貧乏人は自分で努力しないので、宝くじに当たっても結局破産する

宝くじは最もワリに合わない方法

金持ちになるにはどんな方法がありますか?

このような質問をすると、貧乏人・負け組のかたにするとほとんどの方はたいした回答ができず、最も多い回答に ”宝くじ” が挙がってきます。しかし同じ質問を勝ち組・金持ちの方にすると、誰1人として ”宝くじ” を挙げる人はいません。理由は単純です。宝くじは数ある金儲けの方法の中でも、テラ銭・控除率・還元率といった胴元の取り分が一番高いものだからです。その割合はなんと50%を超えるものであり、買った時点で半分負けているようなものです。ちなみにギャンブル要素が高いといわれているパチンコの還元率は85%、ギャンブルの代表格ともいえる競馬・競艇・競輪でも75%ほどにしかすぎません。ちなみにラスベガスのカジノとかでは、95%・・・胴元の取り分は5%にすぎません。何かとギャンブルのマイナスイメージに使われがちなパチンコや競馬ですが、実は宝くじよりよっぽど良心的な方法といえるのです。

にもかかわらず、多くの人(特に貧乏人)が毎年、宝くじを買うために長蛇の列を作って買い求めています。なかには東京の○○売り場は当たりやすいとかの情報を仕入れて、わざわざ地方から上京してくる人もいるぐらいです。しかし宝くじは当たるかどうかなんて全くわからない完全なギャンブルです。このようなことを言うと貧乏人の方から、『いや、ギャンブルではない』 といった反応がかえってきて中には 『宝くじは夢を買う行為だ』 とのたまう人もいます。ちょっと知識や教養がある方なら呆れてしまうでしょう。最も還元率が低く、最も当選確率が低く、最もワリに合わない方法にお金を投資することなど愚の骨頂です。だから金持ちや勝ち組の方は、ほとんど宝くじを買いません。遊びなどで買うことはあっても、けっして宝くじで儲けようとは思いません。

結局のところ、宝くじというのは最も胴元が儲かり、最もワリに合わないお金儲けの方法です。にもかかわらず多くの貧乏人がそれを求めるのは 『1億円』 とか 『3億円』 といった巨額の当選金額に目がくらんでいるからです。そのため大切な当選確率や控除率などといった分析を完全に放棄してしまっているのです。そう、多くの人が ”当たったこと” ばかりを考えて、他のことを全く考慮していません。これはロバートキヨサキ氏の名言にもある 「金持ちは最悪の事態まで想定している。貧乏人は最高の事態しか想定しない」 にピッタリ一致していますね。自分で頑張ろうとせず、最も当選確率の低いギャンブルにお金を入れ込み、当たったことばかり考えて目の前にある現実を直視していない。こういった人間を貧乏人というのです。

たとえ当選しても破産することが多い、その1

まぁ、上記のように宝くじで儲けようとするのは最も確率が低い行為であることは理解できたでしょう。理解できなかった人は知りません。しかしいくら確率が低いとはいっても、毎年当選する人が出るのは確かです。こういった話をすると、また宝くじを買いたくなってしまうかもしれませんが、ちょっと待ってください。実は宝くじで当選した人の何割かは、なんと破産や破産一歩手前の状況まで追い詰められているのです。

『え!?大金が手に入ったのになんで?』

多くの人は高額当選者が破産状態になるなんて、にわかには信じ固いと思います。しかし事実なのです。実例を1つ見てみましょう。イギリス北部カンブリアのホワイトへイヴン在住のカリー・ロジャーズという方は、なんと16歳のときに190万ポンド(当時の為替レートで3億6,000万円)の高額当選を果たしました。当然、ほとんどの方は彼女がうらやましいと思います。しかしその後の経過を見ると、バラ色の人生とはいいがたい状況になっています。彼女は当選した後は、家を4軒、豪華なホリデー、高級車や贈り物、ブランド物の服、パーティー、豊胸手術になどに使いまくりました。しかし前科者と結婚し子どもを作った頃からお金がつき始め、相手の前科者から金を盗まれたり、ドロドロの不倫騒動にまきこまれたり、薬物密売などにも巻き込まれて逮捕されてしまい、今は破産寸前の状況になってしまったのです。

リンク : 16歳で宝くじ特賞190万ポンドを当てた女性、22歳で破産寸前

なぜこんなことになってしまったのか?ちょっと考えればわかりますね。高額当選とはいっても3億円ちょっと、中流サラリーマンの生涯所得が3億円ですから、これだけでは ”働かずに普通の生活が一生できる” 金額にしか過ぎないのです。贅沢しながら遊んで暮らせる金額ではありません。にもかかわらず彼女は、家だ、車だ、ブランド物だ、パーティだと浪費しまくっています。さらに金目当てに近づいてきた前科者にひっかかって金を盗まれ、挙句の果てには逮捕までされてしまっています。そう、彼女はお金をうまくコントロールできなかったのです。キツイ言い方をすれば、彼女は3億円をもつ資格に値しなかった人間ということです。

バカと貧乏人には金を与えるなといいますが、結局のところ貧乏人に大金が手に入っても、手に余って浪費や悪い奴らに取られ、あっという間になくなってしまうのです。ただでさえ当選確率が低い宝くじですが、たとえ当選したとしてもお金を上手くコントロールできない人間であれば、お金をもてあましてしまってロクなことになりません。肝心なのは、お金を手に入れることではなく、お金持ちにふさわしい力量をもつことなのです。お金持ちにふさわしい知識や力量をもてば、自然とお金は集まってきます。楽して手に入れた金は手に残りません。宝くじをどこで買うかなんて調べてる暇があったら、本を開き、ビジネスをし、立派な人と交流を深めて、自分が金持ちにふさわしい知識と力量をもてるように努力しましょう。

宝くじは愚者の税金である

関連記事