ひふみ投信はレオス・キャピタルワークスが運営

ひふみ投信はどんな業者か?

【運営は外為オンラインなどと同じISホールディングス】
今、運用成績が好調なひふみ投信ですが、それを取り扱っているのはレオス・キャピタルワークスという会社です。このレオス・キャピタルワークスは外為オンラインライブスター証券アイネット証券などの数々のFX会社を運営しているFX業界の一グループであるISホールディングスです。ISホールディングスはITと金融を合わせた21世紀の新しい金融商品を提供しており、グループ内にシステム開発を担当するI&AS社などもあります。カーシェアリングや不動産事業などさらに新しい事業にも進出し、拡大している注目のグループの一員です。

【扱っている数はたった1つ】
ひふみ投信とはセゾン投信と同じような投資信託直販会社です。そのためひふみ投信の投資信託はたった1つしかありません。厳密にいえばひふみプラスやひふみ年金などはありますが、大本は1つです。数にいたってはゆうちょ銀行や信用金庫よりも劣ってしまいます。しかし一点集中という優秀な投資信託なのです。他のオンライン証券は、とにかくいろんな運用会社をまわって、いろんな投資信託を取り扱っています。そう、いくつも集めて売り出し、数打ちゃあたるの経営をやっているのですが、ここだけはそれとは全く逆の発想でやっています。少数精鋭、というより精鋭1つのみ、それがレオス・キャピタルワークスの方針です。

【最優秀ファンド賞を受賞するファンド:ひふみ投信】
レオス・キャピタルワークスが取り扱っている唯一の投資信託が 「ひふみ投信」 です。このひふみ投信は非常に優秀なファンドになっており、2008年、2009年、2010年、2011年、そして2012年と毎年JPモルガン・アセット・マネジメントの最優秀ファンド賞を受賞しているほどの際立った優秀さなのです。それもそのはず、リーマンショックやギリシャ・ショックなどの相場激変の年度を通しても設定来を30%以上プラスに保っている優秀な運用、そして手数料無料と文句なしの成績と環境です。2015年においてもその評価は変わらず、投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015 にて1位を受賞、R&Iファンド大賞2015においても投資信託/国内株式部門で優秀ファンド賞、NISA/国内株式部門で最優秀ファンド賞を受賞しています。2016年にはリッパー・ファンド・アワード・ジャパン2016 株式型 グローバル分類(評価期間5年)において最優秀ファンド賞を受賞しています。これは評価期間が5年と長く設定されており、まさしく長期において継続して実績を上げているファンドとして評価されているのです。

【基準価格は右肩上がりがずっと続いている!】
ひふみ投信の実績とは言葉で表すよりもチャートで見せたほうがすぐにわかります。下記はレオス・キャピタルワークスの公式ホームページにある 「ひふみ投信の基準価格、純資産総額チャート」 です。基準価格、純資産総額が右肩上がりで推移しています。しかも安定して続いているのが特徴です。この期間日本株やアベノミクスで上昇トレンドではありましたが、ギリシャショック、誤発注ショック、イタリアショック、欧州ソブリンリスク、中国景気後退、Brexit、トランプショックなど怒涛の相場が続いています。しかしそういったショックや暴落などを乗り越えてもしっかりと実績を上げ続けていることが下記のチャートでわかります。こういった実績があるファンドは強いです。実績が投資を呼び込み、純資産総額が増えて、さらに投資機会も増える。ファンドマネージャーの腕の見せどころです。

【日本株の平均よりも圧倒的なパフォーマンス】
2012年後半あたりから確かにアベノミクスで日本株は上昇しました。だから日本株に投資するひふみ投信の成績が上がるのも当然じゃないか?と考える人もいます。ひふみ投信は毎月運用報告書を公開していますが、そこではベンチマークとして日本株のTOPIXとの比較をチャート表示しています。これを見れば一目瞭然ですが、ひふみ投信は日本株の平均であるTOPIXよりも圧倒的な好成績を出しているのです。これはひふみ投信の投資対象株の成績が日本株の平均よりも良い成績を出していることがあります。基本的にアクティブファンドがベンチマークに勝てるのは3割程度と言われていますので、平均に勝つことは非常に難しいのですが、ひふみ投信はこれまでにしっかりと結果を出してきているのです。

【テレビ東京のカンブリア宮殿に社長が特集される】
2017年2月16日(木)夜10時放送のテレビ東京:カンブリア宮殿において、【脅威の運用成績を上げる伝説のファンドマネージャーに密着!▽日本復活の鍵は田舎会社にあり!?▽「投資より貯金」日本人の清貧の思想が国を滅ぼす!?】 という刺激的なタイトルで、ひふみ投信のレオス・キャピタルワークス社長兼CIO・藤野英人氏がインタビューを受けています。このようなことは実績が認められていないことには特集が組まれることはありません。


【販売と運用が同じ会社】
ひふみ投信を取り扱っているレオス・キャピタルワークスですが、実は投資信託の販売と運用を自社一括で行っているのです。そう、販売会社であって運用会社でもあるのです。普通の投資信託は 「販売会社 ⇔ 運用会社 ⇔ 信託銀行 → 市場」 と3つの機関が関わるカタチをとっています。しかしここでは販売会社に投資信託を卸さず運用会社が直接販売をしているのです。カリスマ農家が卸売市場を通さずに、直接消費者にネット販売するカタチと似ていますね。そのため販売会社へのコスト負担が全くありません。だから投資信託のコストを非常に安くできるので、手数料無料、信託報酬も1.03%という低額になっているのです。

セゾン投信は販売会社に卸さず、販売と運用を自社でやっている、そのためファンドの質が高く数が少ない

【銀行口座から積立しながらの長期運用に長けている】
ひふみ投信は銀行口座から直接引き落としで投資できる上に、投資金額は10,000円から積立が可能になっています。JPモルガンで2000億円を運用していたり、年金基金を運用していた優秀なファンドマネージャーがしっかりと運用してくれています。設定来プラスをずっと維持しており、長期的積立投資に向いています。

【10代の方に朗報!未成年でもOKだよ】
ひふみ投信の投資信託は非常に優秀なファンドになっています。じっくりと何年も何十年もかけて育て上げていく植物のようなものなのです。それには投資期間が長い人、若い人のほうが有利ですね。そのためひふみ投信は、時間がたくさんある未成年の方でも口座を開設・取引ができるようにしてくれています。この未成年者の口座は 「くるみ口座」 と命名されました。もちろん親権者の許可が必要ですが、未成年に許された数少ない投資ができる会社なのです。将来お金に困らないように子供にも投資をさせてあげることができる理解のある会社です。

【子供1人あたりの教育費用は4000万円以上も】
現在、日本の教育は先進国の中でも公的投資が最低の水準になっており、教育にかかる資金はほとんどが親の負担になっています。幼稚園~大学まで 教育にかかる費用は約780万円~4,020万円(ひふみHPより引用)と言われており、結婚にかかる費用は平均約460万円(ひふみHPより引用)と高額で、ハッキリいいますがお金がないと子供を満足に育てることはできません。そのためくるみ口座では、将来のお子様の将来のためにお金を貯めるのに必要なことは時間を味方につけ、積立でコツコツと運用し、子供がおとなになる頃にはまとまった資産になるような投資ができるようになっています。未来のことは誰にも分かりませんが、安定した成績を続けているひふみ投信を使った将来資産の形成を行っている若い世代はどんどん増えています。ちなみに生まれてすぐに口座開設、投資ができるようになっています。親の同意があれば祖父母世代が孫の口座を開設することもできます。

>> ひふみ投信の資料請求はコチラ <<

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!