マネースクエア
>>現在「トラリピ」の手数料無料キャンペーンを実施中!

 

システムを他社にレンタルするASP業をやるため、同じシステムが複数の業者で使われる

あれっ?どこかで見たことあるような画面だな

上の図は人気業者である 「外為オンライン」 と 「ヒロセ通商のHirose-FX2」 の取引画面を並べてみたものです。上がヒロセ通商で、下が外為オンラインです。この取引画面を見ればすぐ気づきますが、この2つはほとんど同じといえるぐらいそっくりなのです。違いといえばメニューの並びが少し違うところと、下の図には外為オンラインのロゴマークがついているところぐらいです。このロゴがない頃に、初めて私がヒロセ通商にログインしたときに、間違ったかなと思ったぐらい似ています。

みなさんもいくつもの業者を持っていることでしょう。そして複数の業者をみていくうちに、同じようなレイアウトや仕組みの業者が複数存在することに気づくはずです。それは勘違いではありません。それらの業者はシステムが同じなのです。FX業者というのは本当にたくさんありますが、すべてのFX業者が違った1社1社違った独自のシステムを有しているわけではありません。FXの取引とシステムの開発というのは似て非なるものであり、自社で独自のシステムを1から開発している会社もあれば、開発する予算ノウハウがないために、他の業者のシステムをレンタルしているところもあるのです。

自社開発する業者と他からレンタルしてくる業者がいる

FXは1998年の金融ビックバンで生まれて、まだ10年しか経っていない歴史の浅い業界です。国内のオンラインFXサービスが本格的に始まったのは2001年頃になります。その頃の業者というのは、まだ何のノウハウももっていませんでした。そのためにFXの本場であった海外の業者のシステムを流用して使っていました。中にはそのシステムをちょっとカスタマイズして、わが社のオリジナルツールとか言っていたところもありましたが、基本的に借りたシステムだったのです。

その後FX業界が発展してくるにつれて、海外製のシステムを止めて、自社で開発する業者も現れてきました。また株や先物取引のオンライントレードシステム開発を専門に行う日本のシステム会社もどんどん登場し、多くの業者はロイヤリティが高かったり、英語でわかりにくい海外製システムから国内のシステムを導入するようになっていったのです。そのため、今でも海外製システムを使っているのは開発がめんどうだとか思っているところや、海外製ツールの魅力を前面に押し出すところだけになりました。

そして現在になると、海外業者のように、取引システムを同業他社にレンタル提供するASP(Application Service Provider)事業を行う業者が国内にも出てきました。システムを開発する予算やノウハウがないFX業者は、必然的にこういったシステムをレンタルすることになります。そのためFX業者の中には、どこからかレンタルしてきたシステムで事業を行う業者が増えてきたのです。最近はEMCOM系なんかのシステムを使う業者がやたら増えてきましたね。

海外業者のシステム系列一覧
海外 : SAXO 海外 : CMS
└ kakakuFX
└ ヒロセ通商(HiroseTrader)
└ DMM.com証券(SVC-Trader)
└ サクソバンク証券FX
└ FXA証券
└ CMS日本支店


海外 : GFT(IB) 海外 : GFT(PRC)
└ アールスリー
└ エーアールティー
└ AFT-FXダイレクトトレード
└ サザインベストメント
└ ネクストインベストメント
└ 岩井証券
└ エイチ・エス証券
└ 岡三オンライン証券
└ オリックス証券
└ アセットプラスワン
海外 : IFX(ActForex) 海外 : MetaTrader
└ ヒロセ通商(Hirose-FX)
└ FXトレード・フィナンシャル
└ フォレックスドットコム
└ セブンインベスターズ(MTFX)
海外 : GAIN 海外 : FXCM
└ アリーナ・エフエックス
└ Forex.com
└ セブンインベスターズ(インベスターズ)
└ FXCMジャパン
海外 : IGグループ(PureDeal)  
└ IG証券
 
国内業者のシステム系列一覧
国内 : スリーエイ・システム 国内 : FXプラットフォーム
└ 三京証券
└ フェニックス証券
└ アイ・トレードFX
└ 上田ハーローFX
└ サイバーエージェントFX
└ ユナイテッドワールド証券
└ カネツFX
└ 日興コーディアル証券
└ 益茂証券

国内 : フラクタルシステム 国内 : SimplexTechnology
└ ヒロセ通商(LionFX)
└ エース交易
└ JFX(MATREX)
└ 小林洋行
└ 岡地
└ 豊商事
└ 第一商品
└ ai明治FX
└ 北辰物産
└ ばんせい山丸証券





└ コスモ証券
└ スター為替
└ 豊商事
└ ユニマット証券
└ ソニー銀行
└ 住信SBIネット銀行
└ 大和証券
└ ひまわり証券
└ マネーパートナーズ
└ マネックスFX
└ (大証FX)インヴァスト証券
└ (大証FX)光世証券
└ (大証FX)コスモ証券
└ (大証FX)そしあす証券
└ (大証FX)ひまわり証券
国内 : 外為どっとコム 国内 : セントラル短資FX
└ 外為どっとコム
└ ジャパンネット銀行
└ 安藤証券
└ マネックス証券

└ セントラル短資FX
└ NTTスマートトレード
└ 東海東京証券
└ FXクリエイト
└ セゾンFX
国内 : FXプライム byGMO 国内 : GMOクリック証券
└ FXプライム byGMO
└ カブドットコム証券
└ GMOクリック証券

国内 : EMCOMグループ 国内 : I&AS(外為オンライン系)
└ 外為ジャパン(DMM)
└ みんなのFX
└ DMM.com証券(DMMFX)


└ 外為オンライン
└ FXトレーディングシステムズ
└ ライブスター証券
└ アイネット証券
└ ヒロセ通商(Hirose-FX2)

FX業者が搭載するシステムについて

同じようなシステムを複数のFX業者で見たことない?
海外システム : SAXO
海外システム : GFT
海外システム : IFX
海外システム : CMS
海外システム : FXCM
海外システム : MetaTrader
海外システム : GAIN
海外システム : IGグループ(PureDeal)
国内システム : スリーエイ・システム
国内システム : FXプラットフォーム
国内システム : フラクタル・システムズ
国内システム : SimplexTechnology
国内システム : 外為どっとコム
国内システム : セントラル短資FX
国内システム : FXプライム byGMO
国内システム : クリック証券
国内システム : EMCOM(旧FONOX)
国内システム : I&AS(外為オンライン)

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved