東大生の親の年収は950万円以上が半数以上

東大生の半分は世帯年収約1000万以上の家庭の子供

今の日本では教育格差が学歴格差を所得格差を生む負のスパイラルが起こっています。その最初の教育格差も結局は親の経済・租特格差に由来するものであり、親の格差がそのまま子供に継承されてしまう貧困が遺伝する事態になっているのです。教育格差で見てみると、日本の教育の最高峰の東京大学、通称東大のデータを見てみましょう。

東大家庭教師友の会が現役東大生277人に行ったアンケートによると(2009年2月実施)、「学習塾に通った経験はありますか?」という問いに対して85.9%の学生が「ある」と回答。また、「学習塾が必要だと思った時期はいつですか?」という問いに対しては、
中学受験時 ………33.6%  高校受験時 ………23.5%
大学受験時 ………27.8%  その他の時期 ……15.2%
と、中学受験に備えて学習塾に通いはじめた学生が多いことがわかっている

他のデータでは東京大学が在校生の家庭状況を調査した「2010年学生生活実態調査の結果」(2011年12月発行)によれば、世帯年収 950万円以上の家庭が51.8%に上った。つまり東大生の親の世帯年収は1000万円並の家庭が半分以上ということです。ちなみに、厚生労働省発表では世帯平均年収は約550万円になっています。東大生の半分は日本の平均世帯年収の約2倍、も しくはそれ以上を稼ぐ家庭の子どもということです。

また教育大手のベネッセコーポレーションが行った中学受験調査によると、「中学受験を迷う理由」 の1位は 「私立中学は授業料が高いから」(28.8%)、2位は「受験準備(塾など)にお金がかかるから」(22.9%)となっており、中学受験に踏み切る際の最大のネックは経済的な問題であることが浮き彫りになっています。それもそのはず小学校受験と中学校受験は幼稚園から高校までの教育期間の中で最も資金がかかってしまう時期なのです。私立と公立の学校に行くだけでも教育費の総額差は1000万円にものぼります。

公立学校と私立学校の教育費推移を見ると、お受験と中学受験の時期に金がたくさんかかる!

東大の半数は有名私立大学卒ゆえ、経済格差が教育格差へ

ちなみにそれほどまでに子供を入れようとする有名中高一貫私立校。この私立学校がと公立学校からどれだけの人が東大に進学できているかを見てみましょう。下の図は、公立校、私立校の生徒がどれだけ日本一の難関大学:東京大学に合格しているかの割合を示したものです。ご覧のように公立校と私立校との合格率の差は歴然たるものがあります。有名私立校である開成や、灘高校の東大合格者数は突出しており、下位のところでも私立校がかなりの部分を占めています。

このようにゆとり教育の危機感が招いた一部の加熱な受験戦争のおかげで、有名私立学校の合格率は公立学校よりも相当良くなりました。有名大学の席の数は決まっていますので私立学校の合格者が増えるということは、対する公立学校の合格者が必然的に少なくなります。低所得者層でも通え、教育を受けることができる公立学校からの席が少なくなってきているので、私立学校が有名大学の席を独占し始めているのです。東大生の親の世帯年収が平均世帯年収から離れているのも、親の経済格差が高騰する教育費格差に影響し、結果教育機関の差がそのまま合格の格差につながっている、つまり親の経済格差が子供の教育格差につながっているのです。

日本一の難関大学の合格者数は私立学校が大半を占める

だから?人生は不公平で不平等。負け組は文句ばかりで何もしてない

非常に残酷な結果ですが、”全体を見れば” 親の経済格差が子供の教育格差を生み出してしまっていることはほぼ間違いありません。その延長線上にある学歴格差がそのまま所得格差となり、そして次の世代の教育格差へとつながっていくことが容易に想像できます。今の時代ではさらに酷く、所得格差が結婚格差さえ生み出している世知辛い世の中になってしまっています。男性は年収300万円以下だと結婚できない率が大きく上昇していいることは事実です。女性も例外ではなく低年収だと結婚しにくくなっています。貧困の世襲、遺伝とは一番相続したくないものです。

しかしだからといって親のせいにするのはやめましょう。考えてもみてください、自分が親だったら、実の子供に 「親(あんた)のせいで自分は人生不利なんだ」 と言われたら・・・。おそらく非常に悲しい思いをします。親も子供も。誰も得をしません。いつの時代、どの世代をみても、結局他人のせいばかりにするやつは成功しません。偉そうに他人を否定する奴は大抵たいしたことありません。たいしたことないから器量も小さく、自分のせいではない、他人が悪い、社会が悪いと言って現実を見ようとしないのです。

今の時代メディアの発達で平等、平等、公平、公平とさかんに綺麗事を叫んでいますが、人生は不公平で不平等なものであり、それが事実で現実です。親が裕福なら目標達成に10の努力が必要な所、貧乏な家庭だったら100の努力が必要かもしれません。だから?ここで 「親のせい!」、「社会のせい!」 と文句を言っても誰も助けてくれません。スタートは平等ではありませんし不平等です。○○が悪い!○○のせいだ!と口を動かす前に、手を動かしましょう。それができないからなら何も変わりません。不遇な環境が嫌なら脱しようと努力し、努力するのが嫌なら不遇を受け入れましょう。努力しないで金持ちになりたい・成功したいと言うのは 「勉強しないでテストで満点取りたい」 という子供と同レベルです。自分の人生です。自分で自分を助けましょう。

努力した者が全て報われるとは限らん。
しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる!!

努力した者が全て報われるとは限らん。

努力した者が成功するとは限らない。しかし、成功する者は皆努力している。
音楽家 : ベートーベン

裕福な家庭だろうが貧乏な家庭だろうが、
成功する奴はやることやってますし、
負けるやつは文句ばっか言って
何もしていません

関連記事