仮想通貨FX

仮想通貨FXとは話題のビットコインをトレードする証拠金取引です。ビットコインFXとかBTCFXともいわれますね。

BTCFXで有名なKAZMAXさんなどは1日3億稼いだこともあります

そう、仮想通貨FXは自己資金の何倍もの仮想通貨をトレードできるため、少ない資金から数千万円、数億円稼ぐこともできる取引なのです。

おすすめの仮想通貨FX業者はこちら。

※無料で口座開設できます。初心者でも手軽に運用。

しかしハイリスクハイリターンの取引のため、一歩間違えば追証という借金を背負ってしまう可能性もあります。

かなり上級者向けの取引です。

この記事の内容
  • 上級者向けの理由
  • 追証がある危険性
  • 現物取引とFX取引の違い
  • おすすめの取引所

初めての人へ読んでほしい

仮想通貨FX(BTCFX)は、取引所にある程度の証拠金を預けてその数倍から数十倍の取引ができる ”レバレッジ取引” になります。

仮想通貨FX人気の理由

仮想通貨FXはブームの少し後から大きな人気を集めました。

その理由はレバレッジによって少ない資金で高額の売買ができるため、数万円の資金でも50万円や100万円の利益を出すことが可能なのです。

普通のFXとの違い

FXと聞くと為替であるドル円やユーロ円を取引するFXのほうが有名です。

どう違うのか?と気になりますが、基本的には ”取引対象” が為替なのか仮想通貨なのかってだけです。

どちらも証拠金を預けて、その数倍のトレードができる仕組みは一緒です。

ただ面倒なことに、為替のFXをやるならFX会社に口座開設が必要で、仮想通貨のFXをやるなら仮想通貨取引所に口座開設が必要なことです。

海外にはどちらも一緒に取引できるところもありますが、日本国内にそんな便利な会社はありませんので、両方やるにはFX会社と仮想通貨FX会社両方に口座開設が必要です。

オススメの仮想通貨FX取引所

DMM Bitcoin

DMMビットコインの特徴

  • エロで有名なDMMグループの運営
  • DMMは為替のFX会社もあるよ
  • ビットコインのスプレッドが狭い
  • アプリの動作が軽快
  • アプリはとても使いやすい
  • ETHやXRPなどのアルトコインも取引可能

仮想通貨FXでは大きな利益が出せる

レバレッジで巨額のトレードができる

仮想通貨FXでは少額の資金でも大きな利益が出せます。

それはレバレッジがかけられるからです。

為替のFXも同じくレバレッジがかけられますが、仮想通貨は為替と比較して非常に値動きが大きいのです。

為替より仮想通貨FXのほうが利益が大きい

例えば自己資金が10万円あるとします。

レバレッジ10倍をかけることで100万円の取引が可能です。

為替は1日に0.5%くらいしか動きませんが、仮想通貨は一日で10~20%動くので、為替FXでは100万円の0.5%で5000円ほどの利益が限界ですが、仮想通貨FXは20%ですので20万円の利益を狙うことができます。

これが仮想通貨が人気の理由です。

たとえ資金の少ない学生でも、仮想通貨FXで億万長者になった方がたくさんいるのです。

もちろん良いことばかりではありません。リスクとリターンは表裏一体。20万円勝つことがあるというのは、20万円負ける可能性だってあるわけです。大きな損失を出さないようリスク管理ができる人のみがやるべきなトレードなのです。

売りでも利益が出せる

他にも仮想通貨FXの魅力があります。

通常現物取引は「買って売る」しかできません。相場が上がっているときは利益を伸ばせますが、相場が下がった時は損切りしかできません。

これに対して仮想通貨FXは信用取引によって「売り」から入ることができるのです。

例えばBTCが100万円の時に1BTCを売って、BTCが50万円に下がったときに買い戻せば、「100万円-50万円」の差額50万円の利益を得ることができます。現物取引では損切りしかできません。

24時間365日トレードチャンスがある

仮想通貨はどこかの国や組織が管理しているものではありません。

そのため相場というのは取引している人がいる限り24時間365日すべてにおいて取引が可能です。

為替FXであれば土日や年末年始などは市場が閉まるためトレードができませんが、仮想通貨FXでは土日・祝日すべての時間においてトレードが可能になっています。

仮想通貨FXのリスク

大きな損失の可能性

先程も述べましたが、20万円の利益が狙えるのであれば、20万円の損失の可能性もあります。

自己資金の何十倍ものトレードができる仮想通貨FXは、1万円くらいの証拠金でポンッと10万円くらい儲かることもあれば、10万円損失を出すこともあります。

すると自己資金よりも大きな損失が出てしまいます。

追証の可能性が高い!

自己資金よりも大きな損失が出ることを「追証(おいしょう)」といいます。株の信用取引では聞いたことがあるかもしれません。

これは自己資金がマイナスになった状態であり、マイナスの額だけ自己資金を取引業者に入れなければ行けない状態です。先程の1万円の証拠金で10万円損失を出してしまった場合、足りない9万円を追加入金しなければいけません。

本来はロスカットがある

通常は為替FXと同様、証拠金以上の損失が出る前に取引所が強制的に取引を終了させる「ロスカット」という制度があります。

先の例では1万円の証拠金なので、取引の損失が1万円を超えそうになったらその前に取引をカットして証拠金以上の損失が出ないようにしてくれる防御機能です。

ロスカットが間に合わない

しかし仮想通貨は値動きが激しすぎるため、急激に損失が拡大した場合にカットが間に合わないことが十分にありえます。その場合、カットされたときにはすでに証拠金以上の損失が出てしまって、追証になってしまうのです。

例えば下記のツイッターの方は急激な下落において、ロスカットが正常に作動せずに-1600万円の損失を出してしまい450万円の追証をかかえることになってしまっています。

システムが未整備な所も多い

さらにもう1つ大きなリスクがあります。

仮想通貨取引所の多くはサーバーやシステムが脆弱なところが多く、相場が大きな変動をするとサーバーが落ちてしまって取引そのものができなくなってしまうことがあるのです。

実際にZaifという業者はサーバーが弱いことで ”超” 有名であり、ちょっと相場が動くと取引が停止されます。さらに異常値などが出て、BTCの2兆円の売買が成立したという、ありえない取引が成立してしまうこともあったのです。

余裕資金かつ上級者向け

以上のように仮想通貨FXは非常に大きな利益を狙えますが、追証などのリスク、サーバーのリスクなども大きなものです。

大きな利益は魅力的ですが、リスクも半端ないので、もしやりたい人はしっかりとデモトレードなどで練習をして少額の資金からはじめることが絶対です。値動きが大きいので少額の資金でもきっちりと利益を狙えます。

仮想通貨が急激に上がった2017年、急激に暴落した2018年と、ここ2年で多くの仮想通貨取引所が破綻しました。特にサーバーの弱いzaifやcoincheckなどは顧客資産の流出なども起こしたために取引する業者としては適していません。

ただ最近はBitFlyer、BitMEX、Bitfinexといった業者の勝ち組が決定してきており、それらの業者を使っていれば大きな問題には遭遇しにくくなっているでしょう。

私のメインもBitFlyer、BitMEXです。

初心者でもできる資産運用
✓なぜ初心者でも大丈夫なのか

AI(人工知能)による自動運用
個人のスキルや知識は影響しにくい

投資先の分散と長期的運用を行う
大損のリスクはほとんどない

行動する人は、行動しない人より、
圧倒的によい成績を残せる!