FX勝ち組の共通点:資金が多く低レバレッジ

年齢や職業では差がなく、運用スタイルが勝ち負けを決める

FXで勝つにはどうしたらいいか?勝ってる人、負けてる人永遠の課題です。そういった悩みを少しでも解決するために、FXで勝っている勝ち組と負けている負け組の傾向を分析することで少しでも自身の向上につなげましょう。FXに関してはいろんなサイトや雑誌で統計が取られており、勝ち組・負け組の傾向が導き出されています。例えばZAIや日経マネーといったところでの統計では、昨年の利益率が+20%以上を勝ち組、-20%を負け組として分析を行いました。その結果、年齢、職業、年収、金融資産の項目ではあまり差は出ないということでした。決定的な違いはFXの運用スタイルにあったのです。

勝ち組と負け組の一番の差は運用資金額

例えば、運用資金の額です。

運用資金の額
運用金額 FX勝ち組 FX負け組
~50万円 20% 45%
50~100万円 20% 25%
100~200万円 20% 15%
200~500万円 25% 2%
500~1,000万円 12% 1%
1,000万円~ 3% 1%


ここがFX勝ち組とFX負け組での一番の決定的違いとも言えました。FX勝ち組がFXに投じる運用資金は半分以上が100万円以上のミリオン単位の金額を投じていました。500万円以上も2割ほど、中には1,000万円以上を投じている人もいます。コレに対してFX負け組の方は100万円以下の人が圧倒的であり、50万円以下、10万円ほどの方もかなりいました。まぁこれは当然ですね、最初が負け組であるなら投資金額が少ないのは当たり前なのですから。

資金額が大きいということはそれだけで有利になります。その理由はレバレッジを低くしてちょっとやそっとの変動でロスカットされないことにあります。少ない金額であるとどうしてレバレッジは高くなってしまいますし、かといってレバレッジを低くすれば運用益が小さくなりすぎてしまうのでどうしてもリスクが大きくなりがちです。対して資金が潤沢にあれば同じドル円80円ぐらいでの10万通貨のポジション(800万円相当)を取ったとしてもレバレッジをかけずに取引することだってできます。もちろん予想が外れれば損をするのは同じですが、レバレッジが低ければ塩漬けで相場が反転するまで気長に待つことも余裕です。

為替は広い時間を見れば、結局レンジ相場なので低レバ

何億円ももっているいわゆる資産家の人に話しをきいたことがありますが、FXはレバレッジはかけても2倍まで、それくらい低ければ誰でも勝てるよ。とおっしゃっていました。為替は広い面でレンジ相場なのですから、(先進国の通貨同士なら)待っていれば時間次第でいつか戻ってくるものです。マネースクウェアジャパンのトラリピなども為替の広い面でのレンジを利用した投資法で、トラリピ自体が勝っていることからも同様のことが言えますね。一刻の変動にどうこうしないので精神的にも楽ですし、メンタル面の弱さにも無縁でいられるかもしれません。資本主義なので金のある人ほど有利というのはFXだって同じです。お金がない人は 「理不尽だ」、「不公平だ」 と思うかもしれませんが、そんな愚痴を言っても何も変わらないので、資金力をつける努力をしたほうが実際に勝てるようになりますよ。


[株式会社マネースクウェア・ジャパン]

>> 低レバだからこそマネースクウェア・ジャパンのトラリピ <<  

同ジャンルのリンク

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!