Gポイントやネットマイルはいろんなサイトに対応している

各アンケートサイトの報酬形態

各アンケートサイトでは、そのほとんどがポイントというカタチでモニターの稼ぎを貯める様になっています。これが一定の額、サイトによって異なりますが約500ポイントほど貯まると指定の方法でモニターの手元に還元されるのです。その方法は各サイトで様々です。銀行振り込みであったり、ギフト券であったり、ポイントであったり、チャリティ団体への寄付などがあります。

一番多いのが銀行振り込みです。おおよそ500ポイントほど貯まれば、ポイント相当額の現金を指定の銀行へ振り込むことになります。対応している銀行はまちまちですが、大手メガバンクやゆうちょ銀行よりもイーバンク銀行への口座開設ジャパンネット銀行の対応が多くなっています。特にイーバンクは数多くのサイトに対応しているので、使えないサイトは無いぐらいです。

もう1つ多いのが共有ポイントサイトへの交換です。この共有ポイントサイトというのは、マクロミルのポイントとimiネットのポイントのような各サイトの独自ポイント制度とは違い、多くのサイトで共有できるようになっている共有サービスなのです。そのため銀行振り込みで手数料がかかって嫌だったり、ギフト券にするのがまどろっこしい方はこの共有ポイントサイトに全てまとめておくことが多いです。このほうが管理も簡単でわかりやすいからですね。主な共有ポイントサイトにはネットマイル、Gポイント、PeXポイントなどがあります。

主な共有ポイントサイト:ネットマイル

日本最大級のポイントサイト:ネットマイル

ネットマイル日本最大級のインターネット上の共通ポイントプログラムです。ポイントの交換先にはイーバンク銀行・ジャパンネット銀行での現金化をはじめ、AUポイントに交換、ローソンポイント、スターバックスにチャージ、Edy、nanaco、Yahoo!ポイント、TSUTAYAやファミリーマートで使えるTポイント、SUICA、ANAマイレージポイント、日本盲導犬へ寄付などがあります。日本最大級のサイトだけあって提携先や交換先の種類は一番多いポイントサイトです。振り込み手数料がかかるアンケートサイトなどのポイントはここで管理したほうがいいでしょう。

主な共有ポイントサイト:Gポイント

Gポイントも日本最大級のポイント交換ネットワークです。Gポイント自体でもメールクリックやビンゴ等でポイントが獲得できます。交換先としてAmazon・ANAマイル・Suica・Yahoo!ショッピング・セシール・VISA等の大手ポイントなどがあります。ネットマイルよりは少し落ちるかもしれませんが、それでもかなりの数をもつ最大級のポイントネットワークです。特にVISAを中心としたクレッジットカード関係の交換・提携に強い傾向があります。

参考 : Gポイントに交換できるパートナー一覧
参考 : Gポイントを交換できるパートナー一覧

主な共有ポイントサイト:PeXポイント

PeXポイント

PeXポイントもかなりの規模をもつポイント共有ネットワークです。交換先や提携先などは先の2つより劣りますが、電子マネーや証券関係など金融関係に強いネットワークをもっています。大手アンケートサイトのマクロミルや、ミステリーショッパーズサイトのファンくるなどが対応しており、最近では家電最大手のヤマダ電機のポイントにも対応しています。