(例え無知でも)投資信託は何もしなくてもお金が増える方法

投資信託とは 投資を (プロに) 信じて (運用を) 託す方法

投資信託とは漢字ばっかりで難しいイメージですが実はとてもカンタンなものです。

投資   とは

投資 を (プロに) 信じて (運用を) 託す ものです。

投資信託という漢字のそのままの意味ですね。あなたのお金を運用の信じられるプロに託して代わりに増やしてもらう投資ということです。一口に投資といっても 何の株買おう?売ろう?債券はどうしよう・・・円高は・・・?ああ~わからない!自分で投資しようとするとそういった様々な不安が起こりますが、投資信託でお金をプロに預ければプロが代わりに全部やってくれます。自分でやるのがめんどくさい人やゆとり教育のせいで ”投資に関する知識” が全く無い30代の人にはうってつけの投資方法なのです。

上流階級の御用達のヘッジファンドも投資信託に変わりありません。ただしヘッジファンドのようなところは最低投資金額が1億円以上のような金持ち限定になっています。しかし勝ち組の人ほどそういったプロに任せてお金を増やしてもらってます。投資信託とは、まさに勝ち組に必須の心強いパートナーなんです。

わずか1万円からできる投資信託のしくみ

投資信託とは、ある投資対象に投資するための資金を投資家から集められます。そうして1つにまとまった資金はとても大きなものになります。その大金を運用のプロ(ファンドマネージャー)が債券や株式などで運用するのです。

投資信託はその大きな資金が集まるというのが強みになります。”チリも積もれば山となる” という諺の通り、たくさん資金が集まれば、敷居が高い投資対象にも投資できるのです。例えば、大手企業の株というのは最低投資金額が100万円以上にもなり、1万円しか持っていない人にとってはとても敷居が高いですね。しかし1万円しか持っていない人も100人、1000人集まればその資金は100万円、1000万円にもなるのです。その大金を使えば敷居の高い投資対象にも投資できる。これが投資信託のしくみであり、強みにもなります。そのために一人一人の投資金額は1万円という小額で済むのです。

”チリも積もれば山となる” という諺の通り、たくさん資金が集まれば、敷居が高い投資対象にも投資できるのが投資信託のしくみ

投資のプロが増やしてくれるので何もしなくてもお金が増える

わずか1万円でも投資信託を購入すれば、後の運用は投資のプロといわれるファンドマネージャーが運用の全てを行ってくれます。投資対象の選定や売買タイミングの決断、世界情勢のチェック、リスクの管理、用心発言・・・挙げればキリがない投資の全てをプロ(ファンドマネージャー)がやってくれるのです。

なので私たちがやることは何もありません。しいて言えば投資信託を ”買うことだけ” です。後はプロ(ファンドマネージャー)があなたのお金をどんどん増やしてくれます。わざわざ毎日の株価チェックなど面倒なことをしなくてもお金が増えていくのです。運用をするプロ(ファンドマネージャー)の人も投資を成功させれば、自分のボーナスがどんどん上昇するので、必死になってお金を運用して増やそうとしてくれます。投資する私たちとプロ(ファンドマネージャー)との利害が一致しているので、持ちつ持たれつの関係が非常にバランス良くできているわけです。

投資信託に関する詳細ページはコチラ

投資信託は、勝ち組には絶対に欠かすことのできない格差脱出の奥義です!そのため、説明すべきこと、投資信託の有効活用法、投資信託の裏ワザなどここでは語りきれないことが多々ございます。そのため当サイトでは投資信託だけに焦点をしぼっている専用ページがございますので、格差脱出を希望する方は絶対にご覧ください。

当サイトの投資信託説明ページ

当サイトの投資信託徹底解説ページです。格差脱出を希望する人は絶対にご覧になってください