。これに対して日本の業者ではロスカットの逆指値がうまく作動しないと証拠金を割り込んでしまうこともあり、実際に日本業者は今でもロスカットが作動せずに顧客に追証を出している業者がまだまだ存在しています。2015年のスイスフランショックでは0カットのあるなしが天国と地獄の分かれ道になってしまいました。

「追証ゼロ」 というサービス

この追証0の0カットシステムは、2015年のスイスフランショックのときのはその差が如実に出ました。スイスフランショックでは、あまりにCHF買いが殺到したために決済注文のCHF売りが調達しきれずにレートが消えてしまう事態が起きてしまったのです。それは注文が成立しない、つまりロスカットも成立しないという現象を引き起こしました。これにより安心しきってストップも入れずにCHF売りをしていた人は損失がみるみる増えていくのにロスカットもできず、場合によっては証拠金以上の損を出して口座資産がマイナスとなり追証になってしまったのです。特に日本の業者では0カット制度などありませんから、日本の業者を使って証拠金以上の損を出した人はのきなみ口座資産マイナスの追証をくらうこととなったのです。逆に海外の0カットがあるFX業者で取引していた人は、最大でも証拠金が全部ふっとんだ損失だけに抑えられて追証を払うことはありませんでした。立ち直れないほどのマイナスをくらってしまった日本FX業者利用者と、0からまた再出発できる海外FX業者で完全に明暗が別れてしまったのです。

同ジャンルのリンク

海外FX会社サイトマップ

海外FX会社について
海外FX会社とはどんな業者なのか 脚光をあびたレバレッジ規制
規制を嫌がって投資家も会社も海外へ 日本FX会社スプレッド拡大
海外FX会社の利点・メリット
└ ハイレバレッジ
└ 入金増額ボーナス
└ 追証ゼロの0カットシステム
海外FX会社の難点・デメリット
└ 安全性が心配なとこもある
└ 英語や外国語が心配
└ 出金制度がややこしい
海外FX会社は日本語サポートが充実 都市銀行口座がないと銀行送金に苦労する
追証ゼロが常識、証拠金マイナスにはならない 追証ありの国内FX業者の恐怖
スイスフランショックに対する海外FX業者の対応  
海外FX会社のスプレッド一覧
初心者の海外FX会社始め方
定番MT4のダウンロード・インストール方法 初心者がやっちゃいけないこと
海外FX会社の情報やテクニックや裏ワザ
取引するほどお得なXMロイヤルティプログラム XMの低スプレッド口座:XM Zero(ECN)口座の特徴
MT4でGMOクリック証券のはっちゅう君が使えるEA  
賞金が$50000以上あるFXのコンテストサイト:FXArena
世界に唯一のFXコンテスト:FXArena  
BIG FREE コンテスト:賞金保証、参加費無料 BIG SMALL コンテスト:賞金が2000ドルから増えていく
BIG BIG コンテスト:賞金$50000以上の最大コンテスト  
FXArenaでは、あえて売買しない待ちに徹する FXArenaで1位より上位入賞すればいい
FXArenaでは1トレード500USD利食いを目標に FXArenaは日本時間のほうが勝ちやすい?
世界一のFXツール:Metatrader
01. Metatraderのインストール 02. メタトレーダーでデモ口座を開設する
3. メタトレーダーの画面の見方、フォルダの意味 4. MT4でチャートを表示する
5. MT4の足の種類や時間足の変更する 6. ローソク足や背景の色や数値の変更する
7. MT4のチャートにラインを引く 8. チャートに描写されたラインを編集・消去する
9. MT4のインジケーターをチャートに反映させる 10. チャートに反映されたインジケータの編集と削除
海外FX会社徹底分析
一言解説:
ハイレバレッジと0カットで大勝負 ・・・ XM、IFCmarkets
低スプレッドをなによりも重視 ・・・ XM(ZERO)、Myfxmarkets
ボーナス、キャッシュバック目当て ・・・ XM、LAND-FX
EAやスキャルピング向け口座 ・・・ Myfxmarkets、FXNET、TraderTrust
cTrader使いたい ・・・ FXPRO
ウサイン・ボルトのファン ・・・XM
★5 XMの記事 
└ XMの口座開設手順
└ XMの特徴・魅力
└ XMの日本語対応
└ XMの入出金方法
└ XMのレバレッジ・ロスカット
└ XMの評判・口コミ
└ XMの入金ボーナス
└ XMの携帯・モバイル
└ XMの総合評価
└ XM無料シグナル配信有り
└ 画期的なFXアリーナで賞金をGETできる!
└ ウサイン・ボルト選手がXMの公認大使に就任
└ XMは2016年のWF100にFX会社で唯一選出
 
★5 FXPRO記事  ★3 LAND-FX記事
└ FXPROの特徴・魅力
└ FXPROの日本語対応
└ FXPROの入出金方法
└ FXPROのレバレッジ・ロスカット
└ FXPROの評判・口コミ
└ FXPROの入金ボーナス
└ FXPROの携帯・モバイル
└ FXPROの総合評価
└ FXPROの資産管理はバークレイズ
└ LAND-FXの特徴・魅力
└ LAND-FXの日本語対応
└ LAND-FXの入出金方法
└ LAND-FXのレバレッジ・ロスカット
└ LAND-FXの評判・口コミ
└ LAND-FXの入金ボーナス
└ LAND-FXの携帯・モバイル
└ LAND-FXの総合評価
└ LAND-FXはWestpac銀行で分別管理
★3 IFCMarkets記事  ★3 TradersTrust記事 
・ 10年以上の歴史をもつ老舗オフショアFX
・ 証拠金に金利がつく珍しいサービス
・ 取引環境は高い水準にまとまる
・ 人気はあまりない
★1 InfintySpace レバレッジ1000倍 ★2 Myfxmarkets記事 登録国がモーリシャスに
・レバレッジ1000倍が使える小規模業者
・個人サイトみたいな公式サイトが不安
そこそこの取引環境
そこそこのサービス
★1 FXDD レバレッジ400倍&自動売買 ★1 InstaForex レバレッジ1,000倍
・昔はよかった海外FX会社先駆け
・今はいろんなサービスが中途半端
・ロシアの会社
・日本語未対応
各国の金融監督機関
FCA (イギリスの金融行動監視機構) CySEC (キプロス証券取引委員会)
ASIC (オーストラリア証券投資委員会) MiFID (EU金融商品市場指令)
海外FX会社に関するQ&A
英語がしゃべれなくて心配なんだけど・・・ どれくらい日本語に対応しているの?
海外FX会社って安全なの? 海外FX会社にはクレジットカードが絶対必要?
海外FX会社の口座開設条件って何? 海外FX会社のスワップ金利ってどれくらい?
海外FX会社のスプレッドってどれくらい? 海外FX会社の情報サービスってどんなもの?
海外FX会社のモバイル対応ってどうなってる? 海外FX会社の入金ボーナスってどんなの?
レバレッジが高い海外FX会社はどこ? スキャルピングに適した海外FX会社はどこ?
海外FX会社XMの紹介をしたいなら? 海外FX会社にマイナンバーは必要なの?
海外FX会社の0カットシステム(NBP)とは?  
海外FX会社のプロモーションやキャンペーン
XM お花見プロモ2016 XM FXワールドチャンピオンシップ
ウサイン・ボルト選手がXMの公認大使に就任 XMは2016年のWF100にFX会社で唯一選出
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!