ZAR (南アフリカランド) とは高金利通貨でありGold相場との相関性も強い

南アフリカ共和国の詳細データ
正式名称 南アフリカ共和国 (Republic of South Africa)
人口 4,740万人
面積 122万km2 (日本の約3倍)
首都 プレトリア
宗教 キリスト教、ヒンズー教、イスラム教
主要産業 農業、鉱業、食品、製鉄、化学、繊維、自動車
名目GDP 2,395億3,100万(2005年)
一人当たりのGDP 5,050USD(2005年)
実質GDP成長率 4.87%(2005年)
インフレ率 3.4%(2005年)・・・現在とんでもなく10%以上のインフレ
失業率 26.6%(2005年)・・・現在は30%以上

ZAR (南アフリカランド) の特徴

【ZARとは南アフリカで使われる通貨である】
ZARとは南アフリカといって、主にアフリカの南端に位置する南アフリカ共和国、スワジランド、レソトで使われる共通通貨です。ZARと表記されるのは Zuid-Afrikaanse Rand からきています。1961年、英連邦から脱退し共和制に移行し 「南アフリカ共和国」 が成立した時にこの通貨であるランドが誕生しました。最近は隣国であるジンバブエが兆の単位を超えるハイパーインフレに悩まされていることから、信用力のあるZARが裏で使われています。

南アフリカ共和国の国旗          南アフリカ共和国の地理

【人気の高金利通貨】
ZAR(南アフリカランド)は非常にマイナーな通貨でしたが、FXブームが起こる頃と同時に約10%という高金利が話題を呼んで、FX投資家の間で大人気となりました。南アフリカの政策金利は10%以上になり主要国に比べると圧倒的に高く、スワップ金利が非常高いということでスワップ投資家に特に人気です。それまで一番の高金利であったNZD(ニュージランドドル)から流れた人たちもかなりいます。セントラル短資FXFXプライム byGMOなどの長期投資のFX会社ではZAR投資のアンケートで ”買い” の割合が8~9割を占めるなど大人気です。そのためほとんどのFX業者がZARを取り扱っています。

【資源国通貨でもある】
ZAR(南アフリカランド)の魅力はなにも高金利だけではありません。ZAR(南アフリカランド)を発行している南アフリカ共和国は非常に鉱物資源に恵まれた国で、この資源が南アフリカ共和国の経済を支えています。そのためZARは資源を持っている国の通貨ということで資源国通貨としても知られています。特に21世紀になってからは中国・インドなどの需要が増加したために、世界中で資源価格が高騰し、南アフリカ共和国の追い風となっています。鉱物資源では金、ダイヤモンド、マンガン、クロム、白金が産出されており、特に金(GOLD)は世界一の生産量を誇っています。そのため金相場と密接な関係をもっています。

【潜在的な能力を秘めているVISTAの一角】
ポストBRICsといわれる新興国の成長株を称したVISTAの "S" が南アフリカ共和国を指しているように、南アフリカ共和国は将来を嘱望されている新興国の1つです。南アフリカ共和国はその豊富な資源を活用してかなりの経済成長を遂げてきました。2000年以後の経済成長は2~3%を達成しており、ムーディーズやS&Pが南アフリカのソブリン格付けを投資適格に格上げしていることから同国への投資も増大しています。その経済力と近隣諸国への影響力を認められて2010年にはサッカーW杯が開催されます。

ZAR (南アフリカランド) のリスク要因

【商品相場、特に金(GOLD)に影響をうける】
南アフリカ共和国は非常に鉱産物に恵まれた国でダイヤモンド、金、プラチナといった資源の埋蔵量がトップクラスです。しかしこういった資源に依存した経済状況となっているため、ZAR(南アフリカランド)は金をはじめとした商品価格の影響を受けることがあります。特に金やプラチナなどは産出量が世界一位であるためかなりの影響を受けています。特に最近は ”質への逃避” ということで金が話題となることが多くなり、必然的にZAR(南アフリカランド)に大きな影響を及ぼします。

【インフラがかなり未整備である】
南アフリカ共和国はアフリカの中でもトップクラスの経済大国となっていますが、インドと同じようにかなりインフラには未整備のところがのこっています。2008年には国家規模で大規模な電力不足が起こってしまい、大きなリスク要因となってしまいました。しかもその電力不足が数週間にわたって続いたことからも、南アフリカ共和国のインフラ水準が低いことを露呈してしまい、各国で南アフリカ共和国への信頼がゆらいでしまったのです。2010年のサッカーW杯の会場が未整備であることから、大きな不安要素になっています。

【マイナー通貨ゆえの流動性の少なさ】
南アフリカ共和国はアフリカの中ではトップクラスの経済大国ですが、世界的にみれば端っこの小さな国にすぎません。そのためZARはマイナー通貨とされており、流動性はよいものではありません。ZARのスプレッドがかなり広くなっているのも、流動性が悪くて調達コストがかかってしまうからです。それゆえ、一旦下落すると商いが薄いことで一気に暴落します。その暴落率は他の高金利通貨であるNZDやTRYよりも圧倒的に大きいものです。サブプライムローン時にはたった1日で10%も暴落しました。先進国の通貨で10%も変動することを考えれば、ZARのリスクの高さがわかるでしょう。

【金利動向が予想どおりにならない】
ZAR(南アフリカランド)の魅力はもちろん10%のもなる高金利です。そのため南アフリカ中銀の政策金利発表には大きな注目が集まります。しかも南アフリカの金利発表は事前の市場予想をよく裏切ることでも有名であり、予想もしなかった結果が出ることがかなりあります。利上げを予想していたのが利下げだったり、据え置きを予想していたのが2%もの利上げだったり、夜発表するのが急遽昼に発表されたりと予想外です。先進国ではこれほど予想が外れることはないのですが、そこが新興国のリスクということです。そのため予想外の金利発表が相場に大きな影響を与えます。

ZAR (南アフリカランド) の政策金利

南アフリカ共和国の政策金利動向

ZAR(南アフリカランド)の政策金利は諸外国よりもかなり高めに設定されています。これは南アフリカも新興国共通の悩みであるインフレが起こっており、そのインフレが10~20%にもなるために高金利政策で抑制しようとしているのです。トルコほどの悪性のインフレではないですが、近頃はまたインフレ見通しが著しく悪化しているとして段階的に政策金利を引き上げています。2008年の金融危機においては高金利国であるニュージーランドが5%、トルコが10%以上もの大幅な金利引き下げを行いましたが、南アフリカは一番金利引下げが一番小さかった国であり3%ほどにとどめていました。そのため今後も高金利の状態が続くでしょうが、それは高いインフレが国内で続いていることの裏返しでもあります。

ZAR (南アフリカランド) の投資情報

【南アフリカランドの相場情報:暴落幅が大きい】
高金利通貨というのはその性質上、低金利の通貨を借りて高金利通貨を買うというキャリー・トレードがされやすい傾向があります。それは投資資金が順調に入ってくる反面、リスクが明確化すると一気に資金が引き上げられて暴落しやすい性質に帰結します。その例に漏れず、南アフリカランドも暴落しやすい通貨です。下図は2000年からの15年間のZARJPYの相場チャートを示したものです。他の通貨と比較して数値が小さいのは1通貨の価値が小さいからです。リーマン・ショック時では19.75から7.71まで暴落しましたが、これは実に60%下がったことになり、ドル円で言えば100円が40円になるようなものです。すさまじい下落であったことがわかります。

【南アフリカランドはトルコリラより下がりやすい?】
実は南アフリカランドは暴落幅が大きく、オーストラリアドルやニュージーランドドルはおろか、より高金利でリスク要因もあるトルコリラよりも暴落しているのです。単純にマネースクウェアジャパンのトラリピでスワップをもらいながら耐え続けたとしても、レバレッジ2倍では耐えきれるものではありません。ほとんどレバレッジ1~1.5倍くらいでの運用でしか現実的でなく、南アフリカランドはレバレッジをかけての長期投資にはあまり向いてません。南アフリカランドよりトルコリラへの投資がまだよいと言えるかもしれません。もちろんどちらもエマージング通貨というリスクが高い通貨であり、豪ドルやNZドルよりはるかにハイリスク投資であることを十分理解してから投資しなければなりません。

【専用投資情報を配布するFX業者がない】
南アフリカランドは上記のようにリスクが高く暴落しやすい通貨です。2000年代後半からいろいろなFX業者が高金利通貨として謳って南アフリカランドを導入してきましたが、それから大きな下落が続き、南アフリカランドに投資している人はあまりよい成績を出せていません。それが影響しているのか、それともアフリカの南端という遠さで情報が入りにくいのかはわかりませんが、専用の投資情報を配信しているFX業者がありません。南アフリカランドを取り扱っているFX業者は数多いですが、高金利であればより金利の高いトルコを押したり、リスクが高いためあまり薦められないのもあって、情報サービスが少なく投資を見極めることが難しいのです。

ZAR (南アフリカランド) の祝祭日
1月1日 元旦
3月21日 人権の日
4月9日 グッドフライデー
4月12日 家族の日
4月27日 憲法記念日
5月1日 メーデー
6月16日 青年の日
8月9日 婦人の日
9月24日 文化遺産記念日
12月16日 和解の日
12月25日 クリスマス
12月26日 親善の日

FX(外国為替証拠金取引)サイトマップ

<入門編>祝入門♪FXのことをよく知ろう
FXとはなんぞや? 外国為替証拠金取引とはなんぞや?
FXで世界へ投資できるの? 日本の政治家に頼るのは無意味
FXって1万円からできるって言うけど? 高金利をもらえるってどういうこと?
FXって危険な取引じゃないの? FXってどうして円高でも儲かるの?
FXってライブドア株のように取引停止にならない?  
FX初心者のFX始め方手順
1 .初心者はセントラル短資FXに口座を開こう 口座開設キャンペーンで投資資金を作ろう 
2. 勝ち組になるため複数の口座を使い分けよう FXの本もキャンペーンでもらうことができる
3. 方法が確立するまで誰かのマネをすべし FX会社が現在やっているキャンペーンの詳細
4. 初心者がやっちゃいけないことを熟知せよ  
5. 投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
<初心者編>基礎を制するものがFXを制する!
円安と円高を理解していますか? レバレッジとは何か
毎日給料日になるスワップ金利とは ハイリターン・ローリスクにしてくれるロスカットとは
FXは24時間できてサラリーマンも問題なし FXはとても公平な取引である
FXのスプレッドとは何か 売買利益・スワップ金利でFXは2度おいしい
安全な管理方法:信託保全とは 危険な管理方法:分別管理とは
税制優遇:東証のくりっく365とは 税制優遇:大証の大証FXとは
FXの注文方法
成行(成り行き) 指値(リミット)
逆指値(ストップ) IFD注文
OCO注文 IFO注文
トレール注文 自動売買(システムトレード)
リピート・イフダン注文 トラップ・リピート・イフダン注文
絶対にすべらないギャランティーストップ注文  
<中級者編>FXで稼ぐために必要な知識
リスクを熟知する者がFXの勝ち組
リスクの意味を正しく理解する 為替変動リスク
ロスカットリスク 金利変動リスク
レバレッジリスク 流動性リスク
システムリスク カントリーリスク
FX会社の信用リスク FXにはリスク分散が欠かせない
FXのファンダメンタル分析関連
ファンダメンタル分析とは どんな経済指標に注意すべきか
経済指標:非農業部門雇用者数(雇用統計) 経済指標:政策金利発表
経済指標:失業率(雇用統計) 経済指標:GDP
経済指標:貿易収支 経済指標:消費者物価指数(CPI)
経済指標:小売売上高 経済指標:ISM製造業景況指数
経済指標:住宅着工件数 経済指標:新規失業保険申請件数
注目発言:要人の発言 中央銀行:日銀の介入
FXのテクニカル分析関連
テクニカル分析とは テクニカル指標:基本のローソク足
テクニカル指標:トレンドライン テクニカル指標:サポートとレジスタンス
テクニカル指標:レンジ相場とチャンネル テクニカル指標:移動平均線(MA)
テクニカル指標:RSI テクニカル指標:ストキャスティクス
テクニカル指標:フィボナッチ テクニカル指標:ボリンジャーバンド
テクニカル指標:パラボリック テクニカル指標:MACD
テクニカル指標:一目均衡表(雲) テクニカル指標:ピボット
重要パターン:ダブルトップ/ダブルボトム 重要パターン:三尊(ヘッドアンドショルダー)
重要パターン:三角持ち合い(トライアングル) 重要パターン:ギャップ(窓)
<上級者編>知る人ぞ知る勝つための情報
基本であるトレンドラインでの反発を狙う サポート・レジスタンスのブレイクを狙おう
ブレイクされたサポートラインは逆のレジスタンスになる 窓を開けた時の窓埋めを狙った取引
相関係数でリスクヘッジをしてリスクを減らす FXオプション取引でハイリターン・ローリスクにする
為替変動が少ないUSDHKDを長期投資 ドルペッグ切り上げ前に中東通貨を買うべき?
欧州の固定相場EURDKKを長期投資 逆指値のOCO注文で重要指標の急変を狙う
スイス中銀の介入で膠着するEURCHF取引 バルスの呪い?奇妙な 「ジブリの法則」
スイス中銀の手のひら返しによるEURCHFの決壊  
FX業者が搭載するシステムについて
FX業者が使っているシステムには同じものがある
海外 : SAXO 海外 : GFT
海外 : IFX(ActForex) 海外 : CMS
海外 : FXCM 海外 : MetaTrader
海外 : GAIN 海外 : IGグループ(PureDeal)
国内 : スリーエイ・システム 国内 : FXプラットフォーム
国内 : フラクタルシステム 国内 : SimplexTechnology
国内 : 外為どっとコム 国内 : セントラル短資FX
国内 : FXプライム byGMO 国内 : I&AS(外為オンライン)
国内 : GMOクリック証券 国内 : EMCOM(旧FONOX)
FX会社分析 (淘汰の時代を生き残った勝ち組はどこか?)

FX会社一覧(淘汰によりガンガン減少中)
(この表とそっくりな図を掲載しているサイトがあります。パクリは嫌ですね)
★ = 評価点:5段階評価
自動売買FX業者 (システムトレードができるところ)
★×5 インヴァスト証券(シストレ)  
★×4 マネースクウェアジャパン(トラリピ) マネースクウェアジャパンのトラリピ紹介ページ
  トラリピはあのトランプショックでも成功していた
★×4 セントラル短資FX(ミラートレーダー)  
★×3 アイネット証券(ループイフダン)  
★×1 ひまわり証券(エコトレFX)  
長期投資FX業者 (安全性が高く、スワップ金利が高い)
★×5 セントラル短資FX 短資会社の信頼、人民元やトルコ取引
★×5 ライブスター証券 業界最高水準のスワップ
★×2 上田ハーローFX  
老舗FX業者 (歴史あるが新サービスに乏しい)
★×4 FXプライム byGMO  
★×3 外為どっとコム  
短期売買向けFX業者 (低コストで使いやすい)
人気のデイトレード向き業者
★×5 ヒロセ通商
2013年、2014年、2015年の
オリコン顧客満足度FX部門第1位
★×5 外為オンライン
大島優子PR、2008年取引高No.1
外為オンラインの口座開設手順とその心構え
★×5 GMOクリック証券 2015年年間取引高世界No.1
★×4 DMMFX 国内人気No.1業者!50万口座突破
★×4 マネーパートナーズ 8年連続約定力No.1業者
低スプレッドで取引に有利
★×5 SBIFXトレード 1通貨から取引できるSBI資本
★×4 FXブロードネット 低スプレッド、自動売買ツールあり
★×4 YJFX! CNEXの大量トレード、
バイナリーオプションもできる業者
★×5 FXTF:バイトレ ★×5 IG証券
★×4 GMOクリック証券:外為オプション ★×4 YJFX!:オプトレ
キャンペーンで食料もらえます
★×5 ヒロセ通商 2014年のオリコン顧客満足度FX部門第1位はヒロセ通商
★×3 JFX  
スイス銀行グループ
★×4 デューカスコピージャパン  
デンマークSAXOBANKシステム導入
★×3 サクソバンク証券(SAXOBANK)  
大人気チャートソフトMT4を使える
★×5 FXTF:FXトレード・フィナンシャル  
★×5 フォレックスドットコム(Forex.com)  
他の業者とは違う独自サービスを行う業者
>> バイナリーオプション専門カテゴリへ
★×5 IG証券 IG証券だけの商品:バイナリーオプション
※ バイナリーオプションの戦略について IG証券だけの商品:6,500以上のCFD銘柄
証券会社のFXサービスで使える所
★×3 楽天証券(楽天FX)  
世界各国の通貨をよく知るべし
通貨記号一覧 (世界は広い・・・)
USD:アメリカドル(米ドル) USD(アメリカドル)は世界の基軸通貨 EUR:ユーロ EUR(ユーロ)はEU:欧州連合単一通貨
GBP:イギリスポンド GBP(イギリスポンド)は上級者専用通貨 AUD:豪ドル、オーストラリアドル AUD(豪ドル)は優秀な高金利通貨
NZD:ニュージーランドドル、キウイドル NZD(キウイドル)は流動性悪い高金利通貨 CAD:カナダドル、加ドル CAD(カナダドル)は安定優等生通貨
CHF:スイスフラン CHF(スイスフラン)は世界一の信用通貨 JPY:日本円 JPY(日本円)は魅力なきわが国の通貨
ZAR:高金利通貨の南アフリカランド ZAR(南アフリカランド)は高金利通貨 TRY:高金利通貨の新トルコリラ TRY(トルコリラ)は超高金利通貨
ISK だけじゃない!NOK、SEK、DKK などの北欧通貨
NOK:ノルウェークローネ NOK(ノルウェークローネ) SEK:スウェーデンクローナ SEK(スウェーデンクローナ)
DKK:デンマーククローネ DKK(デンマーククローネ) ISK:アイスランドクローナ ISK(アイスランドクローナ)15%の高金利
CZK、PLN、HUF、RUB、バルカン半島、バルト三国 などの東欧通貨
CZK:チェココルナ CZK(チェココルナ) PLN:高金利通貨のポーランドズロチ PLN(ポーランドズロチ)
HUF:高金利のハンガリーフォリント HUF(ハンガリーフォリント) RUB:ロシアルーブル RUB(ロシアルーブル)
エストニア ラトビア リトアニア バルト三国(EEK、LVL、LTL) ルーマニア ブルガリア ルーマニアとブルガリア(RON、BGN)
KRW、HKD、CNY、SGD、THB などのアジア諸国の通貨
韓国:ウォン KRW(韓国ウォン) 香港:香港ドル HKD(香港ドル)
CNY:中華人民共和国の人民元 CNY(人民元) SGD:シンガポールドル SGD(シンガポールドル)
THB:タイ王国のバーツ THB(タイバーツ)  
FXのQ&A
FX業者選びに関する質問
初心者なのでどこを選べばいいかわかりません 未成年はFXをやることできますか?
貧乏なので一番少ない金額でできるところは? サーバーが強いFX業者ってどこ?
悪い評判がない人気のいい業者ってどこなの? トラブルが多い危ない業者ってどこ?
安心してお金を預けられる信頼できる業者は? 結局どんな業者をもっていれば万全なの?
一番コストのかからない業者ってどこ?  
FXの取引に関する質問
外貨預金とFXってどっちがお得? プロと個人投資家どっちが強い?
GBPのほうがNZDよりスワップ高くない? NZとトルコに分けたからリスク分散は万全?
外貨預金や外貨MMFとFXってどれがお得なの? キャンペーンって儲かるの?
いくつもFX口座を持つと大変じゃない? FXに使えるお金が無い人はモニターで稼いでみよう
FX業者の審査に落ちてしまうともうダメ? ドル円の歴史とその相場の推移
ぼったくりFX業者 (言語道断のサギ会社)
(論外) 大手証券がやっているFXがダメな理由 (論外) 横領・夜逃げ・犯罪をした悪質FX業者
(論外) 行政処分されたことがある危険なFX業者 (論外) 競争から脱落した負け組のFX業者
(論外) トレイダーズ証券の悪行サービス くりっく365の異常レートに対する傲慢な対応
(論外) 内藤証券の悪行サービス
撤退したFX会社
(撤退) FXZERO (FXゼロ) (論外) トレイダーズFX (TRADERS FX)
(撤退) EMCOMTRADE (吸収) フォレックストレード
(撤退) NTTスマートトレード (撤退) アトランティックトレード
(吸収) 外為ジャパン(旧MJ) (撤退) MF Global FXA 証券
(撤退) DMM.com証券 (撤退) kakakuFX
(撤退) FXCMジャパン証券(旧ODLJapan) (撤退) 121証券 (危険)
(撤退) トレイダース証券(NFXプロ)
(吸収) Alparijapan(デューカスに買収)
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!