USDHKDはアメリカと香港のドルペッグ制で為替変動が少ない通貨ペア

USDHKDとは

HKD(香港ドル)はUSD(アメリカドル)とペッグ制をしています。これはHKDの価格をUSDに連動させるものです。したがってUSDが上がればHKDも上がり、下がれば一緒に下がります。このため為替変動リスクが少なく米国と香港の金利差(スワップ)を安定して受け取れるためFX投資家には人気の通貨ペアになってます。以前は完全な固定相場だったのですが、いくらかの変動が認められるようになり 1USD = 7.75~7.8HKD の範囲で変動することが認められています。

HKD(香港ドル)について

【HKDとは】
HKDとは香港および、マカオで使われている通貨:香港ドルです。FX投資家の間ではドルペッグ制を取っていることで有名な通貨です。

香港の国旗            香港の地理情報

【米国の影響を受ける】
香港は中国の一部ですが、1997年までのイギリス領の関係がいまだにのこってます。ドルペッグ制もそのためで中国の影響よりも米国の影響をモロに受けます。そうですよね、ドルペッグ制なのですから。

【元の切り上げ】
米国の影響を受けることが大きいのですが、もちろん中国の影響を受けることがあります。特に流動性が低くなかなか取引できない人民元の代わりに買われることがあります。人民元を切り上げるとHKDを切り上げる可能性が大きいからです。

香港の金利

USDHKDの変動率

USDHKDの変動チャート

【変動率0.5%以下】
上の画像で分かると思いますが、USDHKDは 1USD = 7.75~7.8HKD の範囲で変動することがチャートからもわかります。その変動幅0.05HKDというのはUSDHKD7.8000ポイントのわずか0.5%にすぎません。ペッグ制だから当たり前なのですが、これほど変動率が少ないということはそれだけ高いレバレッジを掛けられる投資方法も有効であるということです。

【ロスカットラインが7.75なら安全】
USDHKDの1万通貨のスワップは決して多くはありません。USDの金利にもよりますが、1万通貨に対しておおむね20~50円ぐらいです。ですので1万通貨だとスワップがかなり少ない分多くのポジションをとらないとスワップのうまみを享受することは難しいでしょう。ここで高レバレッジによる多数のポジションを取る戦略が生きてきます。本来は高レバレッジで多数のポジションを取るなど自殺行為に等しいのですが、USDHKDにいたっては少し状況が異なります。なにしろ変動幅が決められているのですから理論上7.7500ポイントでロスカットされないように調整すればいくらポジションを増やしてもOKということになります。

【ペッグ制廃止が最大のリスク】
ですが、HKDがドルペッグ制を止めるというリスクもわずかながら存在します。もしもペッグ制が廃止されれば人民元切り上げのように一気に相場は下がることが予想されます。今のところペッグ制を止める理由はほぼ皆無のためこの戦略は有効ですが、リスクがあるということも十分考えておかなければいけません。どれだけポジションを取るかは各自の基準で決めてください。くれぐれも自己責任で。

USDHKD取引に適した業者

USDHKDが取引できるのは主にSAXO、GFT系業者、FXOnlineJapan、アトランティックトレード、ヒロセ通商(FX2、LIONFX)があります。レバレッジはSAXO業者が50倍、GFT系業者とアトランティックトレードが100倍になりFXOnlineJapan、ヒロセ通商(FX2、LIONFX)が200倍になります。またその他の条件では、ヒロセ通商(FX2、LIONFX)では1,000通貨単位で取引できます。SAXO業者では5万通貨以下ではミニマムチャージが発生し、GFT系業者ではおおむねスワップが低く設定されています。

USDHKDの高レバレッジに戦略には高いレバレッジと高いスワップが条件になりますが、ポジションも多くなるため1,000通貨単位のメリットはなく寧ろSAXO業者でミニマムチャージがかからないぐらいの取引をしたほうがいいでしょう。やはり高いレバレッジをかけることができる、ヒロセ通商(FX2)かFXOnlineJapanが適しているのではないかと判断できます。特にヒロセ通商はFX2、LIONFXともにスワップが高いですからね。ですが高レバレッジ取引にはくれぐれも慎重に行ってください。

USDHKD取引に適した業者比較
業者名 レバレッジ 取引単位 スワップ
SAXO系業者 50倍 50,000 18.1JPY
GFT系業者 100倍 10,000 6.9JPY
FXOnlineJapan 200倍 10,000 9.8JPY
アトランティックトレード 100倍 10,000 14.0JPY
ヒロセ通商(FX2) 一律5,000(約200倍) 10,000 13.0JPY
ヒロセ通商(LIONFX) 一律1,000円(約100倍) 1,000 14.0JPY

GFT業者AFTのUSDHKDのスワップ   FXOnlineJapanのUSDHKDのスワップ

SAXO業者のUSDHKDのスワップ LIONFXのUSDHKDのスワップ

アトランティックトレードのUSDHKDのスワップ     Hirose-FX2のUSDHKDのスワップ

計測日によってスワップの数値は結構変化するのであまり参考にはならないかもしれません。しかしSAXO業者がスワップが高く、GFT業者が低いというのは常時のようです。

>> アトランティック・F・Cの口座開設はここから <<

>>> FX Online Japan の口座開設はこちら <<

>> HIROSE-FX2の口座開設はコチラから <<

同ジャンルのリンク

相関係数でリスクヘッジ

リスクヘッジができるFXオプション取引

為替変動が少ないUSDHKD

ドルペッグ切り上げ前に中東通貨を買うべき?

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved