IFCMarketsはレバレッジ1000倍、証拠金に年2%の金利、日本語サポート良し

IFCMarketsの特徴・魅力

IFCMarketsについて

IFCMarketsは本社がロンドンにありBVI(英国領ヴァージン島)のライセンスを保有する国際FXブローカーです。IFCMGroupとは他にも、中南米、アラビア諸国、欧州、東南アジアなどにいくつかの投資会社など各国に投資会社を設立している国際金融グループです。先物・オプション・為替市場取引の商事会社としてサービスを提供する国際企業として、英国領ヴァージン島での有限会社の登録を有しています(登録番号:IBC CAP 291 № 669838)。IFC Marketsは国際的に適応されている管理・調整基準に従ってます。IFCMarketsは世界中のトレーダーが選ぶハイエンドな・高度な取引環境と革新的取引・分析ツールNetTradeXを利用できます。

充実の日本語サポート

IFCMarketsは結構前から日本市場に進出している海外FX業者で、日本語サポートも結構しっかりしています。サイトも上記の画像のように完全日本語化されてますし、日本語によるメールサポート、電話サポート、ライブチャットサポートもあります。日本語サポートに関しては海外FX業者の中でもトップクラスです。

ありえない!?口座の保証金に年2%の金利がつく

IFCMarketsは2009年10月1日からなんと預け入れた保証金に対して年利2%の金利が付きます。しかもこの金利は取引しなくても付与されるのです!そのためFX口座でなく銀行口座の預金みたいな形として使うことができるのです。この超低金利の時代、銀行にお金を預けていてもつく金利は0.01%とかです。それに対してIFCMarketsは年間2%、ちょっとした中程度の高金利通貨のスワップ金利なみの運用ができます。もちろん海外FX業者であるIFCMarketsを信用して大きな金額を預けるのは悩みどころですが、かなりの有望な投資先になっているのです。ちなみにイスラム口座(スワップフリー口座)には利息は適応されません。

世界最高!レバレッジ1000倍

海外FX業者を利用する最大の理由にしてメリットが、日本業者とは圧倒的に違うハイレバレッジです。そしてなんとIFCMarketsはレバレッジが1000倍もかけられるのです。1000倍ですよ!千倍!サウザンドです!例えばドル円のレートが80円の時、1万通貨をたった800円で取引することができるのです。1000円以下で1万通貨のポジションを取れる業者は、数ある海外FX業者でもIFCMarketsだけです。レバレッジ1000倍はNetTradexのビギナー口座とMetatrader4のマイクロ口座で使えます。

毎月、外為トレードコンテスト開催

海外FX業者には自社でトレードコンテストを実施している所も多いですが、IFCMarketsも外為コンテストを開催しており、上位入賞者にはボーナスがプレゼントされています。トレードコンテストの条件は、最初の資金が100ドルに限定して、レバレッジは400倍とされています。上位のボーナスは1位が1500ドル、2位が1200ドル、3位が1000ドル、4位が700ドル、5位が500ドルとなっています。他にも特別賞があるみたいですが、5位までとかなりの上位だけがボーナス対象者です。同じコンテストなら上位100位までボーナスがもらえるAmigaFXのほうが豪華と言えますね。

口座のランクあり

海外FX業者は顧客の取引量や資金量によって口座のタイプを別にしていますが、IFCMarketsも同様です。ツールによるNetTraderX口座とMetaTrader口座があり、それぞれ取引・資金量の小さい口座と大きい口座があります。その小さい口座のBeginnerやMicro口座ではたった1USDの80円から口座開設できる上にレバレッジ1000倍がかけられます。対して大きいStandard口座では初期ハードルが高い代わりに取引量に制限がありません。投資家によって使い分けられます。当然レバレッジ1000倍が魅力的ですね。

口座の種類NetTraderX口座Metatrader口座
口座のランクBeginnerStandardMicroStandard
最小初期保証金1 USD200 USD10 USD300 USD
最大初期保証金3,000 USDUnlimited3,000 USDUnlimited
口座上限5,000 USDUnlimited5,000 USDUnlimited
レバレッジ400倍→1000倍200倍400倍→1000倍200倍
電話サービス
市場ニュース×
取引量上限有り無限上限有り無限
レバレッジ1000倍に証拠金2%金利!IFCMarketsの口座開設へ

IFCMarketsの日本語対応

日本語サイト

IFCMarketsのサイトは日本語化されます。
ただし一部分だけで、英語表示のページも多いです。

日本語システム

IFCMarketsには2つのシステムがありますがどちらのチャートシステムも日本語です。

日本人スタッフ

IFCMarketsには日本人も在中しています。
英語な不慣れな方でも日本語で質問できるのです。

日本語メールサポート

IFCMarketsには日本語のメールサポートが受けられます。
返信は1営業日くらいかかります。サポート時間なら当日に返信がきます。
返答は海外FX業者の中でもかなり早いです。

日本語電話サポート

IFCMarketsには日本語の電話サポートも受けられます。

日本語ライブチャット

IFCMarketsには日本語のライブチャットがあります。
サポート時間内ならいつでもつながります。
サポート時間外なら、メールサポートに切り替わります。

レバレッジ1000倍に証拠金2%金利!IFCMarketsの口座開設へ

IFCMarketsの入金・出金方法

対応クレジットカード

IFCMarketsに限らず海外FX業者の基本入金はクレジットカードです。IFCMarketsは基本、口座はドル建てになっていますが2012年9月から円口座が対応になるので、円でも入金できます。ブランドはVisa(ビザ)、Mastercard(マスターカード)などです。JCBは使えませんので注意しましょう。クレジットカードの入金は約5分間~1時間ぐらいで反映されます。最低入金額は100ドルです。ただしクレジットカード入金では入金額の3%が手数料としてかかってしまいます。ただし入金手数料はキャンペーンによって無料になります。

対応電子マネー

IFCMarketsではいくつかの電子マネーにも対応しています。WebMoney、LibertyReserveです。入金の反映はクレジットカードと同じ約5分間~1時間くらいかかります。手数料はWebMoneyでは入金額の0.8%、LibertyReserveでは1.0%がかかってしまいます。

銀行送金

IFCMarketsでは銀行送金も利用できますが、他の海外FX業者と違うところは、銀行手数料をIFCMarketsが負担してくれるために実質無料で入金することができます。クレジットカードと電子マネーより銀行送金のほうが安いというのは珍しいですね。ただし入金の反映はかなり遅く2~3営業日ほどかかります。

IFCMarketsの出金方法

IFCMarketsは主に電子マネーと銀行送金で行われます。クレジットカードへの出金はできません。これは不便なので、いずれ解消はされるでしょうが、クレジットカード出金は現段階ではできません。電子マネーの出金反映時間は入金と同じくらい、銀行送金では出金手数料が2,000~2,500円ぐらいかかります。ドル基準で計算されるため、為替レートで手数料が多少変化します。

入金方法反映時間手数料
クレジットカード
(Visa、Master)
5分間~1時間入金額の3.0%
銀行送金2~3営業日無料
電子マネー5分間~1時間WebMoney:入金額の0.8%
LibertyReserve:入金額の1.0%
出金方法反映時間手数料
クレジットカード
(Visa、Master)
銀行送金2~3営業日2,000~2,500円
電子マネー5分間~1時間無料
レバレッジ1000倍に証拠金2%金利!IFCMarketsの口座開設へ

IFCMarketsのレバレッジ

世界最高!レバレッジ1000倍

海外FX業者を利用する最大の理由にしてメリットが、日本業者とは圧倒的に違うハイレバレッジです。そしてなんとIFCMarketsはレバレッジが1000倍もかけられるのです。1000倍ですよ!千倍!サウザンドです!例えばドル円のレートが80円の時、1万通貨をたった800円で取引することができるのです。1000円以下で1万通貨のポジションを取れる業者は、数ある海外FX業者でもIFCMarketsだけです。レバレッジ1000倍はNetTradexのビギナー口座とMetatrader4のマイクロ口座で使えます。

レバレッジ1000倍は申請が必要

IFCMarketsはレバレッジが1000倍をかけられる世界最高のスペックを有しています。しかしレバレッジ1000倍の対象となるNetTradexのビギナー口座とMetatrader4のマイクロ口座の初期レバレッジは400倍に設定されています。これらの口座でレバレッジ1000倍を使うためには個別に申請する必要があります。ただし申請したからといって却下されるような条件などはありません。あくまで初期からいきなり1000倍を使わないようにするリスク管理の観点からでしょう。

IFCMarketsのロスカット制度

IFCMarketsはロスカットが証拠金維持率10%で実行されます。証拠金は100%ではないので、必要証拠金めいいっぱいでポジションをとってもまだ余裕がある水準になっています。またIFCMarketsは追証なしの0カット制度を導入しているため、万が一相場が急変して口座残高がマイナスになっても、ゼロになるだけで追証はありません。

レバレッジ世界最高1000倍
追証なしの0カット有り!

レバレッジ1000倍に証拠金2%金利!IFCMarketsの口座開設へ

IFCMarketsの評判・口コミ

Yahoo!知恵袋:特になし

教えて!goo:特になし

IFCMarketsの評判や口コミ

海外FX業者の評判や口コミというのは非常に少なく見つけにくいものですが、IFCMarketsの評判・口コミは本当に見つかりませんでした。良い評判も悪い評判もほとんどありません。かなり知名度は低い業者といえます。ただ、日本からの営業は結構前からやっており、証拠金に金利がつくという点ではすこし話になっていましたが、今ひとつでした。IFCMarketsがレバレッジ1000倍をかけられるようになったのは2012年からなので、すこしずつ評判の声も増えていくでしょう。

レバレッジ1000倍に証拠金2%金利!IFCMarketsの口座開設へ

IFCMarketsのボーナス・キャッシュバック

保証金に対して年利2%の金利ボーナス

IFCMarketsはなんと預け入れた保証金に対して年利2%の金利が付きます。しかもこの金利は取引しなくても付与されるのです!そのためFX口座でなく銀行口座の預金みたいな形として使うことができるのです。この超低金利の時代、銀行にお金を預けていてもつく金利は0.01%とかです。それに対してIFCMarketsは年間2%、ちょっとした中程度の高金利通貨のスワップ金利なみの運用ができます。もちろん海外FX業者であるIFCMarketsを信用して大きな金額を預けるのは悩みどころですが、かなりの有望な投資先になっているのです。ちなみにイスラム口座(スワップフリー口座)には利息は適応されません。

金利対象は取引に使用されてない証拠金

ただしこの金利は取引に使用されていない有効保証金、つま預かり金残高から保証金の分を除いた数値である有効保証金が対象となります。取引に使用している証拠金は対象にはならないのです。毎日グリニッジ標準時00:00に口座バランスに対し金利の計算が行われ金利が積み立てられていきます。 積み立てられた金利は次の月の1日から5日までに取引口座へ追加されます。

レバレッジ1000倍に証拠金2%金利!IFCMarketsの口座開設へ

IFCMarketsの携帯・モバイル

NetTradeXのモバイル

NetTradeXではAndroid、WindowsMobile対応のモバイルツールがあります。基本的な操作、ポジションの新規注文や決済注文、注文の設定・削除、トレーリングストップ注文が利用可能、為替相場ウインドウを通じての価格動向チェック、証拠金情報ウインドウで取引口座管理、チャート、インジケーター、他のオブジェクトの表示、チャート上で出金など、このモバイルツール1つでPC上と同じような操作ができるのです。

Metatraderのモバイル

Metatraderの口座にもモバイルツールがあります。MetatraderをiOSを搭載したiPhoneやAndroidOSを搭載した各種スマートフォン、WindowsMobile対応のモバイルツールがあります。基本的な操作、ポジションの新規注文や決済注文、注文の設定・削除、トレーリングストップ注文が利用可能、為替相場ウインドウを通じての価格動向チェック、証拠金情報ウインドウで取引口座管理、チャート、インジケーター、他のオブジェクトの表示、チャート上で出金など、このモバイルツール1つでPC上と同じような操作ができるのです。

レバレッジ1000倍に証拠金2%金利!IFCMarketsの口座開設へ

IFCMarketsの総合評価

総合評価評価の理由5段階評価
レバレッジIFCMarketsのレバレッジはなんと世界最高の1,000倍になります。使えるのはNetTradeXのビギナー口座とMetaTrader4のマイクロ口座です。1,000倍にするのは一応申請が必要ですが、形だけの申請で特に条件などはありません。★★★★★
ロスカットロスカットは証拠金維持率10%で実行されます。水準は低く、証拠金全額でポジションをとってもまだ余裕があります。そして相場が急変してロスカットが間に合わずに口座残高がマイナスになってしまった場合も追証がでない0カット制度があります。★★★★★
コスト面ドル円は3.0pips、ユーロドルは2.0pips、他の通貨も数pipsとスプレッドは狭くありません。ドルストレードはともかくクロス円のスプレッドは3pips~とやや広いです。★★
日本語対応サイトや取引システムは日本語化されています。日本人スタッフもいますし、メールや電話サポートは対応も早く、サポート時間内なら日本語でのライブチャットもできます。日本語のサポートはかなり充実しているとえいます。★★★★★
入出金方法入金方法はクレジットカード、電子マネー、銀行送金と揃っています。またカードや電子マネーは入金の反映も数分から1時間とリアルタイムです。ただし出金に関してはクレジットカードは対応していない上に、銀行送金は出金手数料がかかってしまいます。★★★
安全・信頼性IFCMarketsはBVI(英国領ヴァージン島)のライセンスをとっています。★★★
評判・人気日本での営業はあまりしていないのか評判・口コミは少なめです。というかほとんどありません。ただしレバレッジ1000倍や保証金の金利などがちょっと話題です。
携帯・モバイルNetTradeXとMetaTraderのどちらの口座も、iPhoneやAndroid、iPad、WindowsMobileなどほぼ全ての種類のスマートフォンに対応しています。モバイルサービスは充実しています。★★★★★
ボーナス入金額の何%をボーナスというものはなく、取引口座に入金されている保証金に対して年間換算で2%の金利がつくというボーナスがあります。口座に入金されておけば、中程度の金利通貨レベルの運用が可能な上に、いつでも取引に使えます。★★★★★
総合判断日本語サポートがしっかりしている標準業者が、レバレッジ1,000倍を導入して0カットと合わせて大勝負ができる優良業者となりました。スプレッドや出金がややコスト高めなのが難点です。証拠金に金利がつくために、普段は金利を受け取り寝かせて、介入時に大勝負という使い方ができる、ハイレバ海外FX業者の一角です。★★★★
レバレッジ1000倍に証拠金2%金利!IFCMarketsの口座開設へ

IFCMarketsの口座開設はコチラ
※ 口座開設はもちろん無料で1円もかかりません
レバレッジ1,000倍の上に、証拠金に2%の金利


IFCMarketsは世界最高のレバレッジ1,000倍
ハイレバレッジと0カットシステムによる一発勝負ができるFX業者

IFCMarkets のURL : http://www.ifcmarkets.com/ja/

IFCMarketsの詳細データ

会社名IFC Markets
URLhttp://www.ifcmarkets.com/ja/
設立2003年
所在地イギリス
資本金2000万USD
登録BVI(英国領ヴァージン島)
デモ取引
資産管理方法分別保管
使用システムNetTradeX、Matatrader
システムの内容リッチクライアント型
システムの重さ軽快に動く
サービスNetTradeXMatatrader
BeginnerStandardMicroStandard
最低取引通貨単位10010,0001,00010,000
口座維持手数料無料
取引手数料無料
取扱口座通貨USD,JPY
通貨ペアFX34通貨ペア、CFD6銘柄、コモディティ1銘柄
レバレッジ1000倍200倍1000倍200倍
ロスカット証拠金維持率10%
携帯・モバイルiPhone、Android、Windows Pocket PC、Windows Mobile
入出金方法クレジットカード(VISA、MasterCard)
WebMoney、CashU、Liberty Reserve
銀行送金
入出金手数料クレジットカードは入金額の3%の手数料
電子マネーは入金額の1%の手数料
銀行送金は約2500円の銀行手数料
入出金時間クレジットカードは5分間程度
WebMoney、CashU、Liberty Reserveは5分程度
銀行送金は2~3営業日程度
両建て
複数口座
0カット
日本語サイト
日本語システム
日本人スタッフ
日本語メール
日本語電話
日本語チャット
ボーナス使用していない証拠金に年間2%相当の金利がつく
レバレッジ1000倍に証拠金2%金利!IFCMarketsの口座開設へ
選抜したFX会社

初心者向け

中級者以上向け

個人的に使いたくない

初心者でもできる資産運用
✓なぜ初心者でも大丈夫なのか

AI(人工知能)による自動運用
個人のスキルや知識は影響しにくい

投資先の分散と長期的運用を行う
大損のリスクはほとんどない

行動する人は、行動しない人より、
圧倒的によい成績を残せる!

関連記事