FXは24時間できるのでサラリーマンも大丈夫

昼間忙しくてもFXはできる!

20代の人の中にもサラリーマンは多いことでしょう。毎日朝早くから夜遅くまでたくさんの仕事をこなして給料を稼がなければいけません。とても昼間はFXをする時間が取れないことでしょう。またネットカフェ難民やワーキングプアの人なら尚更必死に働かなければいけません。FX投資をしたくても昼間に仕事を休むわけにはいかない・・・そんな昼間忙しい方は夜間にFXをしましょう

FXは世界の為替を取引するために24時間取引することができます。そのため昼間忙しいサラリーマンの人は、わざわざ昼間に無理に時間を作らなくとも、夜間に家に帰ってゆっくりと取引することができるのです。逆に真夜中のバイトに忙しい学生の人は、バイト明けの朝方や真昼間に取引をすることができます。もちろんネットがつながる環境であれば、学校に行っていてもFXをすることができますよ。授業をサボるのはいけませんが。どんなに不規則な生活をしていても、FXは24時間いつでもできるので、時間を選ばないとても都合がいい投資方法なのです。

【仕事で昼間多忙なサラリーマンには夜間のFX!】

毎日朝早くから夜遅くまでたくさんの仕事をこなして給料を稼がなければいけないサラリーマンには投資信託しかない!

FXは24時間いつでもできる

株取引は証券取引所が開いている 9:00~15:00 の間しか取引できません。証券取引所が閉まってしまえば取引は終了し、明日を待たなければなりません。しかしFXは24時間いつでも取引できるのです。もう上司におびえながらトイレで携帯で株価チャートをビクビク見る必要はありません!では何故24時間いつでもできるのでしょう?それは、為替というのは世界中で取引されているからです。

FXは証券取引所のような決まった場所があるわけではありません。世界各国の銀行同士が相互に取引をすることで市場ができているのです。今もどこかの国の銀行と銀行が取引を行っているのです。取引ができれば通貨を売ったり、買ったりできるので自然と値段が決まっていきます。そのため、日本の銀行が閉まっている夜間では地球の裏側にある外国の銀行が取引に応じてくれるので、たとえ夜でもFXは取引ができるのです。

インターバンク市場

為替は眠らない

日本時間で見てみると日本の市場は 9:00~15:00 です。ですが他の外国の市場というのは時差がありますので日本時間に換算すると時間帯が異なります。例えば日本の次に市場が開くのがお隣の中国と香港です。その市場は日本時間に換算すると 10:00~17:00 になりますね。この時差があるおかげで、日本の市場が閉まっている時間帯でも外国の市場は開いているのです。中国・香港の次はヨーロッパの市場が 16:00~25:00、そして大西洋をまたいでアメリカのニューヨークが 23:00~05:00 、最後にオセアニアが 04:00~と開いています。日本時間で見れば24時間いつでもどこかの市場で取引できるので為替は眠らないのです。たとえ日本が夜でもヨーロッパやニューヨークにはお日様が光ってます。こんな遠い国で取引できるのもインターネットがあるからですね。IT化は我々投資家に多大な恩恵を与えてくれます。

ニュージーランドの時間日本の時間

香港やシンガポールヨーロッパの時間

アメリカの時間FXは24時間取引できる

以上のように、日本時間で見て全ての時間に世界のどこかの市場が開いているのでFXは24時間取引できるのです。ただし、いくら24時間できるといってもそれは月~金曜日の間だけです。土日はどの国も休みになりますからいくら為替でも休みに入ります。しかし市場が開く時間は国ごとに違うので正確には世界で一番遅いニューヨーク市場が終わる土曜のAM5:00から世界でもっとも早いニュージーランドの市場が開く月曜のAM3:00ごろまでが休みの期間ということになりますね。

FXに関する詳細ページはコチラ

FXは、勝ち組には絶対に欠かすことのできない格差脱出の奥義です!そのため、説明すべきこと、FXの有効活用法、FXの裏ワザなどここでは語りきれないことが多々ございます。そのため当サイトではFXだけに焦点をしぼっている専用ページがございますので、格差脱出を希望する方は絶対にご覧ください。

当サイトのFX説明ページ当サイトのFX徹底開設ページです。格差脱出を希望する方はしっかりと勉強してください

関連記事