海外FX業者の携帯・モバイルアプリはスマートフォン基準。ガラケー無視。

海外FX業者の携帯・モバイル対応

今やFX取引はPC上だけでやるものではなくなりました。携帯電話やスマートフォンなどで続々とアプリが登場して、スマートフォンなどではリアルタイム取引が可能とPCと同じような環境で取引できるようになっています。当然、海外FX業者の携帯・モバイル対応も気になるところでしょう。結論からいうと、携帯・モバイル対応はしています。しかしそれはスマートフォンだけです。

ガラケーは対応外である

日本もスマートフォンの割合がどんどん増えていますが、まだまだガラパゴスケータイといわれるガラケーを使っている人も多いでしょう。日本のFX業者であれば、Docomoのiアプリ、AUのEZwed、Softbankのアプリなどそれぞれをリリースしてくれますが、海外FX業者では日本だけでしか通用しないガラケー対応のアプリを作っているところはありません。よって海外FX業者での携帯・モバイル取引をするためにはスマートフォンでなければいけないのです。

各種スマートフォン対応アプリは勢揃い

日本のガラケーは完全無視ですが、スマートフォンは各種アプリが勢揃いしています。基本的にスマートフォンであれば、WEBアクセスすることでWEBトレードシステムでそのまま取引も可能です。そしてモバイル取引にはスマートフォンであるiPhoneやAndroid、iPad、WindowsPhone に対応しています。日本で手に入るiPhone、AndroidOS携帯、iPadなどには総じて対応しています。iPhoneのiOSやAndroidOSなどは世界基準で通用するOSのため、数多くある海外FX業者の中でも両方に対応していないところは皆無といっていいでしょう。スマートフォンをもっていればモバイル取引には困りません

海外FX業者のスマートフォンアプリは総じてかなり性能のよいものに仕上がっています。10ヶ国語に対応した便利なトレーディング・インターフェースです。FX、CFDおよび金属がリアルタイムレート配信。オプションの開閉およびオーダーの修正、指値・逆指値注文の発注、高速1タップの実行、複数の画面とリアルタイムの為替レートのデータのカスタムビュー、過去のデータ、風景のカラーチャー、外国為替のニュース、日本のスマートフォンアプリよりよいものかもしれません。

AndroidOSスマートフォン

iPhone&iPad

WindowsMobile&Symbian:Trading Point Mobile Trader

関連記事