30代にふさわしい投資信託を買える証券会社の選び方

30代に限らず投資信託はオンライン証券で買うのが勝ち組

投資信託を販売しているところは郵便局、銀行、信用金庫、証券会社などがある

現在、投資信託は 「郵便局(ゆうちょ銀行)」、「銀行(信用金庫)」、「証券会社」、「保険会社」 などがあります。金融ビックバンで身近な郵便局(ゆうちょ銀行)でも投資信託が取り扱われたことから郵便局(ゆうちょ銀行)で投資信託を購入する人も多くなっています。しかし郵便局(ゆうちょ銀行)では投資信託の種類が少なく、販売手数料がかなり高くなっているぼったくり業者になっています。このような理由で郵便局(ゆうちょ銀行)はオススメできません。ではどこがいいと思いますか?

投資信託はオンライン証券で買おう!

投資信託を買うのに一番適している機関・・・それは銀行と証券会社、特にオンライン証券がオススメです。オンライン証券は、普通の証券会社と違って店舗が必要ないために、会社のテナント料や人件費がかからないのです。そのためオンライン証券の経営にはコストがあまりかかりません。その削ったコストを手数料の削減といった形で顧客へ還元してくれるのです。簡単に言ってしまえばオンライン証券の投資信託は安いのです!逆に郵便局(ゆうちょ銀行)ではコストがかかっているために手数料が高くてぼったくりなのです。この理由でオンライン証券がオススメです!

・・・  参考ページ:同じ投資信託でも手数料が違う理由  ・・・

オンライン証券の中でオススメは楽天証券

オススメのオンライン証券ですが、一口にオンライン証券といってもかなりの数が存在します。それでは何を基準に選べばいいのでしょう?それは自分に合った投資信託を取り扱っているオンライン証券です。投資信託というのは、購入する年代によってオススメのタイプが変わってきます。まだまだ時間がある30代にはハイリスクハイリターンの海外投資ができる投資信託が必要ですので、そういった投資信託が買えるところでなければいけません。

その30代のニーズに答えてくれるオンライン証券が 「楽天証券」 です。投資信託の取扱数は400以上にも及び、オンライン証券の中ではナンバーワンの品揃えを誇ります。また楽天証券の最大の特徴は、海外ETFやADR、外貨MMFなどの海外投資に非常に精通しているところです。30代の人にとっては、利回りの低い日本への投資よりも、ある程度リスクをとってBRICsなどの新興国などのハイリターンな投資をするべきです。そのハイリターンな海外への投資が非常に整っているオンライン証券というのが楽天証券なのです。格差脱出を志す30代の人には是非お薦めしたい業者になります。

>> 楽天証券の資料請求はこちら <<

※ 資料請求・口座開設などはすべて無料で1円もかかりません
※ 維持費無料なので迷ったら実際に使ってみて判断しよう
※勝ち組になれる人はすぐ行動します。明日やろうとか思った人は負け組です
楽天証券は海外投資に精通したネット証券の勝ち組業者
格差脱出を志す人にふさわしい業者です
楽天証券 : http://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券では投資信託をリスク・リターン別に一覧表示したり、6つの質問を行うことで自分にどういった投資信託が向いているかがわかるようなバラエティ豊かな投資信託の検索制度を導入しています。どの投資信託が向いているのかわからない人や迷っている人に正しい選択を促してくれるのです。

楽天証券の検索でリスクリターンがまるわかり!あなたに合ったものはどれでしょう?

投資信託に関する詳細ページはコチラ

投資信託は、勝ち組には絶対に欠かすことのできない格差脱出の奥義です!そのため、説明すべきこと、投資信託の有効活用法、投資信託の裏ワザなどここでは語りきれないことが多々ございます。そのため当サイトでは投資信託だけに焦点をしぼっている専用ページがございますので、格差脱出を希望する方は絶対にご覧ください。

当サイトの投資信託説明ページ

当サイトの投資信託徹底解説ページです。格差脱出を希望する人は絶対にご覧になってください