マレーシアへの投資方法(株,ADR,FX,投資信託,ETF) 

マレーシアマレーシアに投資する魅力

マレーシアといえば東南アジアの南国の国というイメージですね。物価が安く生活しやすいということで日本で定年退職リタイアした人たちがセカンドライフを楽しむために移住する国としても有名です。セカンドライフの候補地になるほど、物価も安定し、治安も非常よく、インフラが整備されていて海外からの投資も旺盛です。イスラム金融が発達していて中東と同じように経済発展も盛んです。マレーシアの特徴は主に次のようになります。

【マレーシア経済の強み】
・ MEDUSAといわれるような高い経済成長
・ 若年層が多く将来性が高い
・ 海底には天然ガスや石油などの豊富な資源
・ 物価が非常に安定している
・ インフラは非常に整備されている
・ 世界一イスラム金融が発達している
・ 東南アジア随一のリゾート産業
・ 一部ではタックスヘイブンになっている
・ 技術国シンガポールへのアクセスが良い
・ アメリカ経済への依存がほとんどない

☆ セカンドライフに大人気のマレーシア
マレーシアは日本の定年退職者たちがセカンドライフを始める国としてとても人気です。その理由は日本から近く、治安が安定していて日本への理解も浸透している生活のしやすさがあります。マレーシアは新興国という扱いを受けていますが、いざ行ってみると驚くほど技術は生活水準は高く、日本と遜色がありません。そんな環境にも関わらず物価は日本の3分の1。しかも新興国にありがちなインフレはなく、非常に低い物価のまま安定しているのです。隣国シンガポールの影響で、最新技術の恩恵にもあずかれるし天然資源と観光産業によって国はとても豊かです。将来に明るい兆しが見えない日本よりもマレーシアで魅力的なリタイア生活を送る人が多いのは至極当然なのです。

マレーシアマレーシアへの投資方法 : 個別株式

【マレーシア株はアイザワ証券のみ】
マレーシアへの個別株投資は今のところアイザワ証券のみが扱っています。ただし主に電話取引が主流でありインターネット取引にはあまり対応していません。取り扱っている銘柄はおおよそ100銘柄になるそうです。

【英語ができれば現地口座も開設できる】
マレーシアの金融機関は外国人からの投資環境が整っているので英語で会話ができれば現地口座を作ることは比較的簡単です。ただし全てのやり取りは英語であり、取扱をしてくれる通貨もマレーシアリンギット(MYR)だけなので非常に取引が難しいので上級者向けです。

マレーシアマレーシアへの投資方法 : FX (MYR)

【MYR は高金利】
マレーシアの通貨はマレーシアリンギット(MYR)といいます。マレーシアは金融システムもインフレも非常に安定しているので政策金利は3~4%と新興国ではかなりの低水準になっています。これはそれだけインフレが抑えられていて物価が安定していることの裏返しでもあります。この物価安定もマレーシアがセカンドライフの候補地に認められる理由の1つですね。

【MYR はFXできない】
安定しているマレーシアリンギット(MYR)ですが、残念ながら今のところFX取引ができる業者は日本にはありません。流通量が少ないためにFXで取引できるのは当分先になるでしょう。

マレーシアマレーシアへの投資方法 : 投資信託

マレーシアへ単独投資するマレーシア投資信託はありません。
やはりASEAN諸国へ全体投資するものにマレーシアが組み込まれていることが多いのです。

ASEAN投資信託 販売手数料 信託報酬 取扱証券
CAりそな アセアン・ファンド(愛称:メコン) 3.15% 1.26% りそな関連企業
アジア短期債券ファンド(愛称:アジさい) 3.15% 1.3335% 多くのネット証券
三井住友・アジア4大成長国オープン 3.15% 2.478% 楽天証券
新生・フラトンVPICファンド 3.15% 3.0% 楽天、SBI証券
フェイムアイザワアジア中小型株ファンド 3.15% 1.70% アイザワ証券のみ
サザンアジア・オールスター株式ファンド? 3.15% 1.67% 多くのネット証券
JF アセアン成長株オープン 3.675% 1.70% 三菱UFJ証券のみ


【マレーシアだけには投資できない】
マレーシアだけに投資するものは無く、ASEAN全体へ投資する投資信託に頼るしかありません。マレーシアへの投資を投資信託でやるのはけっこう難しい状況です。やはり、東南アジアということでいまだに金融が未発達であることと、イスラム国家で根本的に金融のしくみが違うことが理由になっています。

マレーシアマレーシアへの投資方法 : ETF

【マレーシアへ投資できる海外ETF】
ETFの本場であるアメリカのETFでは、マレーシアだけに投資できるETFがあります。海外ETFということで米ドル建てですが、コストが安くなっています。マレーシア単独への投資信託がなので、このETFは非常に有効な投資先となります。また投資金額が非常に少額(1万円程度)で済むために投資しやすいETFです。

マレーシア株式市場へ投資するETFの詳細
ティッカー ETF名 信託報酬 市場
EWM iShares MSCI Malaysia
マレーシア MSCI マレーシア指数
0.51% NYSE Arca
買える証券会社 楽天証券SBI証券マネックス証券


マレーシアマレーシアへの投資方法 : まとめ

【投資方法は少ない】
まとめるとマレーシアへの投資方法には個別株式(ADR)、投資信託、海外ETFがあります。残念ながらFX(MYR)ではマレーシアリンギット(MYR)を取引することはできませんし、投資信託もASEAN全体のものが多く、投資方法はあまりないです。

【オススメはマレーシアETF!】
正直なところ、マレーシア個別株式は個別企業の情報が入りにくいのでオススメできません。マレーシア投資には手軽でコストが安い海外ETFが一番適しているでしょう。米国のETFなので米ドルの為替変動リスクがありますが、投資金額も少額で済むので非常に有効な投資先になるでしょう。

投資対象 その投資ができる証券会社 手軽度 オススメ度
マレーシア個別株式 アイザワ証券
マレーシア株ADR なし × ×
マレーシアリンギットFX なし × ×
ASEAN投資信託 多くのネット証券
マレーシアETF なし × ×
マレーシア海外ETF 楽天証券SBI証券マネックス証券

マレーシア投資は
楽天証券でETF投資がオススメ!
上級者ならアイザワ証券で個別株式!

>> 楽天証券の資料請求・口座開設はコチラ <<
★BNFさんのように勝ち組になれる人は ”今すぐ” 行動できる人です★
口座開設はもちろん無料ですし、キャンペーンで現金ももらえます
それなのに 『明日にしよう』 『後でやろう』 とぐずぐずしているから、負け組なのです
今やらないで、いつやるんですか?

楽天FX

楽天証券は海外ETFに精通している万能業者
投資信託から株式取引、FX、先物、海外ETFまで最高峰の品揃え
楽天証券のURL : http://www.rakuten-sec.co.jp/

>> マネックス証券の資料請求はコチラから <<
※ 口座開設はもちろん無料で1円もかかりません
マネックス証券は数が少ないけど積立制度が充実!さらに独自ファンドや特殊ファンドにも力をいれていて魅力がある!
マネックス証券は、海外ETF、海外MMF、バラエティにとんだ品揃えがある万能業者です
マネックス証券のURL : http://www.monex.co.jp/

イスラム有望国:MEDUSA

マレーシア Malaysia : マレーシアへの投資方法
エジプト Egypt : エジプトへの投資方法
UAEのドバイ首長国 DUbai : ドバイ(UAE)への投資方法
サウジアラビア SAudiArabia : サウジアラビアへの投資方法

投資信託サイトマップ

祝♪投資信託入門
勝ち組への頼もしいパートナー 定期預金から投資信託へ(貯蓄から投資の時代)
投資のプロが代わりに資産運用します プロがやってくれるのでとっても楽!
プロへ頼むことで世界へ投資できる! たった一万円からできる!
いろんなところへ分散投資してリスク分散! 儲けは2つあるのでダブルでお得!
例:運用に自信がない主婦 例:自分年金を作りたい年金生活者
例:国民年金より投資信託を選ぶ若者 例:忙しく時間のとれないサラリーマン
初心者の投資信託始め方手順♪
1. 投資信託が買える所を知ろう 初心者がやっちゃいけないこと
2 .初心者はまずココに口座を開くべし 郵便局で買うのはオススメできない
3 .自分の年代に合う投資信託を買うべし  
投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
投資資金が無い人はFXのキャンペーンで稼ごう  
<初心者編>覚えよう投資信託について
投資信託の種類と分類 まとめ!
投資信託を売っている4つの場所 3つの機関がある投資信託のしくみ
投資するのは日本にする?海外にする? アクティブ運用とインデックス運用
分配金をもらうか、再投資するか? 募集方法は2つある
投資信託のコスト(手数料) 投資信託のリスクとは
初心者向け:株式投資信託 初心者向け:債券投資信託
初心者向け:バランス型投資信託 初心者向け:公社債投資信託
初心者向け:MRF 初心者向け:MMF
初心者向け:ETF  
<中級者編>いろいろな種類があるよ
中級者向け:海外ETF 中級者向け:外貨MMF
中級者向け:REIT (不動産) 中級者向け:コモディティファンド
中級者向け:ファンドオブファンズ  
<上級者編>きわどい種類
上級者向け:新人アイドルファンド 上級者向け:音楽ファンド
上級者向け:ゲームファンド 上級者向け:オルタナティブファンド
上級者向け:ヘッジファンド 注目! 上級者向け:ワインファンド
上級者向け:ホテルファンド 上級者向け:BST(ボンドセレクトトラスト)
上級者向け:SRIファンド 上級者向け:グリーンファンド
<番外編>完全委託サービス
富裕層向け:ラップ口座 中流層向け:ミニラップ口座
投資信託会社徹底分析(会社選びで差がついてしまう!)
投資信託販売会社一覧
<万能型>楽天証券 <万能型>SBI証券
<銀行型>楽天銀行(イーバンク銀行) <数量型>投信スーパーセンター
<積立型>カブドットコム証券 <積立型>マネックス証券
<ぼったくり型>ゆうちょ銀行  
投資信託の直販会社
セゾン投資、ひふみ投信、コモンズ投信、どれを選べばいいか?ざっくり判別!
海外投資して日本リスク軽減、為替差益リターン → セゾン投信
やっぱり日本株、低コスト、積極的で新興市場リターン → ひふみ投信
少ない日本企業でなが~く低リスクで行きたい → コモンズ投信
<海外型>セゾン投信 Global!
セゾン資産形成の達人ファンドがR&Iファンド大賞  
<優秀型>ひふみ投信 Hot! <長期型>コモンズ投信 New!
ひふみ投信の会社からファンドまで全てを評価、解説
ひふみ投信とはどんな会社か
『ひふみ投信』 の投資信託の分析・解説
ひふみ投信の 『くるみ口座』 とはどんなサービスか
ひふみ投信の注意点とは
ひふみ投信にオススメの人
ひふみ投信の総合評価
コモンズ投信の会社からファンドまで全てを評価、解説
コモンズ投信とはどんな会社か
コモンズ投信の 『コモンズ30』 とはどんな投資信託か
コモンズ投信の 『こどもトラスト』 とはどんなサービスか
コモンズ投信の注意点とは
コモンズ投信にオススメの人
コモンズ投信の総合評価
【特集】 セゾン投信様との対談取材を行いました!
セゾン投信対談その1 : 日本の将来は悲観的 セゾン投信対談その4 : ファンドに対する疑問について
セゾン投信対談その2 : 投資必要性とリスク セゾン投信対談その5 : どんな世代がいくら投資してる?
セゾン投信対談その3 : セゾン投信の魅力  
選ぶのに迷ったらこんな選択をオススメします
投資信託を選ぶときの鉄則
低資金からの自分年金作り
月1万円からの自分年金 月3万円からの自分年金
世代別からの自分年金作り
<未成年>10代からの自分年金プラン <若者層>20~30代からの自分年金プラン
<中高年>40~50代からの自分年金プラン <シニア>60代以降からの自分年金プラン
ここがヘンだよぼったくり投資信託!
ゆうちょ銀行は宝の持ち腐れ 定期預金と投資信託のセット
同じ投資信託でも手数料が違う理由 ファンドオブファンドオブファンズ(FOFOF)
超ぼったくりの外貨預金 店頭証券は貧乏人からぼったくるのがお仕事
世界にはこんな有望国がある!
BRICs (21世紀の超大国)
ブラジル Brazil : ブラジルへの投資方法 ロシア Russia : ロシアへの投資方法
インド India : インドへの投資方法 中国 China : 中国への投資方法
VISTA (成長著しい)
ベトナム Vietnam : ベトナムへの投資方法 インドネシア Indonesia : インドネシアへの投資方法
南アフリカ SouthAfrica : 南アフリカへの投資方法 トルコ Turkey : トルコへの投資方法
アルゼンチン Argentina : アルゼンチンへの投資方法  
MENA、MEDUSA(オイルマネーで潤う)
マレーシア Malaysia : マレーシアへの投資方法 エジプト Egypt : エジプトへの投資方法
UAEのドバイ首長国 DUbai : ドバイ(UAE)への投資方法 サウジアラビア SAudiarabia : サウジアラビアへの投資方法
NEXT11 (ちょっと微妙・・)
投資信託のQ&A
個人向け国債、日本国債ファンドどれがお得? ETF と ファンド はどっちがお得?
外貨預金、外貨MMF、BST、FX、結局どれがいいの? 72のプリンシプル(72の法則)って何? 
上へ戻る
Copyright© 2014 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!