コモンズ投信はどんな業者か?

コモンズ投信はどんな業者か?

【じっくり長期投資をする投資運用会社】
コモンズ投信はセゾンやレオス・キャピタルワークスと同じように投資運用会社として独立している金融会社です。他のオンライン証券みたいにいろんな投資信託を取り扱うことではなく、1つだけの投資信託をじっくり長期的に運用していく息の長い方針です。アテにできない公的年金よりも”自分年金”を。また親から子へ、祖父母から孫へと世代間において富をつなげて「こどもの教育資金」を準備するためにも。そのような世代を超えるような長期的時間をとった投資方針です。扱っている投資信託もコモンズ30といい、30年間の運用を前提とした長期投資専用のものとなっています。

【”30” という数字に込められた運用哲学】
コモンズ投信の取り扱い投資信託のメインは 『コモンズ30』 というものになっています。これは30という数字がポイントです。この30には 『30年間』 と 『30銘柄』 の2つの意味があります。30年間は自分だけでなく世代を超えた時間であり、自分の次の世代を見据えた投資を考える時間。また企業にとっては事業寿命30年といい、30年以上同じ事業は続けられず、環境の変化に対応して変化したり新しい事業を始めたりすることができる進化し続けられる企業を見る時間。そして何百もの銘柄をたくさん保有するのではなく、企業1つ1つの顔がよく見えて、よく付き合うことができる程よい数、それが30銘柄。以上のように2つの意味が30に込められています。

【日本資本主義の父と呼ばれた大人物の子孫が社長】
コモンズ投信を運営しているのは、実は 『日本の資本主義の父』 と呼ばれた大実業家の子孫です。その大人物とは幕末の幕臣であり、明治~大正初期の大蔵官僚であり、第一国立銀行や王子製紙・日本郵船・東京証券取引所、理化学研究所などといった非常に多くの企業の設立・経営に携わった実業家:渋沢栄一氏です。三菱の岩崎弥太郎と並んで明治の大実業家として名が通っており、一時期紙幣にも顔が乗ったレベルの人物でもあります。コモンズ投信の社長はその血(知)を引く渋澤健氏です。氏も海外留学、外資系超有名銀行のJPモルガン、ゴールドマン・サックスなどに勤務した実績のある投資のエキスパートです。また代表取締役社長である伊井氏は、数々の著作があり投資家に人気があります。最近では、『「普通の人」が「日本株」で年7%のリターンを得るただひとつの方法』 という書籍が発売されています。ビジネス本棚を見る方は、見たことがあるかもしれません。

 

【渋澤健氏の経歴】
1961年生まれ
1983年:テキサス大学 BS Chemical Engineering を卒業
同年:財団法人日本国際交流センターに入社
1987年:UCLA大学MBA経営大学院卒業、ファースト・ボストン証券に入社
1988年:JPモルガン銀行に入社1992年:JPモルガン証券に入社
1994年:ゴールドマン・サックス証券に入社
1996年:ムーア・キャピタル・マネジメントに入社
2001年:シブサワ・アンド・カンパニー株式会社を創業、代表取締役に就任
2007年:コモンズ投信株式会社を設立、会長に就任。


【販売と運用が同じ会社】
コモンズ30などを取り扱っているコモンズ投信株式会社ですが、実は投資信託の販売と運用を自社一括で行っているのです。そう、販売会社であって運用会社でもあるのです。普通の投資信託は 「販売(委託)会社 ⇔ 運用会社 ⇔ 信託銀行 → 市場」 と3つの機関が関わるカタチをとっています。しかしここでは販売会社に投資信託を卸さず運用会社が直接販売をしているのです。カリスマ農家が卸売市場を通さずに、直接消費者にネット販売するカタチと似ていますね。そのため販売会社へのコスト負担が全くありません。だから投資信託のコストを非常に安くできるので、コストも低額になっているのです。※最近ではソニー銀行、マネックス証券、楽天証券などで取扱を始めました。

セゾン投信は販売会社に卸さず、販売と運用を自社でやっている、そのためファンドの質が高く数が少ない

【銀行口座から積立しながらの長期運用に長けている】
コモンズ投信は銀行口座から直接引き落としで投資できる上に、投資金額は3,000円から積立が可能になっています。優秀なファンドマネージャーがしっかりと運用してくれています。設定来プラスをずっと維持しており、長期的積立投資に向いています。

【10代の方に朗報!未成年でもOKだよ】
コモンズ投信の投資信託は非常に優秀なファンドになっています。じっくりと何年も何十年もかけて育て上げていく植物のようなものなのです。それには投資期間が長い人、若い人のほうが有利ですね。そのためコモンズ投信は、時間がたくさんある未成年の方でも口座を開設・取引ができるようにしてくれています。もちろん親権者の許可が必要ですが、未成年に許された数少ない投資ができる会社なのです。将来お金に困らないように子供にも投資をさせてあげることができる理解のある会社です。さらに15歳以下の方には親子でお金の勉強ができ、子供の教育資金形成のための 「こどもトラスト」 という資産形成プログラムサービスも用意されています。

>> コモンズ投信の資料請求はコチラ <<

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!