海外FX業者の入金ボーナスってどんなの?

海外FX会社の最大メリットがハイレバとボーナス

海外FX会社には日本のFX会社にはない大きなメリットが2つあります。1つ目は誰もが知っているハイレバレッジです。ハイレバがあるから海外FX会社を使っている人がたくさんいます。そしてもう1つが、日本のFX会社にはないボーナスシステムです。他にも低スプレッドや0カットや金利などもありますが、まずはこの2つが大きなメリットとして知られています。

日本と海外のボーナスの違い

日本のFX会社でもボーナスとは言いませんが、口座開設者に5,000円のキャッシュバックといったものを提供しています。数年前はFX会社もたくさんあり、50社に口座開設してキャッシュバックを受け取るだけで100万円近く稼げたこともありました。しかしレバレッジ規制以降はそういったキャッシュバックもなりを潜めています。これに対して海外FX会社というのは一定額ではなく、入金額に対する%でボーナス金額をキャッシュバックするというシステムです。

海外FX会社はどんなボーナスを提供しているか

海外FX会社というのは入金額に対する%でボーナス金額をキャッシュバックするというシステムです。例えば10%ボーナスを提供しているところで1000ドルを入金した場合、1000ドルの10%にあたる100ドルがボーナスとして口座残高にプラスされるということです。その場合口座残高は1100ドルとなり、口座残高が110%になるのです。ここでは10%と表記しましたが、このボーナス%は各海外FX会社によってバラバラであり、ボーナス自体ないところから、なんと100%ボーナスまで提供しているところもあります。



追加入金にもロイヤルティボーナス

基本的にボーナスとは初回入金だけが対象になっています。最初にできるだけ大きな金額を入れてもらって囲い込もうとする戦略ですね。ただ一部のFX会社ではその後の追加入金もボーナスの対象になります。2回目以降の入金は入金額の10%をロイヤルティボーナスとしてもらうことができます。これも初回入金20%ボーナスと同様に入金するだけで資産が10%増、1.1倍になるのです。そのかわりボーナスだけをイキナリ引き出すことはできないので、取引の余裕部分に使うことになります。XEMartketsは888倍のハイレバレッジも利用できるので、証拠金が1.1倍になれば取引できるロット数も10~20%増になります。そのため他の業者よりも同じ証拠金量でより多くのポジションを取ることができます。

ボーナスは出金するとなくなるため取引の補助用

もちろんボーナスというのはただもらえるだけではありません。え?入金した後にボーナスもらってすぐ出金すれば簡単にお金増やせるじゃん!と思ってしまいがちですが、さすがに持ち逃げはFX会社も認めることはできません。日本FX会社のキャッシュバックが10万通貨や100万通貨の取引を条件にしているように、海外FX会社にも条件があります。

例えばボーナスはある程度取引をしてからでないと出金できない場合や、取引条件はないが出金するとボーナスが取り消しになってしまったりします。あくまで取引のためだけにしか使えないというものです。これも条件は各社によって様々です。例えば100%ボーナスがもらえたXMは後者にあたり、取引条件はない代わり一度出金すればボーナスは消えてしまいます。口座残高は倍になっても、出金すればそれまでなのです。まあボーナスは最初から無かったものなので、ボーナスは消えてもいいやって感じで思いっきりハイレバレッジの勝負に出てもいいでしょう。XMはレバレッジ888倍のため、口座資産の888倍の取引ができます。これに100%ボーナスが追加されると自己資金の1776倍の取引が理論上は可能となるのです。さすがにそんなハイハイハイレバッジをやればスプレッド分の損失で口座がマイナスになってしまうので実際は使えませんが、レバレッジ1000倍くらいで十分トレードが出来るのです。

関連記事