証券会社のFXをサービスや評判などで総合評価

 

証券会社がついでにやっているFXの総合評価

総合評価 評価の理由 5段階評価
短期売買
デイトレ派
手数料もかかりスプレッドも広いしサーバーも不安だらけ。全くいいところはありません。こんな水準の取引環境が使えるわけない。
長期投資
スワップ派
コストも多くスワップもかなり低い、加えてマイナススワップとの差が多くなっています。証券会社の安全性を考えれば多少なりとも長期保有してもいいですが、マネックス証券のように勝手な都合でサービスを終了させられたりするため安心できない。 ★★
コスト面
スプレッド+手数料
手数料がかかるのが当然でスプレッドも広く、コスト的にかなり最高ぼったくり
安全性
信託保全+信頼性
唯一の利点かもしれません。証券会社は自己資本規制比率が安全圏であるため、会社が破綻するリスクが非常に低く安全性は高いです。ただし多くの証券会社は資産管理が分別管理であったりしたり、勝手な都合によるサービス終了があるので安心はできない。 ★★★★★ 
サーバー システムは他の業者のものをレンタルしたものであり会社ごとの独自性は全くありません。またサーバーの詳しい仕様を分かっていない所も多く、もしもサーバーダウンなどのサーバーの問題が起きた場合には、社員が対応できない可能性が高く安心できません。 ★★
情報サービス 株や投資信託の情報はあれど、FX自体の情報はほとんどないです。証券会社によっては、FXという金融商品の詳しい説明を載せていないところもあってサービスには全く期待できません。
人気 これほどぼったくりにもかかわらず、証券会社の知名度や株取引をやっていてそのまま同じ会社で使っているという人も多く人気は高い・・・まさしく無知は損なり ★★★★
総合判断 メリットといえば会社が倒産しにくいというわずかな安全性だけです。しかしその安全性といっても、業者の勝手な都合でサービスを終了させられる可能性があることから、ほとんど意味をなしません。そしてコストも非常に高いことからオススメできる業者はありません。