Forex.com(フォレックスドットコム)には海外系FX業者の欠点がある

Forex.com(フォレックスドットコム)の欠点

【ForexTraderPROでは両建ができない】
システムの1つ、ForexTraderPROではアメリカの規制の影響を受けて両建ができない仕様になっています。両建て取引は事実上の決済と同じであるという観点から、買いポジションに対して売りをしたり、売りポジションに対して買いをしたりすると決済されてしまいます。両建が可能な日本の業者を使っている人はちょっと扱いにくいかもしれません。ただし両建不可能なのはForexTraderPROだけで、MetaTraderのほうは両建が可能になっています。

【クイック入金以外では入金手数料】
Forex.com(フォレックス・ドットコム・ジャパン)は海外の支社であるため、入金や出金のシステムは海外の影響を受けることになります。そのため入金や出金がややこしい仕組みになっているのです。入金には手数料がかかってしまい反映もかなり遅いです。ただしクイック入金が可能なため、それを利用すれば入金はそれほど問題ではないでしょう。

クイック入金以外では入金手数料

【口座振替や出金手続きが面倒】
ここでは入出金や口座間の資金移動が少々面倒なしくみになっています。Forex.com(フォレックス・ドットコム・ジャパン)にはForexTraderPROやMetaTraderのレバレッジごとのコースがあり、口座間(FOREXTrader→FOREXTrader、FOREXTrader→MT4、MT4→FOREXTrader、MT4→MT4)での資金移動が可能なのですが、「口座振替依頼書」 というものを紙に書いて提出しなければならないのです。署名も必要なためFAXがないと直に書いて送らなければなりません。郵送になればその分反映が遅くなってしまいます。

高金利通貨:ZARは扱ってない】
Forex.com(フォレックス・ドットコム・ジャパン)などの海外系の業者では、日本の業者とは違ってスワップポイントを目的に取引する人は少ないです。そのためか、通貨ペアが少ない業者では日本で人気の高金利通貨を扱っていないことが多いです。高金利通貨であるトルコリラはもちろん日本の個人投資家に人気の南アフリカランド:ZARを取り扱っていません。性格にはForexTraderPROにドルストレートのUSDZARはあることはあるのですが。

【スワップ金利は高くない】
日本の業者とは違って海外のFX業者ではスワップポイントを目的に取引する人は少ないです。そのためスワップポイントは高くなく、プラスとマイナスのスワップの差(スワップスプレッド)がかなりあります。まぁMT4を利用する方は短期売買をする方が多く、スワップ目的の投資をする人はあまりいないのでそれほども問題にはならないかもしれません。そしてなにより日本の個人投資家に人気の南アフリカランド:ZARを取り扱っていないので、スワップ目的でForex.com(フォレックス・ドットコム・ジャパン)を使う理由はないですね。

>> Forex.com(フォレックスドットコム)の口座開設はコチラから <<

FX会社の徹底比較 ~FX会社の勝ち組と負け組~

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved