マネースクエア
>>現在「トラリピ」の手数料無料キャンペーンを実施中!

 

今の時代は手数料無料で、スプレッド小数点が当たり前

ぼったくり業者を使っていたら勝てない

FXをする際にはコストを重視することが大切です。いくら千里眼のように読みが鋭い人でも、ぼったくりのFX業者を使っていれば勝てるものも勝てません。ぼったくり業者とは、顧客が無知なのをいいことにムチャクチャ高い手数料などを上乗せしたりして、自分だけが儲かればいいというふざけた業者のことです。代表的なのが犯罪をやってお金を横領したところや、大手証券会社のおまけサービスです。コストができるだけ少ない業者を使うことが勝ち組になる条件であるといえるでしょう。

参考ページ : 大手証券がやっているFXはおまけ程度のぼったくりだ
参考ページ : 過去に犯罪を犯したぼったくりFX業者

FX業者のコストは手数料とスプレッド

ではどのような点でFX業者のコストを比較すればいいのでしょうか?
FXのコストは主に手数料とスプレッドになっています。

【手数料は無料なのが当然】
主にFXにかかるコストというのは手数料とスプレッドになります。手数料とはもちろん取引するたびに業者が顧客から徴収するお金のことです。株取引などでは必ずかかりますね。しかし今のFX業界では手数料は無料なのが当たり前になっています。手数料をとっているのは上記で説明したぼったくりの証券会社や、ある程度の手数料をもらうかわりに上質なサービスを提供することを約束している外為どっとコムマネースクウェア・ジャパン(M2J)ぐらいです。手数料に関しては無料のところを選ぶのが当然です。

【重要なポイントであるスプレッド】
重要なコストを占める手数料は無料なのが当然でした。そのためもう1つのコストであるスプレッドがFX業者を比較する上での重要ポイントになります。スプレッドとは買値と売値の差であることを初心者向けのページで説明しましたね。買値と売値の差のわけですから、その差が少なければ少ないほど、狭ければ狭いほどコストが少ないことになります。そのためスプレッドができるだけ狭いFX業者を選べばいいわけです。スプレッドは主に~銭、~pipsと表記されることが多く、このスプレッドの狭さをセールスポイントにしている業者もいます。

スプレッドが小数点になっている業者を選ぼう

【ドル円のスプレッド1pipsが普通】
昔は一番スプレッドが狭いドル円のペアでさえ、スプレッドが5pips以上になるなど散々な内容のところが多かったです。しかしMJがドル円のスプレッドを驚愕の1pipsに設定したことから、スプレッドを狭くするFX業者が次から次へと現れてきました。どんどんスプレッドが狭くなり、限界を超えるようなスプレッドを提供する業者が次々に現れたので ”スプレッド競争” とも呼ばれています。その結果、以前は5pipsが当然だったドル円のスプレッドも1pipsが普通のこととなり、その数値が小数点を示すところもどんどん登場しました。そう、今の時代ではスプレッドは1pipsですら広いほうであり、小数点の業者が存在しているのです。

【ドル円のスプレッドが小数点の業者】
最近ではスプレッド競争も限界点にさしかかっているのか、驚愕のスプレッドを出す業者はほとんどなくなりました。その結果、ドル円のスプレッドが小数点の業者がいくつか出てきました。その業者というのが、スプレッド0.3銭原則固定のGMOクリック証券、0.5pips~のDMMFX、0.5pipsのFXトレーディングシステムズ(FXTS)、になります。スプレッドが1pipsの業者には外為オンラインなど多くの業者がいるのですが、もはや1pipsは当たり前の状態なので誰も注目しなくなりました。よってこの4業者が一番スプレッドが狭いFX業者となるでしょう。

一番コストが安いのがGMOクリック証券になる

実質コストが一番安いのがGMOクリック証券
他にもきちんと約定して評判もいいDMMFX
FXトレーディングシステムズ(FXTS)など望ましい

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved