長期投資する場合は相関係数でリスクヘッジすべし

相関係数とは

為替通貨における相関係数とは、ある期間におけるふたつの通貨ペアの関係の強さを数値にしたものです。同じような動きをしやすい通貨ペアのことを相関があるといい、互いに全く逆の動きをする通貨ペアを逆の相関、つまり逆相関の関係にあるといいます。

数値の範囲は-1.0 ~ 1.0で、1.0に近いほど相関性が強く、0の時には無相関(=全く関係性がない)となります。数値がマイナスのときは逆相関となり、-1.0に近いほどく逆相関が強いことを示します。つまり相関係数とは、1に近いほどそっくりな動き。0に近いほど全く関係のない動き。-1に近いほど、そっくり反対の動きということになります。

相関係数 :  1.0  → 完全に同じ動き
相関係数 :  0.8  → ほとんど同じ動き
相関係数 :  0.5  → 同じ動きが多い
相関係数 :  0.2  → 同じ動きが少しある
相関係数 :  0.0  → 全く関係なし
相関係数 : -0.2  → 反対の動きが少しある
相関係数 : -0.5  → 反対の動きが多い
相関係数 : -0.8  → ほとんど反対の動き
相関係数 : -1.0  → 完全に反対の動き

リスクヘッジには主に逆相関の関係にある通貨ペアを選びます。これはリスク分散の基本、「株」 と 「債券」 の関係のように互いに全く逆の動きをするものをもつことで合計の損が軽減されることを目的にしているためですから当然ですね。

リスクヘッジとは

意外と知っているようで知らない「リスクヘッジ」の意味。その意味は文章から簡単に推測できるようにリスクを回避したり低減する工夫をすることになります。よく略をして「ヘッジする」とも言われます。結局これは、リスク分散をすることという捉え方でおおむねいいでしょう。

今回は相関係数でヘッジをします。逆相関の通貨ペアを組み合わせれば、リターンも小さくなりますがリスクも小さくなり、結果的に大損する可能性が少なくなりますね。このように逆相関の通貨ペアを選ぶことでリスク分散をして、安心してスワップを受け取れるような通貨ペアの組み合わせを見つけることが目的ですね。

相関係数から通貨ペア候補を探す

では、実際に相関係数から逆相関になりやすい通貨ペアを探してみましょう。下の図は2007年度の主要通貨ペアの相関を表した図になります。

AUD/JPY EUR/GBP EUR/JPY EUR/USD GBP/CHF NZD/JPY USD/CAD USD/CHF USD/JPY ZAR/JPY
AUD/JPY 1.00 0.26 0.97 0.52 0.39 0.90 -0.68 -0.24 0.25 0.74
EUR/GBP 0.26 1.00 0.35 0.90 -0.74 -0.04 -0.75 -0.91 -0.76 -0.14
EUR/JPY 0.97 0.35 1.00 0.58 0.30 0.88 -0.69 -0.31 0.21 0.73
EUR/USD 0.52 0.90 0.58 1.00 -0.48 0.20 -0.91 -0.94 -0.68 0.08
GBP/CHF 0.39 -0.74 0.30 -0.48 1.00 0.56 0.20 0.70 0.84 0.54
NZD/JPY 0.90 -0.04 0.88 0.20 0.56 1.00 -0.35 0.07 0.56 0.78
USD/CAD -0.68 -0.75 -0.69 -0.91 0.20 -0.35 1.00 0.77 0.48 -0.22
USD/CHF -0.24 -0.91 -0.31 -0.94 0.70 0.07 0.77 1.00 0.85 0.14
USD/JPY 0.25 -0.76 0.21 -0.68 0.84 0.56 0.48 0.85 1.00 0.56
ZAR/JPY 0.74 -0.14 0.73 0.08 0.54 0.78 -0.22 0.14 0.56 1.00

紫っぽい色は相関が0.90以上を示しています。これは相関がとてもあり、ほとんど同じような動きをしているということになります。例えば、AUDJPYとEURJPY、AUDJPYとNZDJPYなどクロス円ペアに多いことがわかります。ということはクロス円同士で組み合わせると相関が高く同時に損しやすいことがわかります。

同じように水色の所は相関が0.70近くあり、ここもかなりの相関があるのでできるだけ組み合わせたくないペアですね。

そして逆に赤色のところは相関係数が-0.9程度、つまり相当逆相関になっているペアです。このようなペアの組み合わせがリスクヘッジになりますね。主に、EURUSDとUSDCHF,USDCADなどがあります。

同じように黄色のところは相関係数が-0.70近くあり、ここも逆相関になりやすいことになります。主にAUDJPYとUSDCAD、USDJPYとEURGBPが逆相関が強く、組み合わせに向いているといえます。

【計測結果】
クロス円ペア同士のペアは相関が強く、リスク分散に向かない。しかしUSDJPYだけは他のペアより相関が低いためクロス円同士ではUSDJPYとペアを組むことである程度のリスク分散になる。また同じ欧州同士のEURGBP、同じ北米同士のUSDCADはクロス円ペアに対して逆相関が強いため組み合わせに有効。

【ZARJPYにはどこがいいか?】
高金利通貨としてかなりの人が投資しているZARJPYには目立った逆相関のペアがありません。その場合はできるだけ相関の低いものを選びましょう。この場合はEURGBPやUSDCADになりますね。たとえ逆相関でなくとも無相関に近いものなら同時に損する確率は低くなります。同じクロス円ペアは相関が高く、同時に損することが多いので沢山もつのは注意しなければいけません。

【計測期間で変わってくる】
今回は2007年一年だけで計測したものですが、相関係数というのは計測期間で数値も変わってくるものです。10年分の相関係数を計測すれば数値も変わるものですし、今回の2007年だけたまたま逆相関があっただけという可能性もあるのです。相関係数によるリスクヘッジは有効な手段ですが、万能ではないことも頭に入れておいてください。

相関係数の本来の出し方

このリスクヘッジに便利な相関係数、さてどうやって計算するのかというと・・・

まず相関を調べたい通貨ペアの数値を出します。仮にUSDJPYとZARJPYなら、USDJPY=x、ZARJPY=y、計測期間をnとして日足の終値ごとの数値を(x1,y1,),(x2,y2),(x3,y3)・・・(xn,yn)まで用意します。

計測期間n日分の通貨ペアの相関係数は以下の式で値を返します。

相関係数の計算の仕方

このような計算式で相関係数は出せるのですが、正直言って相当めんどくさいし、理解するのもめんどくさいですね。確かに計算自体は高校数学レベルなのですが、こんな計算の仕方など理系の私ですら忘れてしまいました。詳しい解説サイトが関西大学の数学関係サイトにありますのでそちらもご覧になってください。しかしそもそも分かっていても計算がめんどくさいですね。ならコンピュータに計算してもらいましょう。難しい計算と見られますが、実はEXCELで簡単に値が出せるのです。

相関係数はエクセルで簡単に出せます!

【EXCELで一発!】
さて、複雑な計算式が必要な相関係数ですがEXCELを使えば簡単に計算できます。それは相関を調べる2つの通貨ペアAと通貨ペアBの数値を入力した後EXCELの関数CORREL(A始点:A終点 , B始点:B終点)と計算すればいいだけです。とっても簡単ですね。CORRELとは ”correlation” の略称で、意味は相関のことです。(そのまんま)

【データはここから】
各通貨ペアの数値はOANDAのFXHISTORYから取ってきましょう。このサイトはほとんどのペアの数値が出せるようになっています。ページに行ったら Starting Date で計測する期間を指定し、2つある Currency Code に通貨ペアを入力します。例えばUSDJPYなら左に ”USD" 、右に ”JPY" と入力します。最後に 「Get Table」 ボタンを押せば期間中の通貨ペアの終値がズラ~~~と出されます。

データはこのサイトから取れる

EXCELでの計算の仕方

相関係数をエクセルで出す方法

相関係数が分かる外部サイト

相関係数はEXCELで計算してもらえるので、データさえ集めれば簡単に計測できます。しかし、自分が出した数値に自信が無かったり、EXCELを扱うのも面倒と言う方は下記のサイトで相関係数を見ることができます。
相関係数でリスクヘッジするには相関ができるだけ-1に近いものを選ぶものですから、知りたいデータがあればいちいち自分で求める必要はなくなりますね。しかし、このようなサイトではメジャーな通貨同士のものしか無かったり、期間が固定されていて昔のデータが無かったりします。特にTRYやZARといった高金利マイナー通貨と相性が知りたいときにはやはり自分で求めるしかないのかもしれません。

FX通貨ペア 相関係数グラフ 
このサイトは相関がわかるようにグラフ表示してくれます。
期間は1年単位で5年までしかできないのがおしいです。

NTTスマートトレードの相関係数一覧
NTTスマートトレードのサイトの相関係数の一覧です。期間は過去200日限定でNTTスマートトレードは取り扱っている通貨ペアが少ないので相関係数も少なくメジャー通貨同士しかないのでいまひとつですね。

セントラル短資FXの相関係数一覧
上記のNTTのようにセントラル短資FXで扱っているペアの相関係数を表しているページです。やはり通貨ペアが少ないのであまり参考にはならないかもしれません。

FX(外国為替証拠金取引)サイトマップ

<入門編>祝入門♪FXのことをよく知ろう
FXとはなんぞや? 外国為替証拠金取引とはなんぞや?
FXで世界へ投資できるの? 日本の政治家に頼るのは無意味
FXって1万円からできるって言うけど? 高金利をもらえるってどういうこと?
FXって危険な取引じゃないの? FXってどうして円高でも儲かるの?
FXってライブドア株のように取引停止にならない?  
FX初心者のFX始め方手順
1 .初心者はセントラル短資FXに口座を開こう 口座開設キャンペーンで投資資金を作ろう 
2. 勝ち組になるため複数の口座を使い分けよう FXの本もキャンペーンでもらうことができる
3. 方法が確立するまで誰かのマネをすべし FX会社が現在やっているキャンペーンの詳細
4. 初心者がやっちゃいけないことを熟知せよ  
5. 投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
<初心者編>基礎を制するものがFXを制する!
円安と円高を理解していますか? レバレッジとは何か
毎日給料日になるスワップ金利とは ハイリターン・ローリスクにしてくれるロスカットとは
FXは24時間できてサラリーマンも問題なし FXはとても公平な取引である
FXのスプレッドとは何か 売買利益・スワップ金利でFXは2度おいしい
安全な管理方法:信託保全とは 危険な管理方法:分別管理とは
税制優遇:東証のくりっく365とは 税制優遇:大証の大証FXとは
FXの注文方法
成行(成り行き) 指値(リミット)
逆指値(ストップ) IFD注文
OCO注文 IFO注文
トレール注文 自動売買(システムトレード)
リピート・イフダン注文 トラップ・リピート・イフダン注文
絶対にすべらないギャランティーストップ注文  
<中級者編>FXで稼ぐために必要な知識
リスクを熟知する者がFXの勝ち組
リスクの意味を正しく理解する 為替変動リスク
ロスカットリスク 金利変動リスク
レバレッジリスク 流動性リスク
システムリスク カントリーリスク
FX会社の信用リスク FXにはリスク分散が欠かせない
FXのファンダメンタル分析関連
ファンダメンタル分析とは どんな経済指標に注意すべきか
経済指標:非農業部門雇用者数(雇用統計) 経済指標:政策金利発表
経済指標:失業率(雇用統計) 経済指標:GDP
経済指標:貿易収支 経済指標:消費者物価指数(CPI)
経済指標:小売売上高 経済指標:ISM製造業景況指数
経済指標:住宅着工件数 経済指標:新規失業保険申請件数
注目発言:要人の発言 中央銀行:日銀の介入
FXのテクニカル分析関連
テクニカル分析とは テクニカル指標:基本のローソク足
テクニカル指標:トレンドライン テクニカル指標:サポートとレジスタンス
テクニカル指標:レンジ相場とチャンネル テクニカル指標:移動平均線(MA)
テクニカル指標:RSI テクニカル指標:ストキャスティクス
テクニカル指標:フィボナッチ テクニカル指標:ボリンジャーバンド
テクニカル指標:パラボリック テクニカル指標:MACD
テクニカル指標:一目均衡表(雲) テクニカル指標:ピボット
テクニカル指標:RCI  便利!  
重要パターン:ダブルトップ/ダブルボトム 重要パターン:三尊(ヘッドアンドショルダー)
重要パターン:三角持ち合い(トライアングル) 重要パターン:ギャップ(窓)
<上級者編>知る人ぞ知る勝つための情報
基本であるトレンドラインでの反発を狙う サポート・レジスタンスのブレイクを狙おう
ブレイクされたサポートラインは逆のレジスタンスになる 窓を開けた時の窓埋めを狙った取引
相関係数でリスクヘッジをしてリスクを減らす FXオプション取引でハイリターン・ローリスクにする
為替変動が少ないUSDHKDを長期投資 ドルペッグ切り上げ前に中東通貨を買うべき?
欧州の固定相場EURDKKを長期投資 逆指値のOCO注文で重要指標の急変を狙う
スイス中銀の介入で膠着するEURCHF取引 バルスの呪い?奇妙な 「ジブリの法則」
スイス中銀の手のひら返しによるEURCHFの決壊  
FX業者が搭載するシステムについて
FX業者が使っているシステムには同じものがある
海外 : SAXO 海外 : GFT
海外 : IFX(ActForex) 海外 : CMS
海外 : FXCM 海外 : MetaTrader
海外 : GAIN 海外 : IGグループ(PureDeal)
国内 : スリーエイ・システム 国内 : FXプラットフォーム
国内 : フラクタルシステム 国内 : SimplexTechnology
国内 : 外為どっとコム 国内 : セントラル短資FX
国内 : FXプライム byGMO 国内 : I&AS(外為オンライン)
国内 : GMOクリック証券 国内 : EMCOM(旧FONOX)
FX会社分析 (淘汰の時代を生き残った勝ち組はどこか?)

FX会社一覧(淘汰によりガンガン減少中)
(この表とそっくりな図を掲載しているサイトがあります。パクリは嫌ですね)
★ = 評価点:5段階評価
自動売買FX業者 (システムトレードができるところ)
★×5 インヴァスト証券(シストレ)  
★×4 マネースクウェアジャパン(トラリピ) マネースクウェアジャパンのトラリピ紹介ページ
  トラリピはあのトランプショックでも成功していた
★×4 セントラル短資FX(ミラートレーダー)  
★×3 アイネット証券(ループイフダン)  
★×1 ひまわり証券(エコトレFX)  
長期投資FX業者 (安全性が高く、スワップ金利が高い)
★×5 セントラル短資FX 短資会社の信頼、人民元やトルコ取引
★×5 ライブスター証券 業界最高水準のスワップ
★×2 上田ハーローFX  
老舗FX業者 (歴史あるが新サービスに乏しい)
★×4 FXプライム byGMO  
★×3 外為どっとコム  
短期売買向けFX業者 (低コストで使いやすい)
人気のデイトレード向き業者
★×5 ヒロセ通商
2013年、2014年、2015年の
オリコン顧客満足度FX部門第1位
★×5 外為オンライン
大島優子PR、2008年取引高No.1
外為オンラインの口座開設手順とその心構え
外為オンラインの情報収集方法
外為オンラインなら初心者でも安心のサポート体制
外為オンラインのトレード方法「デモトレード」
外為オンラインのサービスを紹介
外為オンラインのiサイクルの魅力
★×5 GMOクリック証券 2015年年間取引高世界No.1
★×4 DMMFX 国内人気No.1業者!50万口座突破
★×4 マネーパートナーズ 8年連続約定力No.1業者
低スプレッドで取引に有利
★×5 SBIFXトレード 1通貨から取引できるSBI資本
★×4 FXブロードネット 低スプレッド、自動売買ツールあり
★×4 YJFX! CNEXの大量トレード、
バイナリーオプションもできる業者
★×5 FXTF:バイトレ ★×5 IG証券
★×4 GMOクリック証券:外為オプション ★×4 YJFX!:オプトレ
キャンペーンで食料もらえます
★×5 ヒロセ通商 2014年のオリコン顧客満足度FX部門第1位はヒロセ通商
★×3 JFX  
スイス銀行グループ
★×4 デューカスコピージャパン  
デンマークSAXOBANKシステム導入
★×3 サクソバンク証券(SAXOBANK)  
大人気チャートソフトMT4を使える
★×5 FXTF:FXトレード・フィナンシャル  
★×5 フォレックスドットコム(Forex.com)  
他の業者とは違う独自サービスを行う業者
>> バイナリーオプション専門カテゴリへ
★×5 IG証券 IG証券だけの商品:バイナリーオプション
※ バイナリーオプションの戦略について IG証券だけの商品:6,500以上のCFD銘柄
証券会社のFXサービスで使える所
★×3 楽天証券(楽天FX)  
世界各国の通貨をよく知るべし
通貨記号一覧 (世界は広い・・・)
USD:アメリカドル(米ドル) USD(アメリカドル)は世界の基軸通貨 EUR:ユーロ EUR(ユーロ)はEU:欧州連合単一通貨
GBP:イギリスポンド GBP(イギリスポンド)は上級者専用通貨 AUD:豪ドル、オーストラリアドル AUD(豪ドル)は優秀な高金利通貨
NZD:ニュージーランドドル、キウイドル NZD(キウイドル)は流動性悪い高金利通貨 CAD:カナダドル、加ドル CAD(カナダドル)は安定優等生通貨
CHF:スイスフラン CHF(スイスフラン)は世界一の信用通貨 JPY:日本円 JPY(日本円)は魅力なきわが国の通貨
ZAR:高金利通貨の南アフリカランド ZAR(南アフリカランド)は高金利通貨 TRY:高金利通貨の新トルコリラ TRY(トルコリラ)は超高金利通貨
ISK だけじゃない!NOK、SEK、DKK などの北欧通貨
NOK:ノルウェークローネ NOK(ノルウェークローネ) SEK:スウェーデンクローナ SEK(スウェーデンクローナ)
DKK:デンマーククローネ DKK(デンマーククローネ) ISK:アイスランドクローナ ISK(アイスランドクローナ)15%の高金利
CZK、PLN、HUF、RUB、バルカン半島、バルト三国 などの東欧通貨
CZK:チェココルナ CZK(チェココルナ) PLN:高金利通貨のポーランドズロチ PLN(ポーランドズロチ)
HUF:高金利のハンガリーフォリント HUF(ハンガリーフォリント) RUB:ロシアルーブル RUB(ロシアルーブル)
エストニア ラトビア リトアニア バルト三国(EEK、LVL、LTL) ルーマニア ブルガリア ルーマニアとブルガリア(RON、BGN)
KRW、HKD、CNY、SGD、THB などのアジア諸国の通貨
韓国:ウォン KRW(韓国ウォン) 香港:香港ドル HKD(香港ドル)
CNY:中華人民共和国の人民元 CNY(人民元) SGD:シンガポールドル SGD(シンガポールドル)
THB:タイ王国のバーツ THB(タイバーツ)  
FXのQ&A
FX業者選びに関する質問
初心者なのでどこを選べばいいかわかりません 未成年はFXをやることできますか?
貧乏なので一番少ない金額でできるところは? サーバーが強いFX業者ってどこ?
悪い評判がない人気のいい業者ってどこなの? トラブルが多い危ない業者ってどこ?
安心してお金を預けられる信頼できる業者は? 結局どんな業者をもっていれば万全なの?
一番コストのかからない業者ってどこ?  
FXの取引に関する質問
外貨預金とFXってどっちがお得? プロと個人投資家どっちが強い?
GBPのほうがNZDよりスワップ高くない? NZとトルコに分けたからリスク分散は万全?
外貨預金や外貨MMFとFXってどれがお得なの? キャンペーンって儲かるの?
いくつもFX口座を持つと大変じゃない? FXに使えるお金が無い人はモニターで稼いでみよう
FX業者の審査に落ちてしまうともうダメ? ドル円の歴史とその相場の推移
ぼったくりFX業者 (言語道断のサギ会社)
(論外) 大手証券がやっているFXがダメな理由 (論外) 横領・夜逃げ・犯罪をした悪質FX業者
(論外) 行政処分されたことがある危険なFX業者 (論外) 競争から脱落した負け組のFX業者
(論外) トレイダーズ証券の悪行サービス くりっく365の異常レートに対する傲慢な対応
(論外) 内藤証券の悪行サービス
撤退したFX会社
(撤退) FXZERO (FXゼロ) (論外) トレイダーズFX (TRADERS FX)
(撤退) EMCOMTRADE (吸収) フォレックストレード
(撤退) NTTスマートトレード (撤退) アトランティックトレード
(吸収) 外為ジャパン(旧MJ) (撤退) MF Global FXA 証券
(撤退) DMM.com証券 (撤退) kakakuFX
(撤退) FXCMジャパン証券(旧ODLJapan) (撤退) 121証券 (危険)
(撤退) トレイダース証券(NFXプロ)
(吸収) Alparijapan(デューカスに買収)
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!