海外FX業者の情報サービスってどんなもの?

海外FX業者の情報サービスには期待しない

FX会社の魅力はレバレッジやスプレッドなどのスペックだけではありません。FXに関するレポートやアナリストの分析、あるいはトレード予想などがあります。FXプライム byGMOなどにはたくさんの情報サービスが有ることが有名です。マネースクエアにはトラリピという有名な自動売買などがありますし、IG証券にはトレードプログラムといったものがあります。しかし海外FX会社には会社自体が提供する自動売買などはあまりなく、どちらかといえばMT4に自分でEAを組み込んだりして動かすことがメインになっています。


VIP待遇者だけにサービスがある

また情報配信サービス、ロイターやMarketWinなどは海外FX会社にはないところがほとんどです。トレードプログラムなどは一部の海外FX会社で提供されていますが、日本のFX会社のように口座開設者全員が使えるものというわけではなく、どちらかといえば大量取引をする方や高額入金者などの優遇された人限定のサービスになっています。別に差別などではなく、大きな収益を上げてくれる顧客を優遇するのは営利企業としては当然のことです。

例えばAmigaFXという海外FX会社では、入金額と取引量によって口座のグレードをブロンズ、シルバー、ゴールド、VIPの4種類にわけられて、グレードが上がるほどにサービスがよくなっていきます。上位のグレードの口座では、専属の担当がつき、トレーディングシグナルや市場ニュース配信、入金ボーナスなどが受けられます。逆にグレードの低い口座では受けられません。海外FX会社を使う人はほとんどがハイレバレッジを目的とした少額トレーダーなので、大量取引はともかく高額入金は難しく、なかなかこういったサービスを受けることは難しいかもしれません。

関連記事