海外FX業者は日本市場重視のため日本語サポートが充実

外国語が必要ではないかと不安を感じる

日本人は閉鎖的な民族であり社会と言われています。外からの影響にさらされることを拒み、異物として扱います。だからなのか外国語を苦手とする方が多く、海外FX業者を使うには外国語が必要ではないか?という不安から拒否感を感じている人も多いです。しかし実際に見てみればわかりますが、今の海外FX業者は日本のマーケットを重視しているために日本語のサポートが非常に充実しています。日本語のサイトが作られており、日本語のサポートが充実しています。日本語のメールサポートはほぼ全ての業者で扱っています。さらにサービスがよいところでは日本人スタッフがいたり、日本語でのライブチャットや電話にも対応してくれます。ハッキリ言って日本のFX業者のサポートとほとんど変わらないのです。むしろサービスが悪い日本の業者のほうが扱いにくいとも言えます。

なぜ海外FX業者の日本語サポートがよいのか?

なぜこんなにも日本語サポートがあるかといえば、海外FX業者がそれだけ日本市場に力を入れているからに他なりません。海外FX業者にとって今日本のFX投資家は有望な顧客です。レバレッジ規制で日本人の目が海外FX業者に向いている、今こそが彼らのビジネスチャンスなのです。その日本の顧客に使ってもらうためには、日本人が使いやすい環境を整えなければなりません。だから海外FX業者はどんどん日本語サポートを充実させていくのです。いずれクイック入金やスワップ金利投資に適した口座も現れるかもしれません。

海外FX業者の各種日本語サポート

日本語のサイト

海外FX業者のほぼすべてがサイトを日本語対応にしてあります。正確に言えば各国・各言語に対応しているため、サイトの上部には英語、フランス語、アラビア語、中国語、スペイン語、ポルトガル語、と選択できて、その中に日本語があるところが大半です。画像やフラッシュもきちんと日本語用になっているところも多く、サイトで不自由することはありません。

日本語システム

各海外FX業者にはMT4以外に別のツールを使うところがありますがチャートシステムも日本語です。場合によっては最初は英語仕様で自分でカスタマイズして日本語化するという方針のものもあります。まあシステムは数字がわかれば大半のことはできるので、それほど問題はありませんね。

日本語メールサポート

すべての海外FX業者では日本語でのメールサポートがあります。対応しているのは日本人スタッフなのか、日本語が話せる別の人なのかは業者次第ですが、日本語でのやり取りで完了させることができます。メールが英語で返ってくるなんてことはありません。

日本語電話サポート

各海外FX業者では日本語での電話もできます。ただこれをやっているところは少数派であり、メールでのやり取りのほうがメインとなります。また対応しているところも、日本語での対応時間が決まっており、その時間以外や担当者がいないときは英語になります。海外FX業者の多くはヨーロッパにあるために、サポート時間が時差があるため日本時間の午後~深夜にズレてしまうのが原因です。

日本語ライブチャット

各海外FX業者ではメール以外にライブチャットでの対応をしてくれるところがあります。これも日本語での対応時間が決まっており、日本時間深夜などは使えないこともありますが、昼間や夜では大丈夫です。またチャットであれば、Google翻訳などのツールを使えば英語での会話も十分可能です。