あらゆる世代に対応し、独自ファンドも充実している万能型のSBI証券

SBI証券(旧SBIイートレード証券)はどんな業者か?

【ネット証券最大口座数を誇る】
SBI証券は顧客口座数350万を突破するほどの口座を持っている人が多い、ネット証券で最大のシェアを誇ります。2005年12月にはオンライン専業証券会社として、初めて月間売買代金が10兆円を超えるなど、野村證券や大和証券などの老舗業者と肩を並べるほどに成長しているネット証券のドンです。

SBI証券はそう口座数や総取引金額でNO1を誇るネット証券のドン!

【投資信託数2200以上】
SBI証券の投資信託の数は実に2200種類を超えて、かなりの数を取り扱っています。新興国へのハイリスクな投資ができるものから、債券や不動産など堅実な投資ができるものまで幅広い種類を全面的に取り扱っています。

【ノーロード・積立そこそこ】
ノーロードの投資信託は950を超え、積立に対応している投資信託も数百以上に上ります。どちらもネット証券においてNO2、NO3になる取り揃えです。

【SBI住信ネット銀行との連携】
同じSBIグループということで、SBI証券はSBI住信ネット銀行との連携が特別扱いされています。SBI住信ネット銀行の口座とSBI証券の証券口座は連結しているために、間接的ですが、SBI住信ネット銀行から投資信託の積立を行うことができます。

【独自ファンドの充実】
SBI証券は、SBIグループの力を生かした独自ファンドをかなり制作・運用しています。ヘッジファンドのようにリスクヘッジをしたり、先物・オプションを組み合わせた特殊な方法を用いるもの、SBIグループ関連のみへ投資するもの、未公開企業に投資するものなど、とても特殊なファンドが揃っています。前例が少ない分リスクも高いですが、非常に将来が楽しみなファンドが次々と公開されています。
・SBI証券でしか購入できない特殊ファンド
SBI-ソフトバンク&SBIグループ株式ファンド
SBI-小型成長株ファンド・ジェイクール
SBI-中小型割安成長株ファンド・ジェイリバイブ
SBI-中小型成長株ファンド-ネクストジャパン
SBI-未公開株組入ファンドIII(元本成長型)
SBI-未公開株組入ファンドIII(分配型)
住信-SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)(資産成長型)
住信-SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)(分配型)

>> SBI証券の資料請求・口座開設はコチラ <<

SBI証券(旧SBIイートレード証券)の欠点

【独自ファンドの運用成績は・・・】
SBI証券の魅力の一つでもあるSBI関連の特殊ファンド。主にヘッジファンドのような運用をしながら中小株式や新興国への投資が多いのですが、2007年以降の金融危機も相まって運用成績が今ひとつ振るわない期間が続いています。まだ、運用をしてから1年ほどしか経っていませんので断定するのは早いですが、運用成績がよくないのは事実です。

>> SBI証券の資料請求・口座開設はコチラ <<

SBI証券(旧SBIイートレード証券)の総合評価
内容 理由 点数
投資信託の数 2200以上の種類を取り扱っているので、ハイリスク投資な攻めの投資、堅実な守りの投資、一風変わった特殊な投資、どんな方法にも十分対応できます ★★★★
ノーロードの数 ノーロードの数は900以上になり、かなりの種類から選ぶことができます ★★★★
積立制度 以前は銀行引き落としには対応していませんでしたが、都市銀行、地方銀行、信用金庫など、全国280行以上から自動引き落としが可能で幅広い選択肢を持てます。 ★★★★
独自ファンド SBI関連の特殊ファンドが10種類近くも揃っていて、特殊な状態です! ★★★★★
特殊なファンド 上記のようにSBI関連の特殊ファンドが揃っています。その投資方法は、ヘッジファンドのような投資や中小株、未公開企業などに投資する普通の投資信託とは一線違った特殊な投資方法です ★★★★★
外貨MMF 6通貨8種類を取り扱っています。 ★★★★
海外ETF 海外ETFも数百種類近くの取扱があり、米国関連の投資も整っています。 ★★★★
ボーナス関係 対象投資信託の月間保有額に応じてSBIポイントを獲得できるという『投信マイレージサービス』を導入しています。 ★★★★★
総合評価 全体的にいろんな投資ができる万能業者。投資信託の種類が豊富なためにハイリスクな攻めの投資、堅実な守りの投資など幅広いニーズに応えることができます。そしてなんといっても独特の特殊ファンドが10種類以上も揃っているのが魅力的です。特殊ということでリスクも高いですが、気になっている人は、一回見てみてはいかがでしょう? ★★★★

SBI証券(旧SBIイートレード証券)はどんな人に向いているか?

・ あらゆる世代
SBI証券は、かなりの数の投資信託を揃えているのであらゆる世代のニーズに応える投資信託を選ぶことができます。若い世代がハイリスクリターンの新興国へ投資することもできますし、高齢者が堅実なローリスクの債券ファンドに投資して毎月安定した分配金を得ることもできます。

・ ノーロード投資信託を選びたい人
楽天証券には劣りますが、ノーロード投資信託の取扱数はNO2を誇り、かなりの投資信託からノーロードのものを選ぶことができます。投資信託を運用するにあたってコストを重視したい人には願ったりかなったりのノーロード投資信託が見つかるでしょう。

・ 特殊なファンドへ投資したい人
SBI証券の最大の特徴ともいっていい特殊なファンド。ヘッジファンドのようなリスクヘッジをした投資や、中小株への投資、未公開企業への投資などのバラエティに富んでいます!当然リスクも高いものが多いですが、興味がわいたら投資してみてはいかがでしょうか?

>> SBI証券の資料請求・口座開設はコチラ <<



>> SBI証券の資料請求はこちら <<
※ 資料請求・口座開設などはすべて無料で1円もかかりません



SBI証券は、特に中国への投資方法がそろっている万能業者
SBI証券のURL : https://trading1.sbisec.co.jp/ETGate




SBI証券(旧SBIイートレード証券)の詳細データ
会社名 SBI証券
URL https://trading1.sbisec.co.jp/ETGate
設立 1945年2月14日
資本金 479億3,792万円
株主・出資 SBIホールディングス
投資信託の取扱数 2200 (更新中)
ノーロードの取扱数 950 (更新中)
積立制度
積立できる投資信託 数百 (更新中)
積立の引き落とし日 1日~27日 (任意選択可能:ボーナス引き落としもアリ)
銀行口座からの積立 △ (SBI住信ネット銀行のみ)
積立の形式 自動的に再投資
独自ファンド SBI-ソフトバンク&SBIグループ株式ファンド
SBI-小型成長株ファンド・ジェイクール
SBI-中小型割安成長株ファンド・ジェイリバイブ
SBI-中小型成長株ファンド-ネクストジャパン
SBI-未公開株組入ファンドIII(元本成長型)
SBI-未公開株組入ファンドIII(分配型)
住信-SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)(資産成長型)
住信-SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)(分配型)
特殊ファンド -
外貨MMF 6通貨8種類
海外ETF 数百
ボーナス制度 積立設定のものに対して、販売手数料・信託報酬ともにポイントバックがある
セミナー 全国でのセミナーやオンラインセミナーが多数ある
キャンペーン 信用取引、オプション取引関連のキャンペーンが多い
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!