投資はお金儲けだけでなく、その道の有力者とのコネクション作りにもなりうる

富裕層が作るお金持ちのコネ

富裕層にはお金の使い方に楽しみを見出す人もいます。その代表が投資です。金持ちにとって投資とはお金を増やすことだけでなく、コネを作るという意味があります。

富裕層が投資をすることになると、当然その額はとても大きなものになります。すると投資された企業や団体などの代表は必ず投資してくれた富裕層に直接あってくれます。

しかもこういった投資先というのは将来に大きな期待が持てるところや、ある特定の職業などのプロフェッショナルな人が多いです。お金を投資するということで、そういったその道のプロとのコネクションができるのです。儲かる儲からないの他にそういったコネクションができることで、その業界に精通して知識が増えたり、そのコネクションが新たなコネクションを作るなど、富裕層はそうやって社会の上流や勝ち組とのコネクションが増えていくのです。その業界での有力者や影響力の強いひととのコネクションがあって困ることはありません。

そうやってお金を増やすことよりも大事な、強い人とのつながりを重視しているのも富裕層が富裕層たる由縁なのかもしれません。

関連記事