覆面調査(ミステリーショッパー)をする際の注意点

覆面調査(ミステリーショッパー)の注意点

このミステリーショッパーは通常のアンケートサイトで募集するものではなく、専用のミステリーショッパーサイトから応募することになります。アンケートサイトでずっと待っていても来ることはありません。そのため、アンケートサイトのほかに新たに登録をしなければならないのでIDやパスワードの管理をしっかりしておきしょう。サイトに登録すればいくつも調査案件があるので、応募は簡単です。

このミステリーショッパーも応募者が多いために抽選になることがほとんどです。当選すると店の場所や調査する内容がメールで送られてきます。後は回答期限前までに店に行き、客としてサービスを利用し調査をします。当然覆面調査ですから自分から調査員と名乗ったり、あからさまに怪しい行動をするのはNGです。そんなに行き過ぎた行動さえしなければバレませんが、あまりにも過剰なことをやるとブラックリストに載ってしまい2度と参加できなくなるでしょう。調査対象となる店は多種多様ですが飲食関係、美容関係、サービス関係などの客商売が主なターゲットです。また民間だけでなく行政のサービスも調査対象になることがあります。あの橋本大阪府知事は、この覆面調査を大阪府立中央図書館へ行ったことが知られています。

注意してほしいのが、この覆面調査(ミステリーショッパー)で報酬をもらえるのはレポート提出が確認された後であり、その前までの店への交通費やサービスへの代金は支給されないのです。そのため、高額な店への覆面調査(ミステリーショッパー)に応募した場合は自腹で料金を支払わなければならないので、手持ち金が少ないと困ったことになります。こちらで応募できる案件を選べるとはいえ店の支店までは決められないことも多く、料金と交通費をよく計算してから受諾しましょう。