海外FX会社にマイナンバーの提示は必要ありません

海外FX会社にマイナンバーの提示は必要なし

口座開設にマイナンバー不要

2016年からはお上の国民監視番号、あるいは奴隷番号とでもいうべきマイナンバーを提示しないと日本のFX会社の口座開設ができなくなりました。マイナンバーはただでさえ自分の個人情報だけでなく保有している資産までも国に監視されるという”よけいなお世話”を受けるだけでなく、制度開始から障害やトラブルが相次ぐ不具合の代名詞にもなった悪質な制度です。未だにトラブルが絶えず、めんどうなマイナンバーを使わないといけない日本のFX会社とは異なり、海外FX業者にはマイナンバーの提示は必要ありません。そもそも海外では日本のマイナンバーが全く機能していないことは周知の事実であり信用していません。

海外FX業者に提示するのは身分証明と住所証明のみ

上記のように海外FX会社にはマイナンバーの提示は必要ありません。逆に海外FX業者に口座開設をするにあたって提示の必要があるのは 「本人確認書類」、「住所確認書類」の二点だけです。本人確認書類は運転免許証や健康保険証、あるいはパスポートなどになります。住所確認書類は公的機関の発行書類やクレジットカードの明細票(重症が記載されているもの)、そして住民票などになります。それぞれ必要な書類は会社によって異なることがあります。