初心者はあらゆる世代に向いている楽天証券に口座開設すべし

投資信託を買うのに一番いい機関は 「オンライン証券」

投資信託を販売しているところは郵便局、銀行、信用金庫、証券会社などがある

現在、投資信託を買うことができるところは 「郵便局(ゆうちょ銀行)」、「銀行(信用金庫)」、「証券会社」、「保険会社」 などがあります。金融ビックバンで身近な郵便局(ゆうちょ銀行)でも投資信託が取り扱われたことから郵便局(ゆうちょ銀行)で投資信託を購入する人も多くなっています。しかし郵便局(ゆうちょ銀行)では投資信託の種類が少なく、販売手数料がかなり高くなっているぼったくり業者になっています。このような理由で郵便局(ゆうちょ銀行)はオススメできません。ではどこがいいのでしょうか?

【投資信託はオンライン証券で買おう!】
投資信託を買うのに一番適している機関・・・それは銀行と証券会社、特にオンライン証券がオススメです。オンライン証券は、普通の証券会社と違って店舗が必要ないために、会社のテナント料や人件費がかからないのです。そのためオンライン証券の経営にはコストがあまりかかりません。その削ったコストを手数料の削減といった形で顧客へ還元してくれるのです。簡単に言ってしまえばオンライン証券の投資信託は安いのです!逆に郵便局(ゆうちょ銀行)ではコストがかかっているために手数料が高くてぼったくりなのです。この理由でオンライン証券がオススメです!

・・・  参考ページ:同じ投資信託でも手数料が違う理由  ・・・

オンライン証券の中でオススメは楽天証券

【いろんな投資信託を取り扱っていることが条件】
オススメのオンライン証券ですが、一口にオンライン証券といってもかなりの数が存在します。それでは何を基準に選べばいいのでしょう?それは自分に合った投資信託を取り扱っているオンライン証券です。投資信託というのは、購入する年代によってオススメのタイプが変わってきます。若い世代にはハイリスクハイリターンのものが必要であり、高齢者には安定運用をするものが必要です。このような自分に合った投資信託が取り扱われていなくては口座を開いても買うことができません。

楽天証券の検索でリスクリターンがまるわかり!あなたに合ったものはどれでしょう?【楽天証券はあらゆる世代に向いている】
このようなあらゆる世代のニーズに答えてくれるオンライン証券が 「楽天証券」 です。投資信託の取扱数は400以上にも及び、あらゆるジャンルの投資信託をそろえています。BRICsなどの新興国などのハイリスクな攻めの投資から、できるだけ元本を守り分配金を重視する守りの投資まで、あらゆる世代のニーズに応える投資信託が揃っているので欲しいタイプが無いといったことはありません。

【自分に合った投資信託が検索できる】
楽天証券では投資信託をリスク・リターン別に一覧表示したり、6つの質問を行うことで自分にどういった投資信託が向いているかがわかるようなバラエティ豊かな投資信託の検索制度を導入しています。どの投資信託が向いているのかわからない人や迷っている人に正しい選択を促してくれるのです。


>> 楽天証券への資料請求はコチラ <<

★BNFさんのように勝ち組になれる人は ”今すぐ” 行動できる人です★
資料請求はもちろん無料ですし、口座開設キャンペーンで楽天ポイントが無料でもらえます
それなのに 『明日にしよう』 『後でやろう』 とぐずぐずしている人は負け組です
行動を起こさなければ何も起きません

楽天FX

楽天証券は海外ETFに精通している万能業者
投資信託から株式取引、FX、先物、海外ETFまで最高峰の品揃え
楽天証券のURL : http://www.rakuten-sec.co.jp/

まず行動せよ!楽天証券に資料請求

まずは、楽天証券に資料請求してみましょう。楽天証券の公式HPを見ればサービスのおおよその内容がわかりますが、楽天証券のHPは広く全部見るのは大変です。そのため家でじっくり確認できる資料を請求しましょう。HPをみるのはパソコンの画面をずっと見ているので正直疲れますからね・・・。やはり実際に紙の資料を見て確認するのが受験勉強のように頭に入るものです。

【きちんと住所と連絡先を入力】
資料請求にはあなたの住所や連絡先を記入してください。もちろん正確な住所を書かないと資料は届きませんよ。なんだか、自分の情報を書くのいやだな~って偽名とかデタラメな情報を書いてはいけません。偽名で資料請求したら偽名が印刷された書類が送られてきますよ。もちろん、それは使えませんからもう一度資料請求しなければいけない2度手間になってしまいます。情報は正しくしっかりと記入してくださいね。

↓(画像をクリックすると大きな画像を表示します)↓入力項目はしっかり記入してください、特に住所とメールアドレスは間違えないように!

☆注意!
楽天証券は証券会社です。そのため株式投資などのインサイダー情報に関係する人には取引が制限されることがあります。対象となるのは上場企業の社員やその関係者、家族です。あなたが関係なくともあなたの関係者や親類などに上場企業の役員の方がいる場合は正直に記入してください。いなければ書く必要はありません。

↓(画像をクリックすると大きな画像を表示します)↓インサイダー情報にかかわる上場企業の関係者がいる場合は絶対に記入すること!

【確認画面】
最後に確認画面が出たら完了です。

↓(画像をクリックすると大きな画像を表示します)↓数々の質問事項に記入して、最後にこの画面が出れば完了です!

資料が届いたら確認しよう

楽天証券のホームページで正確な住所が記入されていればほんの2日で手元に資料が届くでしょう。地域によって時間が異なりますが、遅くても1週間で届くはずです。もし届かなければ間違った住所を記入しているか何か手違いがあったかもしれません。そのときは問い合わせの上、再度資料請求をしてくださいね。資料はこのような一まとめの資料が送られてきます。

この資料には、「あいさつ」、「総合取引口座申込書」、「楽天証券スタートアップガイド」 などが同封されています。基本的な情報は資料請求したときに記入しましたので、この資料ですることは印鑑を押すことと、本人確認書類を送ることだけになります。

↓(画像をクリックすると大きな画像を表示します)↓楽天証券からの資料が着たら、総合取引口座申込書を確認、記入しよう

必要書類を提出すればOK

最後に必要書類を同封して提出すれば完了です。本人確認やインサイダー確認などで、少し時間がかかりますが、1~2週間ほどで口座開設が完了します。後は取引ができるのです。楽天証券は総合オンライン証券なので、投資信託だけでなく株式投資、FX、外貨MMF、海外ETFなどがすべてできるのがとても便利です。

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!