ソーシャルレンディング投資の魅力

ソーシャルレンディングとは、「企業のため、社会のために役立たせて、お金を“活かす”」 という目線で個人が集まって企業にお金を融資するという新しい投資方法です。クラウドファンディングの一種です。

5%ほどの手堅く行ける案件や不動産担保・保証がついて利回り10%という高金利通貨を超えるリターンが得られる案件が増えています。特に株や為替などと相関関係がないので、相場の暴落に巻き込まれない「守りの投資」のニーズが強まっています。

ソーシャルレンディングをやる理由
  • 利回りが高く5~10%くらいの案件が沢山ある
  • ドカンと儲けることはない「守りの投資」
  • 1万円からと低額から始めることができる
  • 株や為替に関わらないので暴落などの価格変動がない
  • 「この世界の片隅に」のように投資で”応援”ができる
  • 社会貢献活動として傘下することもできる

ソーシャルレンディング基礎知識

ソーシャルレンディングが流行ったのは次のような理由があるからです。

  • メリット

    • 投資資金が1万円からできる手軽さ
    • 利回り5~10%の魅力
    • 株やFXみたいに値動きに左右されない

1万円からできる手軽さと利回り5~10%に至る高利回りが魅力です。銀行預金にしていても利率0.01%というこのご時勢では、5%のソーシャルレンディングに入れておくだけでもリターンは500倍になるという魅力があります。

さらに値動きのある金融商品ではないので投資したあとも値動きに一喜一憂する心配がありません。

  • デメリット

    • 元本保証はない(資金欠損リスク)
    • 償還まで資金は拘束される
    • 税制は雑所得
    • 運営会社のリスク

一方で明らかなデメリットもあります。ソーシャルレンディングはほとんどの案件は一度投資をすると満期まで資金を引き上げることができません。資金を回収して別のところへ投資するようなことができず、資金拘束されることを容認しなければなりません。

元本保証などありませんので、投資先から資金が回収できなくなる貸し倒れリスク、そして運営している業者の倒産リスクがあります。できるだけ大手業者を選べばリスクは減りますが、それでもゼロにすることはできません。

また税制は未整備で「雑所得」扱いになります。参考リンク:ソーシャルレンディングの税制

2017、2018年には悪質業者が続出して業界の存続に関わる事態にまでなりました。その経験も踏まえて、自分なりの信頼できる業者も見極めることができています。

 

ある程度資金のある人向け

個人的にですがソーシャルレンディングで資産運用をするにはある程度の額の元本が必要です。

確かに1万円からの投資ができますが、仮に元本が1万円であれば利回り10%で1000円の運用益にしかなりません。正直、そんな額を運用するくらいならある程度リスクをとって高いリターンを取れるものに資金を入れたほうがいいです。

そしてラッキーな爆益がありえないことです。株やFXでは相場が好調であればあるほどリターンが高くなります。

株式相場では小型株などは相場の状況によっては何倍、何十倍になることもあり、爆発的な資産増加の可能性もあります。もちろんそれに見合ったリスクはありますが、ソーシャルレンディングではそういった爆発的な利益があることはまずありません。むしろ悪質業者に引っかかって投資資金を大きく欠損させてしまった方もいました。

ソーシャルレンディングは信頼できる大手業者の利回り4~5%くらいの案件に投資し、あくまで堅実に少しずつ資産増加をさせていく方法になるのです。4~5%でそこその利益を出すには、やはり大きな元本が必要です。仮に年間100万円の利益を狙うなら税抜き前ベースで、利回り4%で2500万円、利回り5%でも2000万円が必要になります。それくらいのまとまった資金がないとあまり旨味がないのも事実です。

 

おすすめできる会社

  • SBIソーシャルレンディング

  • OwnersBook

  • クラウドクレジット

    • クラウドクレジットの分析
      高リスクな海外案件に特化
      大手商社:伊藤忠商事出資
      平均利回り 7~13.5%
      小口融資、為替ヘッジ、実物資産投資
      カメルーン、キプロス、ペルー、ニカラグア