NZD (ニュージーランドドル) とは高金利だが新興国なみのリスクをもっている

ニュージーランドの詳細データ
正式名称 ニュージーランド (New Sealand)
人口 415万人 (とっても少ない)
面積 27万km2 (日本の4分の3)
首都 ウェリントン
宗教 英国国教等、現地宗教
主要産業 畜産を中心とする農業 (特に羊の放牧が盛んで、人口よりも羊のほうが多い)
名目GDP 1,284億USD
一人当たりのGDP 27,060USD
実質GDP成長率 2.05%(2005年)
インフレ率 3.0%(2005年)
失業率 3.7%(2005年)

NZD (ニュージーランドドル) の特徴

【NZDとはニュージーランドで使われる通貨である】
NZDはニュージーランドドル(New Zealand dollar)といい、ニュージーランドの他、クック諸島、トケラウ、ニウエ、ピトケアン諸島で用いられる通貨です。ニュージーランドの英語名が New Zealand であり、ドルの明記が Dollar となることからNZDと表記されるのです。NZD、NZ$などとも略され愛称はキウイといい、キウイドルといわれることもあります。もちろんフルーツのキウイではなく鳥のキウイであることは説明するまでもないですよね。NZDは歴史的にも高金利が続いていることで有名であり、スワップ投資家に大人気です。

ニュージーランドの国旗          ニュージーランドの位置関係

【先進国では一番高金利】
NZD(ニュージーランドドル)は同じオセアニア通貨であるAUDと同じく高金利であり、国際的にも高金利通貨として有名です。そのためスワップ金利狙いでFXをする個人投資家から絶大な人気を誇ります。特に同じオセアニアのオーストラリアよりもニュージーランドのほうが政策金利は高いので、その人気は南アフリカランドやトルコリラが出てくるまではダントツのNo.1でした。

【日本の重要な貿易相手国】
後述しますが、以前のニュージーランドは旧宗主国であるイギリスに貿易を依存する経済状況でした。しかしそのイギリスがEEC(後のEU)に加盟してヨーロッパに重点をおいてしまうと、お得意様がいなくなってしまいニュージーランド経済は追い詰められました。このため貿易相手国の多様化を志向し、特に日本との貿易にも力を入れ始めたのです。その結果、日本はニュージーランドにとって3番目ないし2番目の貿易相手国となっており、経済的な結びつきも強いのです。

【小さいけど、とってもいい国】
ニュージーランドは人口がわずか400万人と非常に小さな国ですが、非常に優秀な国家として知られています。OECD諸国の中でもっとも高い成長率を達成している国の一つであり、実質GDP成長率はプラスを示し続けていて力強い経済活動が見られます。財政もどっかの国とは違い、とても健全であり、失業率も低く治安もいい評判のよい国です。留学生のホームステイ先やリタイア世代が移住していることからも日本人に人気の国であることがわかります。

【財政破綻から立ち直った】
ニュージーランドは過去に財政破綻を起こしかける非常にピンチの時期がありました。1970年代、このころのニュージーランドは独立したとはいえ、旧宗主国であるイギリスとの貿易が大半を占める経済状況でした。しかし、イギリスがECに加盟してヨーロッパ諸国との結びつきを強めたため、相対的にニュージーランドの農産物輸出額は激減して大打撃をうけてしまい、さらにオイルショックが貿易収支の悪化に追い打ちをかけました。この時は財政破綻の一歩手前まで追い詰められたのです。しかしニュージーランドはここから大規模な改革を起こして、不死鳥のごとく復活をとげます。その復活の立役者となったのが、ロンギ政権です。労働党のロンギ政権は以下のような大幅な改革を行いました。

1 : 中央官僚の大幅な削減
2 : 電信電話、鉄道、航空、発電、国有林、金融などの国営企業を民営化
3 : 大学と国立研究所の法人化

この大改革の結果、ニュージーランドは財政破綻の危機から見事に脱出することができ、OECD諸国の中でもトップクラスの生活水準をたたき出す優良国家となったのです。そして赤字続きだった国家財政は黒字化、さらに経済の発展などの成果を出して経済は財政が健全化しています。どっかの国も見習ってほしいものですね、特に1970年代の国家破産一歩手前などそのどっかの国の現在の状況と全く同じなのですから。どっかの国が財政破綻を起こすほどのピンチに陥ったとき・・・果たして破綻を回避できるでしょうか?

NZD (ニュージーランドドル) のリスク要因

【経済指標は金利動向に注目】
いわずと知れた高金利通貨であるNZDですが、その高金利に注目されるがゆえ金利動向によって激しく動く性質があります。特に金利動向にともなうNZ中央銀行総裁の記者会見の内容に注意が必要です。NZ中央銀行総裁が 「将来的な利上げ、据え置き」 を示唆する言葉を発すれば高金利状態が続くと見られて大きく買われるのに対して、「利下げ」 を示唆する発言をした場合は暴落ともいえるほどの下げを見せることがあります。最大の魅力である高金利が最大のリスク要因でもあるのです。

【流通量が少なく値動きが激しい】
先進国の通貨と認識されがちなNZD(ニュージーランドドル)ですが、その流通量はきわめて少ない分類に入ります。知名度がマイナーなSEK(スウェーデンクローナ)よりもはるかに少ないのです。そのため機関投資家から大きな売りが入ると暴落することがよくあります。資源産出国であり大きな国であるオーストラリアのAUDよりも暴落の変動幅が大きいです。JPYやUSDのようなメジャー通貨よりも、ZARやHUFなどのマイナー通貨の値動きに近いと思ってください。ただし取引停止なるほどではありません。

【経済指標は商いの少ない早朝に発表】
ニュージーランドは日本よりも東に位置し、市場をもっている国の中では日付変更線に一番近い国です。そのためニュージーランドの経済指標が発表される時間というのは、東京時間の早朝である 5:00~6:00 なのです。この早朝というのは市場参加者がかなり少なく、商いが閑散としている時間帯です。そのため経済指標のインパクトが小さなものでも相場が大きく動く可能性があります。ただでさえ流動性が少ないNZD(ニュージーランドドル)なのに、さらに流動性が悪い時間ですから値が飛びやすいのです。

【オーストラリアからの影響を受ける】
ニュージーランドは周辺に国がいない完全な島国です。そのため唯一隣国といえるオーストラリアと地理的に経済・政治での結びつきが強いことから、NZD(ニュージーランドドル)はAUD(オーストラリアドル)と連動して動く傾向が強くあります。同じ大英連邦であることも影響の1つです。この特徴を比喩してAUDとNZDは 「姉妹通貨」 とも称されます。もちろん大きな国であるAUDのほうが姉ですね。そのため2つの通貨のペアであるAUDNZDを取引すれば、為替変動リスクが少ないままスワップをとれる方法:さや取りができるとよく言われています。しかし厳密には違う国ですからあまり参考にはなりません。

NZD (ニュージーランドドル) の政策金利

ニュージーランドの政策金利動向

ニュージーランドは歴史的にオーストラリアと同じく高金利の状態が続いています。これは主となる産業が少ないために海外からの投資を確保する目的から高金利政策を継続しているためです。要するに "高金利" をエサに海外からのお金(投資)を集めているということですね。それにつられて、日本の個人投資家などは有り金をたくさん注ぎ込んでしまっています。そのため先進国の中でも金利は高く、ニュージーランドドル建て債券などは人気を集めていて、中央銀行であるニュージーランド準備銀行(RBNZ)は政策金利を、海外からの投資による好調な経済を背景に引き上げてきました。

しかし、逆に言えば高金利以外では魅力に乏しい通貨であるということです。そのため2008年の金融危機において政策金利を1%一気に引き下げたときや将来の利下げを示唆する発言があった場合などに、暴落とも言うべき下落を起こしてしまいました。NZDJPYは2007年に97.73という高値をつけましたが、その一年後には44.19まで下落してしまったのです。たった一年間で実に50%以上という下落を起こしてしまったということです。この下落率は南アフリカランドやトルコリラとほとんど変わりません。このことから、先進国通貨とは思わずに南アフリカランドやトルコリラといった高金利のマイナー通貨に投資していると思うべきです。

NZD (ニュージーランドドル) の祝祭日
1月1~2日 新年
2月6日 ワイタンギデー(建国記念日)
4月14日 グッドフライデー
4月16日 イースター
4月17日 イースターマンデー
4月25日 アンザックデー
6月5日 女王の誕生日
10月23日 レイバーデー(勤労感謝の日)
12月25日 クリスマス
12月26日 ボクシングデー

FX(外国為替証拠金取引)サイトマップ

<入門編>祝入門♪FXのことをよく知ろう
FXとはなんぞや? 外国為替証拠金取引とはなんぞや?
FXで世界へ投資できるの? 日本の政治家に頼るのは無意味
FXって1万円からできるって言うけど? 高金利をもらえるってどういうこと?
FXって危険な取引じゃないの? FXってどうして円高でも儲かるの?
FXってライブドア株のように取引停止にならない?  
FX初心者のFX始め方手順
1 .初心者はまずDMMFXに口座を開くべし 口座開設キャンペーンで投資資金を作ろう 
2. 勝ち組になるため複数の口座を使い分けるべし FXの本もキャンペーンでもらうことができる
3. 方法が確立するまで誰かのマネをするべし FX会社が現在やっているキャンペーンの詳細
4. 初心者がやっちゃいけないことを熟知せよ  
5. 投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
<初心者編>基礎を制するものがFXを制する!
円安と円高を理解していますか? レバレッジとは何か
毎日給料日になるスワップ金利とは ハイリターン・ローリスクにしてくれるロスカットとは
FXは24時間できてサラリーマンも問題なし FXはとても公平な取引である
FXのスプレッドとは何か 売買利益・スワップ金利でFXは2度おいしい
安全な管理方法:信託保全とは 危険な管理方法:分別管理とは
税制優遇:東証のくりっく365とは 税制優遇:大証の大証FXとは
FXの注文方法
成行(成り行き) 指値(リミット)
逆指値(ストップ) IFD注文
OCO注文 IFO注文
トレール注文 自動売買(システムトレード)
リピート・イフダン注文 トラップ・リピート・イフダン注文
絶対にすべらないギャランティーストップ注文  
<中級者編>FXで稼ぐために必要な知識
リスクを熟知する者がFXの勝ち組
リスクの意味を正しく理解する 為替変動リスク
ロスカットリスク 金利変動リスク
レバレッジリスク 流動性リスク
システムリスク カントリーリスク
FX会社の信用リスク FXにはリスク分散が欠かせない
FXのファンダメンタル分析関連
ファンダメンタル分析とは どんな経済指標に注意すべきか
経済指標:非農業部門雇用者数(雇用統計) 経済指標:政策金利発表
経済指標:失業率(雇用統計) 経済指標:GDP
経済指標:貿易収支 経済指標:消費者物価指数(CPI)
経済指標:小売売上高 経済指標:ISM製造業景況指数
経済指標:住宅着工件数 経済指標:新規失業保険申請件数
注目発言:要人の発言 中央銀行:日銀の介入
FXのテクニカル分析関連
テクニカル分析とは テクニカル指標:基本のローソク足
テクニカル指標:トレンドライン テクニカル指標:サポートとレジスタンス
テクニカル指標:レンジ相場とチャンネル テクニカル指標:移動平均線(MA)
テクニカル指標:RSI テクニカル指標:ストキャスティクス
テクニカル指標:フィボナッチ テクニカル指標:ボリンジャーバンド
テクニカル指標:パラボリック テクニカル指標:MACD
テクニカル指標:一目均衡表(雲) テクニカル指標:ピボット
重要パターン:ダブルトップ/ダブルボトム 重要パターン:三尊(ヘッドアンドショルダー)
重要パターン:三角持ち合い(トライアングル) 重要パターン:ギャップ(窓)
<上級者編>知る人ぞ知る勝つための情報
基本であるトレンドラインでの反発を狙う サポート・レジスタンスのブレイクを狙おう
ブレイクされたサポートラインは逆のレジスタンスになる 窓を開けた時の窓埋めを狙った取引
相関係数でリスクヘッジをしてリスクを減らす FXオプション取引でハイリターン・ローリスクにする
為替変動が少ないUSDHKDを長期投資 ドルペッグ切り上げ前に中東通貨を買うべき?
欧州の固定相場EURDKKを長期投資 逆指値のOCO注文で重要指標の急変を狙う
スイス中銀の介入で膠着するEURCHF取引 バルスの呪い?奇妙な 「ジブリの法則」
FX業者が搭載するシステムについて
FX業者が使っているシステムには同じものがある
海外 : SAXO 海外 : GFT
海外 : IFX(ActForex) 海外 : CMS
海外 : FXCM 海外 : MetaTrader
海外 : GAIN 海外 : IGグループ(PureDeal)
国内 : スリーエイ・システム 国内 : FXプラットフォーム
国内 : フラクタルシステム 国内 : SimplexTechnology
国内 : 外為どっとコム 国内 : セントラル短資FX
国内 : FXプライム byGMO 国内 : I&AS(外為オンライン)
国内 : GMOクリック証券 国内 : EMCOM(旧FONOX)
FX会社分析 (淘汰の時代を生き残った勝ち組はどこか?)

FX会社一覧(淘汰によりガンガン減少中)
(この表とそっくりな図を掲載しているサイトがあります。パクリは嫌ですね)
★ = 評価点:5段階評価
万能FX業者 (サポートや情報が充実してる初心者向け)
★×5 マネースクウェアジャパン(M2J) ★×3 外為どっとコム
★×4 FXプライム byGMO ★×1 ひまわり証券
FXプライム byGMO特別サービス紹介ページ マネースクウェアジャパンのトラリピ紹介ページ
自動売買FX業者 (システムトレードができるところ)
★×5 マネースクウェアジャパン(トラリピ) ★×4 インヴァスト証券(シストレ24)
★×3 セントラル短資FX(ミラートレーダー) ★×3 FXトレード・フィナンシャル(オートFX)
★×3 ひまわり証券(エコトレFX)  
中長期投資FX業者 (安全性が高く、スワップ金利が高い)
★×5 セントラル短資FX 人民元が取引できる! ★×5 ライブスター証券(旧IDO証券)
★×3 FXCMジャパン証券(フォーランドフォレックス) ★×2 上田ハーローFX
短期売買向けFX業者 (低コストで使いやすい)
・・・ レバレッジ規制に対抗する海外FX会社の簡易比較 ・・・
デイトレード向き (平均的なスペックで使い易い)
★×5 DMMFX ★×5 ライブスター証券(旧IDO証券)
★×4 外為オンライン ★×4 マネーパートナーズ
★×3 FXTF:FXトレード・フィナンシャル  
スキャル向き (スプレッドが狭く瞬間約定できる)
・・・ スキャルに嬉しい取引高に応じたキャンペーン情報 ・・・
★×5 GMOクリック証券 取引制限あり ★×4 YJFX! 上限なしのCB!
★×4 SBIFXTRADE(SBIFXトレード) ★×3 みんなのFX
YJトFX:外貨EXサービス紹介 YJFX!とタイアップ、限定プレゼント!
1,000通貨取り扱い (低リスクの1,000通貨で手数料無料)
★×4 FXTS:FXトレーディングシステムズ ★×3 ヒロセ通商 (LionFX)
★×3 JFX (MATRIX TRADER)  
2014年のオリコン顧客満足度FX部門第1位はヒロセ通商  
全然使えない・使えなくて撤退したところ
(撤退) FXZERO (FXゼロ) (論外) トレイダーズFX (TRADERS FX)
(撤退) EMCOMTRADE (吸収) フォレックストレード
(撤退) NTTスマートトレード (撤退) アトランティックトレード
(吸収) 外為ジャパン(旧MJ) (撤退) MF Global FXA 証券
(撤退) DMM.com証券 (撤退) kakakuFX
(撤退) FXCMジャパン証券(旧ODLJapan) (撤退) 121証券 (危険)
(撤退) トレイダース証券(NFXプロ)
 
くりっく365対応業者 (安全面や税金面を気にする人向け)
くりっく365業者には共通点がある!
くりっく365を自己資本規制比率で比較 くりっく365を独自システムで比較
くりっく365を手数料(片道)で比較 くりっく365を行政処分の前科で比較
くりっく365をキャンペーンで比較 結局,どのくりっく365業者がいいのか
くりっく365の魅力はかなり薄くなってきている。店頭FXのほうが良い。
海外システム業者 (それなりの知識を有する上級者向け)
分析 : SAXOシステム業者は初心者、中級者、上級者別にオススメが違う
★×5 サクソバンクFX証券(SAXOBANK) ★×3 ヒロセ通商 (HiroseTrader)
MT4導入業者 (大人気チャートソフトMT4を使える)
米大手GFT社の顧客はForex.comの親会社GAINが買収!
★×5 AlpariJapan(アルパリジャパン) ★×5 フォレックスドットコム (Forex.com)
他の業者とは違う独自サービスを行う業者
>> バイナリーオプション専門カテゴリへ
★×5 IG証券 IG証券だけの商品:バイナリーオプション
※ バイナリーオプションの戦略について IG証券だけの商品:6,500以上のCFD銘柄
証券会社のFXサービスで使える所
★×3 楽天証券(楽天FX)  
ぼったくりFX業者 (言語道断のサギ会社)
(論外) 大手証券がやっているFXがダメな理由 (論外) 横領・夜逃げ・犯罪をした悪質FX業者
(論外) 行政処分されたことがある危険なFX業者 (論外) 競争から脱落した負け組のFX業者
(論外) トレイダーズ証券の悪行サービス くりっく365の異常レートに対する傲慢な対応
(論外) 内藤証券の悪行サービス
海外FX業者 (ハイレバレッジ、豪華ボーナス)
★×5 XM ボーナスがお勧め! ★×4 Pepperstone スプレッド0.1pips
★×4 AxiTrader オーストラリアNo1 ★×3 IC Markets 信託保全、ctrader
★×4 IFCMarkets レバレッジ1000倍! ★×3 Thinkforex サーバー安定、約定強
★×3 AmigaFX ハイレバ&0カット! ★×1 Youtrade レバレッジ300倍
★×2 FXDD レバレッジ400倍&自動売買 ★×1 InfintySpace レバレッジ500倍
★×1 FXIM レバレッジ500倍 ★×1 InstaForex レバレッジ1,000倍
世界各国の通貨をよく知るべし
通貨記号一覧 (世界は広い・・・)
USD:アメリカドル(米ドル) USD(アメリカドル)は世界の基軸通貨 EUR:ユーロ EUR(ユーロ)はEU:欧州連合の単一通貨
GBP:イギリスポンド GBP(イギリスポンド)は上級者専用の通貨 AUD:豪ドル、オーストラリアドル AUD(豪ドル)は低リスクで優秀な高金利通貨
NZD:ニュージーランドドル、キウイドル NZD(キウイドル)は流動性が悪い高金利通貨 CAD:カナダドル、加ドル CAD(カナダドル)は安定している優等生通貨
CHF:スイスフラン CHF(スイスフラン)は世界一信用される通貨 JPY:日本円 JPY(日本円)は魅力なきわが国の通貨
ZAR:高金利通貨の南アフリカランド ZAR(南アフリカランド)は大人気の高金利通貨 TRY:高金利通貨の新トルコリラ TRY(トルコリラ)は "超" がつく高金利通貨
ISK だけじゃない!NOK、SEK、DKK などの北欧通貨
NOK:ノルウェークローネ NOK(ノルウェークローネ) SEK:スウェーデンクローナ SEK(スウェーデンクローナ)
DKK:デンマーククローネ DKK(デンマーククローネ) ISK:アイスランドクローナ ISK(アイスランドクローナ)15%の高金利
CZK、PLN、HUF、RUB、バルカン半島、バルト三国 などの東欧通貨
CZK:チェココルナ CZK(チェココルナ) PLN:高金利通貨のポーランドズロチ PLN(ポーランドズロチ)
HUF:高金利のハンガリーフォリント HUF(ハンガリーフォリント) RUB:ロシアルーブル RUB(ロシアルーブル)
エストニア ラトビア リトアニア バルト三国(EEK、LVL、LTL) ルーマニア ブルガリア ルーマニアとブルガリア(RON、BGN)
KRW、HKD、CNY、SGD、THB などのアジア諸国の通貨
韓国:ウォン KRW(韓国ウォン) 香港:香港ドル HKD(香港ドル)
CNY:中華人民共和国の人民元 CNY(人民元) SGD:シンガポールドル SGD(シンガポールドル)
THB:タイ王国のバーツ THB(タイバーツ)  
FXのQ&A
FX業者選びに関する質問
初心者なのでどこを選べばいいかわかりません 未成年はFXをやることできますか?
貧乏なので一番少ない金額でできるところは? トルコリラはどこのFX会社がいいの?
悪い評判がない人気のいい業者ってどこなの? サーバーが強いFX業者ってどこ?
安心してお金を預けられる信頼できる業者は? トラブルが多い危ない業者ってどこ?
一番コストのかからない業者ってどこ? 結局どんな業者をもっていれば万全なの?
FXの取引に関する質問
外貨預金とFXってどっちがお得? プロと個人投資家どっちが強い?
GBPのほうがNZDよりスワップ高くない? NZとトルコに分けたからリスク分散は万全?
外貨預金や外貨MMFとFXってどれがお得なの? キャンペーンって儲かるの?
いくつもFX口座を持つと大変じゃない? FXに使えるお金が無い人はモニターで稼いでみよう
FX業者の審査に落ちてしまうともうダメ?  
Copyright© 2014 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!