3つの機関がある投資信託のしくみ(販売会社、投資信託会社、信託銀行)

投資信託にかかわる3つの機関

実は投資信託の運用には3つの機関が関わっています。投資信託は郵便局などでも販売されていますが、売った郵便局自身がお金を扱って投資をしているわけではありません。投資信託には投資信託を販売する会社、運用の計画を立てる会社、そしてお客の大切なお金を厳重に管理する3つの機関に分かれています。

”投資信託という商品” を販売するところを 「販売会社」 といいます

ファンドマネージャーなどが ”運用の計画” を立てる所を 「投資信託会社(運用会社)」 といいます

客の大切なお金を厳重に ”保管・管理” する所を 「信託銀行」 といいます。

販売会社とは

販売会社とは私たちと投資信託を繋ぐ最初の架け橋です。その役割は投資信託を売ることです。郵便局などを見ればわかりますが、私たちの身近にいる金融機関が販売会社となります。

主に、郵便局(ゆうちょ銀行)、信用金庫、銀行、証券会社、保険会社などの金融機関になりますね。銀行や証券会社などサービスのよいところは分配金や償還金の支払いや投資信託に関する相談や質問も受け付けています。

ただし販売会社にもいろいろ特徴があります。投資信託はいっぱいあるのでそれぞれの金融機関によって扱っている商品がかなり違います。そして取り扱っている投資信託が同じでも手数料が異なっていることもあるのです。つまり、どの販売会社を選んでも、同じ投資信託が同じ手数料で購入出来るわけではありません。したがって、自分の購入したい投資信託が、購入できるのか確認しておくことが必要です。特に同じ投資信託がA銀行では無料で買えるのに、B証券では手数料が3%も取られたということもあるのです。

販売会社ごとに種類や手数料が違う!

投資信託会社(運用会社)とは

投資信託会社の役割は実際に資金の資産運用を行う会社です。運用会社ともいえます。この投資信託会社(運用会社)に投資のプロであるファンドマネージャーや証券アナリストがいて日々投資の分析を行っているのです。

ただし、この投資信託会社が実際に株や債券を売買しているわけではありません。投資信託会社は資産運用の ”計画” を立てるのです。そして実際の売買はお客のお金を実際に持っている信託銀行がこの投資信託会社の指示を受けて市場で売買をするのです。

投資信託会社は運用の計画を立てる!

信託銀行とは

信託銀行の役割とはお客が預けた大切なお金を厳重に保管、管理する機関です。この信託銀行は信託法という法律のおかげで預けた資産が100%保全されます。1,000万円しか保全してくれない銀行とは全く格が違います。この信託銀行は仮に倒産しても、信託法という法律によって信託銀行で保管されている資産は信託銀行固有の財産から切り離して扱われるので一般債権として差し押さえられることもなく、安全に守られてお客に返してもらえます。

また、信託銀行はお客のお金を直接もっているので投資信託会社(運用会社)の指示を受けて実際に市場で株式や債券を売買します。

信託銀行はお金の保管・管理、実際の売買を行う!

まとめ : 3つの機関の関係

販売会社が投資信託を魅力あふれる商品として売ります。そして販売会社に集められたお客の資金は信託銀行に保管され、安全に管理されます。そして運用会社である投資信託会社が運用の計画を決めて信託銀行に指示を出します。指示を受けた信託銀行は市場で取引を行い利益を出します。利益を出したら、利益を分配金として販売会社を通してお客に支払われます。これが投資信託のしくみです。

投資信託にかかわる3つの機関の関係

【どこが倒産してもあなたのお金は大丈夫】

<ケース1:販売会社倒産>
信託財産は、証券取引法により銀行・証券会社自身の資産と分別して保管することが義務付けられているます。なので万が一、銀行・証券会社が倒産したとしても、顧客資産は債権対象にはならずに顧客へそのまま返還されます。

<ケース2:運用会社倒産>運用資産は実際には信託銀行において保管・管理されているため、運用会社が破綻してもお金を持っていないのですから、信託銀行にある運用資産に直接的な影響はありません。

<ケース3:信託銀行倒産> 信託銀行には、信託財産と銀行固有の財産等を明確に分けて管理することが義務付けられています。また信託法によって顧客資産が100%保全されるように厳格な資産管理をしなければいけないのです。なので、万一信託銀行が倒産したとしても顧客資産は保護されます。

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!