堅実な運用で初心者向けのMMF(マネー・マネジメント・ファンド)

MMFとは

MMFとは正式名称をマネー・マネジメント・ファンド(Money Management Fund)と言い、MRFと同じく換金性が高い追加型公社債投資信託の一種です。MRFに次いで公社債投資信託の中でも極めて安全性が高く元本保証は無いですが、安全な投資先として新たな預金として注目されています。

MMFの特徴

MMFは、MRFと同じく日本国債や公社債、コマーシャルペーパーや無担保コール・譲渡性預金といった短期金融商品を組み入れて運用されています。MMFは毎日決算を行い、その日の運用損益を全額分配し月末の最終営業日後に当月分をまとめて分配する方法になっています。分配された資金は自動的に(税金が引かれた後)同じMMFに再投資されることになるので、分配金が少なくとも 「複利の力」 を生かせる投資先となります。ただし、MRFとの決定的な違いは、購入後30日未満に解約の場合は手数料相当の信託財産留保額が引かれるということです。つまりMMFというのは ”最低30日拘束の証券会社の定期預金” と捉えてください。もちろんMRFと同じく元本保証はされていませんが、預金やMRFよりも高い利回りを出していて自動再投資ができるという利点があります。

【MMFの特徴】
・ 安全性が極めて高い商品で運用
・ 元本保証は無い
・ 自動再投資ができる
・ 購入、(30日後)解約手数料無料
・ 1円以上1円単位で購入及び解約が可能
・ 購入後30日は解約手数料がかかる (MRFとの大きな違い)
MMFは30日拘束の証券会社の定期預金

MMFへの投資はどうやるの?

MMFは投資信託の一種のため、銀行や信用金庫、もちろん証券会社などの金融機関で買うことができます。かなりメジャーな投資信託なので扱っていないところはほとんどありません。しかし金融機関によっては、最低購入金額が決まっていたりすることもあります。これはMMFとは購入手数料がかからないノーロードであるために、販売会社である金融機関が儲からない商品であるためです。金融機関は投資信託のような商品を売った販売手数料が儲けになります。なので銀行や信用金庫にとっては、MMFよりも販売手数料がかかる投資信託を売るほうが儲かるのでMMFは積極的な販売促進がされません。まさに知った者だけが得をする投資信託なのです。

リンク : 販売手数料のしくみを説明したページ

MMFは銀行は儲からないのであまり薦めてこない
MMFを買うなら金利の高い楽天証券がオススメ

一度だけあったMMFの元本割れ

かなりの安全性を誇っているMMFですが、過去に一度だけ元本割れを起こしたことがあります。2000年に発生した三洋証券系の投信顧問会社三洋投信委託(現プラザアセットマネジメント)の信用不安から生じた大量解約による信託財産減少により、同社設定MMF商品の基準価格が1万口=1万円を割り込む元本割れが発生しました。これはアメリカの大手企業でとても信用があったマイカルやエンロンが破綻して、社債がデフォルトをしたためです。「大企業だから破綻するはずが無い」と判断されてMMFにこれらの社債が組み込まれていたので、当然その社債は紙くずとなってしまい、MMFの運用に大損をおこします。その当時の運用会社は、少し積極的な投資を行っていたため、結果的にリスク管理ができていなかったことになりますが、いずれにしても 「どんな大企業でも破産しないわけがない」 という事例を身をもって証明してくれたのです。

ですが、このことを逆に考えればMMFは 「大企業が倒産しない限り元本割れしない」 とも捉えることができます。2000年のエンロン破綻以後は一度も元本割れを出していませんので、元本われの可能性が極めて低い、超安全な金融商品という事ができます。今の超低金利時代においては、銀行の定期預金などよりMRFや、MMFを購入する人もいます。しかし絶対に元本われしないわけではなく、これからも安心かどうかは、あくまで仮定なので過信はしないでください。

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!