ワインファンドとは気品あふれる上級の投資信託

ワインファンドとは

ワインは気候やぶどうの品質によって味が大きく変化するため一定の値段が存在せずに株式のような価格の市場があります。当然まだ成熟してないワインは価格が安く、今後の熟し加減と市場の状況によって価格が大きく上昇します。ワインファンドとは、これらの若いワインを買付け、数年間熟成させ、価格が上昇したときに売却し、利益を生み出すファンドです。熟成されたワインは、時間が経てば経つほど価値が上がるので、ヨーロッパで古くからの蓄財方法として知られる投資形態です。

若いワインを買付け、数年間熟成させ、価格が上昇したときに売却し、利益を生み出すファンド

ワインファンドのメリット・デメリット

ワインファンドは主にヨーロッパで設立され、ワイン自体もヨーロッパで運用されます。しかし伝統的なワイン業界はそうカンタンには外国人の投資を受け入れません。そこには確かな信頼できる太いパイプを持った人がいなければいけないのです。そういった理由で彼らとのパイプを持つ株式会社ヴァンネットが唯一、金融庁と農水省の商品ファンド法上の許可事業として「ワイン投資ファンド」を運営しています。日本では唯一の存在のために、競合する相手がいないのが特徴です。ワインファンドのメリットは、実物であるワインへの投資なのでゼロになることは無く、投資家にはポートフォリオに組み込まれている銘醸ワインをプレゼントされます。なんとなく株主優待のような感じです。また、ワイン関連のレストランでの食事会やヨーロッパへの現地見学ツアーなど出資者と運営者の交流があります。

デメリットとしてはワインファンドはもともと富裕層を中心に運用されてきたものなので、投資には敷居が高くなっています。最低投資金額は300万円と高額で、主な出資者は富裕層や退職金の運用をしている方たちです。また信用があるといっても会社自体は小さいため、思わぬ損失でいきなりファンド運用を中止したり解散する可能性もないとはいえません。そしてワインを運用するのはヨーロッパなので、ワインファンドはユーロ建てになっています。したがって円換算するときには、EURJPYに影響されるユーロと円の為替変動リスクもあるのです。今のところユーロは強い状態が続きそうですが絶対とはいいきれません。そして困ったことにワインファンドの詐欺を働く会社が出てきました。

【ワインファンドのメリット】
・ 日本で唯一のため日本のワイン市場独占
・ ワインは無価値になることは無い
・ 時間が経てば価値が上がるワインは長期投資に向いている
・ 投資家同士の交流が盛ん(食事会、ヨーロッパへの見学)

【ワインファンドのデメリット】
・ 最低出資金額が300万円と高額
・ 運用期間が決まっている
・ 会社自体は小さい
・ ユーロと円の為替変動リスク
・ 最近、詐欺会社が出てきた

富裕層にふさわしいワインファンド

ワインファンドの過去の運用結果

ワインファンドは毎年設立されています。それぞれのファンドは運用期間が7年ということで2000年度のワインファンドしか満期を終えていませんから、実績としてはまだ1つだけです。しかしワインはおおむね強い状態が続き、ユーロ高の恩恵をうけて出資金の2倍以上・・・つまり200%の実績を出しています。またこうして比較すると、運用期間が長いものほど良い運用結果が出ています。ワインは時間が経てば経つほど価値が上昇するために、長期投資にはかなり向いています。

過去のワインファンド 運用期間 現在の利回り
ワイン投資ファンド(収穫年:2001年もの)償還済 2002/04/30(運用5年11カ月) 168.91%
2003ワイン投資ファンド 2003/04/30 (運用4年5カ月) 144.14%
2004ワイン投資ファンド 2004/05/31 (運用3年4カ月) 139.44%
2005ワイン投資ファンド 2005/06/27 (運用2年3カ月) 145.42%
2006ワイン投資ファンド 2006/06/29 (運用1年3カ月) 127.10%
2006ワイン投資ファンド 2007/06/28 (運用3カ月) 107.45%


ワインファンドにはどうやって投資するか?

ヨーロッパで設立されるワインファンドはワイン業界に太いパイプを持った株式会社ヴァンネットが唯一、金融庁と農水省の商品ファンド法上の許可事業として「ワイン投資ファンド」を運営しています。日本では唯一の存在のために、競合する相手がいないのが特徴です。

しかし、最近ワイナリーインベストメント(〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-20 神谷町MTビル14F)という会社がワインファンドの詐欺をしているようです。評判高いヴァンネット社のワイン投資ファンドのホームページからロゴマークやロゴタイプ、さらに、投資利回りと投資期間以外はほとんどすべてそのまま盗用して、有利なワインファンドに投資するように呼びかける巧妙な手口です。

(2016.03追記)そして残念ながらヴァンネットも破産を行いました。やはりワインファンドの敷居は高いです。

//////////////////////////////////////////////////////////////
民間信用調査機関の帝国データバンクによると、ワイン投資ファンドの組成・運営会社ヴァンネット(東京)が7日、東京地裁に自己破産を申請、破産手続き開始の決定を受けた。債権者は530人以上、負債額は40億円を超える見込み。ヴァンネットは2000年7月の設立。フランス産の高級ワインなどを買い付けて保管すれば、将来の値上がりで利益が得られるとの触れ込みで、01年4月 から14年6月までに計25のワイン投資ファンドを組成。延べ1989人の投資家から約77億4600万円の出資金を集めた。しかし15年12月、高橋淳代表がワインの買い付けや売却に関し虚偽の報告をしていた事実が判明。財務省関東財務局から第二種金融商品取引業の登録取り消し処分と業務改善命令を受けた。その後の弁護士による調査では、投資対象のワイン商品在庫が激減していたことが明らかになった。帝国データによると、現在は計14ファンドで未償還の出 資金が36億7372万円に上っている。未償還出資者は523人いるといい、一人平均700万円強が未償還になっている計算だ。
///////////////////////3月7日(月)23時0分配信 ////////////////////////////


投資信託サイトマップ

祝♪投資信託入門
勝ち組への頼もしいパートナー 定期預金から投資信託へ(貯蓄から投資の時代)
投資のプロが代わりに資産運用します プロがやってくれるのでとっても楽!
プロへ頼むことで世界へ投資できる! たった一万円からできる!
いろんなところへ分散投資してリスク分散! 儲けは2つあるのでダブルでお得!
例:運用に自信がない主婦 例:自分年金を作りたい年金生活者
例:国民年金より投資信託を選ぶ若者 例:忙しく時間のとれないサラリーマン
初心者の投資信託始め方手順♪
1. 投資信託が買える所を知ろう 初心者がやっちゃいけないこと
2 .初心者はまずココに口座を開くべし 郵便局で買うのはオススメできない
3 .自分の年代に合う投資信託を買うべし  
投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
投資資金が無い人はFXのキャンペーンで稼ごう  
初心者にもおすすめな自動運用サービス
マネックス・セゾン・バンガードの 「MSV LIFE」
・ マネックス・セゾン・バンガードの 「MSV LIFE」 とはどんなサービスか?
・ 他のラップ口座サービスとの手数料比較
・ 「MSV LIFE」 でシュミレーションしてみた
・ 「MSV LIFE」 の感想と注意点
<経験者向き>ウェルスナビ「Wealth Navi ロボアドバイザー」
・ ノーベル賞アルゴリズムを使った世界分散投資
・ 業界初の自動積立リバランス、自動節税DeTAX
・ 30~50代の将来に不安のある世代におすすめ
<番外編>完全委託サービス
富裕層向け:ラップ口座 中流層向け:ミニラップ口座
<初心者編>覚えよう投資信託について
投資信託の種類と分類 まとめ!
投資信託を売っている4つの場所 3つの機関がある投資信託のしくみ
投資するのは日本にする?海外にする? アクティブ運用とインデックス運用
分配金をもらうか、再投資するか? 募集方法は2つある
投資信託のコスト(手数料) 投資信託のリスクとは
初心者向け:株式投資信託 初心者向け:債券投資信託
初心者向け:バランス型投資信託 初心者向け:公社債投資信託
初心者向け:MRF 初心者向け:MMF
初心者向け:ETF  
<中級者編>いろいろな種類があるよ
中級者向け:海外ETF 中級者向け:外貨MMF
中級者向け:REIT (不動産) 中級者向け:コモディティファンド
中級者向け:ファンドオブファンズ  
<上級者編>きわどい種類
上級者向け:新人アイドルファンド 上級者向け:音楽ファンド
上級者向け:ゲームファンド 上級者向け:オルタナティブファンド
上級者向け:ヘッジファンド 注目! 上級者向け:ワインファンド
上級者向け:ホテルファンド 上級者向け:BST(ボンドセレクトトラスト)
上級者向け:SRIファンド 上級者向け:グリーンファンド
投資信託会社徹底分析(会社選びで差がついてしまう!)
投資信託販売会社一覧
<万能型>楽天証券 <万能型>SBI証券
<銀行型>楽天銀行(イーバンク銀行) <数量型>投信スーパーセンター
<積立型>カブドットコム証券 <積立型>マネックス証券
<ぼったくり型>ゆうちょ銀行  
投資信託の直販会社
セゾン投資、ひふみ投信、コモンズ投信、どれを選べばいいか?ざっくり判別!
海外投資して日本リスク軽減、為替差益リターン → セゾン投信
やっぱり日本株、低コスト、積極的で新興市場リターン → ひふみ投信
少ない日本企業でなが~く低リスクで行きたい → コモンズ投信
<海外型>セゾン投信 Global!
セゾン資産形成の達人ファンドがR&Iファンド大賞  
<優秀型>ひふみ投信 Hot! <長期型>コモンズ投信 New!
ひふみ投信の会社からファンドまで全てを評価、解説
ひふみ投信とはどんな会社か
『ひふみ投信』 の投資信託の分析・解説
ひふみ投信の 『くるみ口座』 とはどんなサービスか
ひふみ投信の注意点とは
ひふみ投信にオススメの人
ひふみ投信の総合評価
コモンズ投信の会社からファンドまで全てを評価、解説
コモンズ投信とはどんな会社か
コモンズ投信の 『コモンズ30』 とはどんな投資信託か
コモンズ投信の 『こどもトラスト』 とはどんなサービスか
コモンズ投信の注意点とは
コモンズ投信にオススメの人
コモンズ投信の総合評価
【特集】 セゾン投信様との対談取材を行いました!
セゾン投信対談その1 : 日本の将来は悲観的 セゾン投信対談その4 : ファンドに対する疑問について
セゾン投信対談その2 : 投資必要性とリスク セゾン投信対談その5 : どんな世代がいくら投資してる?
セゾン投信対談その3 : セゾン投信の魅力  
選ぶのに迷ったらこんな選択をオススメします
投資信託を選ぶときの鉄則
低資金からの自分年金作り
月1万円からの自分年金 月3万円からの自分年金
世代別からの自分年金作り
<未成年>10代からの自分年金プラン <若者層>20~30代からの自分年金プラン
<中高年>40~50代からの自分年金プラン <シニア>60代以降からの自分年金プラン
ここがヘンだよぼったくり投資信託!
ゆうちょ銀行は宝の持ち腐れ 定期預金と投資信託のセット
同じ投資信託でも手数料が違う理由 ファンドオブファンドオブファンズ(FOFOF)
超ぼったくりの外貨預金 店頭証券は貧乏人からぼったくるのがお仕事
世界にはこんな有望国がある!
BRICs (21世紀の超大国)
ブラジル Brazil : ブラジルへの投資方法 ロシア Russia : ロシアへの投資方法
インド India : インドへの投資方法 中国 China : 中国への投資方法
VISTA (成長著しい)
ベトナム Vietnam : ベトナムへの投資方法 インドネシア Indonesia : インドネシアへの投資方法
南アフリカ SouthAfrica : 南アフリカへの投資方法 トルコ Turkey : トルコへの投資方法
アルゼンチン Argentina : アルゼンチンへの投資方法  
MENA、MEDUSA(オイルマネーで潤う)
マレーシア Malaysia : マレーシアへの投資方法 エジプト Egypt : エジプトへの投資方法
UAEのドバイ首長国 DUbai : ドバイ(UAE)への投資方法 サウジアラビア SAudiarabia : サウジアラビアへの投資方法
NEXT11 (ちょっと微妙・・)
投資信託のQ&A
個人向け国債、日本国債ファンドどれがお得? ETF と ファンド はどっちがお得?
外貨預金、外貨MMF、BST、FX、結局どれがいいの? 72のプリンシプル(72の法則)って何? 
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!