マネラップ 「MSV LIFE」 無料診断を「若い世代」と「ミドル世代」で比較してみた

マネラップはマネックス・セゾン・バンガードが提供するロボアド

マネラップ 「MSV LIFE」とは


マネラップ 「MSV LIFE」とはマネックスグループのマネックス・セゾン・バンガードが提供するロボアドバイザーサービスです。マネックス・セゾン・バンガードには低コストで有名なバンガードグループが出資していることもあって、MSV LIFEで運用するものは低コストのインデックス投資信託が多く、その平均的な信託報酬は0%台後半と 非常にコストパフォーマンスに優れています。

「MSV LIFE」 の特徴
1. 投資家一人ひとりに合ったプランニングができる
2. 少額投資が可能。1万円からの投資ができ、実質コストは1%未満に抑えられる
3. バンガードグループの知見やノウハウを利用し、幅広いニーズに応える投資ができる。
4. 日本の様々な金融機関と連携してサービスが提供される。

マネラップ無料診断体験を「若い世代」と「ミドル世代」で比較

■マネラップ無料診断体験
https://www.msvlife.jp/simulation/step1/100

利用者のプロフィールにつき、
「若い世代で、投資経験や金融資産が少なく、積極的にリスクをとって攻めたい」
「ミドル世代で、投資経験や金融資産がそこそこあり、リスクを抑えて守りたい」
の2つの対照的なパターンを入力して、それぞれ、どんな『運用コース』と『ポートフォリオ』が提案されるか、実験してみたいと思います。

若い世代は20~30代を、ミドル世代は30~50代を想定しています。この2世代に絞ったのは、ミドル世代以上の高齢シニア世代はロボアドバイザーに向いていないからです。ロボアドバイザーはだいたい年1%の手数料が取られるため、守りを重視し低利回り運用する傾向が強いシニア世代にはそもそもロボアドバイザーはおすすめできません。そのような理由からパターンには入れていません。

他の国内ロボアド会社についても、同様の実験を行い、各社のロボアドバイザーの特徴を探っていくのがねらいです。

それぞれの問いに、
【左】若い世代で、投資経験や金融資産が少なく、積極的にリスクをとって攻めたい
【右】ミドル世代で、投資経験や金融資産がそこそこあり、リスクを抑えて守りたい
の設定で、回答していきます。

マネラップ「MSV LIFE」は運用ニーズが大きく3つに分かれています。

■運用ニーズを三分類
ためる:積み立てながら資産運用する計画タイプ
たのしむ:取り崩しながら資産運用する計画タイプ
そなえる:「ためる」と「たのしむ」を組み合わせた計画タイプ

今回はスマホでやってみました。PC版の無料体験・シュミレーションは下記のページでやっています。

 

マネラップの無料体験を「若い世代」と「ミドル世代」で

[1] 資産計画をはじめる

「そなえる」では、積立フェイズと取崩しフェイズの2つがあるため、「ためる」よりも質問項目が多くなっています

[2] リスク許容度の測定

マネラップでは、具体的な金融知識を問うクイズがあるのが特徴的です。

 

マネラップの無料診断「若い世代」と「ミドル世代」それぞれの結果

[3] 資産計画の確定

運用ニーズが「ためる」と「そなえる」で異なるうえ、リスク許容度に関する詳細な質問があったにも関わらず、提案されたポートフォリオはまったく同一のものとなりました。

ええ・・・なんで・・・・、運用パターンは8通りくらいですが、それにしたって「ためる」と「そなえる」で違うって・・・。資産を増やすパターンだけでなく、資産を切り崩していくパターンも入れているから、増やすパターンが少ないのでしょうか。

内訳は、北米エリアへの投資が多いことが特徴的となっています。国際分散投資といっても、メインは米国ということでしょう。同じポートフォリオになっているので、銘柄に違いはありません。

マネラップ「MSV LIFE」 のスペック

運営会社

マネックス証券株式会社

セリングメッセージ

本格的な資産運用計画をすべての投資家に

ロボアドが実現するもの

投資目標を決めて、ロボットが全自動で運用

最低投資額

1,000円

最低積立額

月1,000円

利用手数料

1.00%未満

ポートフォリオタイプ数

リスク許容度に基づき8通り

主な運用商品

国内で上場されているETF

特徴

①運用ニーズを「ためる」「たのしむ」「そなえる」に分類

②マイカー・結婚式などのゴールベース方式

③米国バンガードグループと運用哲学を共有

④万全のアフターフォロー

個人ごとのプロファイル

考慮

個人的な性格によるリスク許容度の違い

考慮

リスクに対する志向

ややリスク回避的(株式ETF中心)

おまかせ⇔DIY支援

おまかせ

ほったらかし⇔常時メンテ

ほったらかし

好調(低調)な市場環境の定義

不明

株価暴落時への備え

リスク許容度に反映して、間接的に対応(15%下落時)

バックテスト

未公開

手軽軸(低価格・利便性)

★★★★★

商品軸(最高品質)

★★★

密着軸(カスタマイズ)

★★★

戦場(FP>国際分散投資>ETF)

ETF

想定ライバル

ラップ口座

比較広告

ロボ・アドバイザーを活用した新しい資産運用・管理(ラップ)サービスです。