FXって売りから入ることができて・・・円高でも利益を出せるの?

FXは円高方向へ売りをすることができる

あなたはFXに対してどんなイメージがありますか?一般的には円安で大儲けしたとか、スワップ金利で毎日給料日になったといったものが多いですね。しかし2007年、2008年の金融危機によって一気に円高になり、多くのFX投資家が大きな損失をかかえてしまいました。そのため、FXは円高が一番怖い ・・・ しいてはFXそのものが危険であると考えてしまったのではないでしょうか?しかし、それは思い込みに過ぎません。なぜならFXという取引は、なんと円安方向へ買うだけではなく、

円高方向へ売りで
取引をすることもできるのです

カラ売りのしくみ理解していますか?

どうして円高方向へ取引をすることで利益をあげることができるのでしょうか?これは株式投資の ”空売り” と原理は同じです。空売りの原理はご存知でしょうか?空売りとは、まずどこかから株式を借りて、その借りた株式を売って現金化します。しかし借りた株式は他人のものですから、期限までに返さなければなりません。そのため自分で再度株式を買って、その株式を返すことで取引が完了します。そのとき、売った価格よりも買った価格が低ければ、差額が利益となります。つまり通常の取引が 「買い→売り」 で完了するのに対して、 「借りる→売り→買い戻す→返す」 で完了するのがカラ売りなのです。実際に現物をもっていないのに売りをするから ”カラ売り” というのですね。

カラ売りのしくみ

カラ売りを円と外貨に置き換えればよい

カラ売りは理解できましたでしょうか?これを円高の場合、株ではなくて外貨に置き換えて考えればいいのです。例えばドル円を売る場合、まずどこかから外貨であるドルを借りて、その借りたドルを 1$=100\ で売って日本の円にしますね。しかし借りたドルは他人のものですから、期限までに返さなければなりません。そのため自分で再度ドルを買い戻して、そのドルを返すことで取引が完了します。もしそのときのドル円相場が、1$=80\ だった場合は100円で売ったドルを80円で買い戻すことができたのですから、差額20円が利益になりますね。こういうことなのです。つまり円高でも儲かるFXの取引とは、 「外貨のカラ売り」 ともいえるのです。

円高でも儲かる取引の流れ

関連記事